ヨコハマ物語(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『ヨコハマ物語』予告編

ヨコハマ物語(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ヨコハマ物語』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ヨコハマ物語』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ヨコハマ物語(映画)の内容

映画『ヨコハマ物語』は、2013年11月に公開されました。

横浜を舞台に、厳しい現実と向き合う若い女性と人生に絶望した初老の男が、地域の人々の温もりに触れながら再生していく姿を描いたヒューマンドラマ。ひもじい生活を送る女性が、定年退職と妻の病死を同時に迎えた男と、あることがきっかけで同居し、シングルマザーなども加わり奇妙な同居生活を繰り広げる様子を綴っています。

喜多一郎が監督・脚本を務め、主演は、注目の若手女優・北乃きい。共演には、元祖トレンディ俳優の奥田瑛二のほか、佐伯めぐみや菜葉菜、泉沙世子、サッカー選手の中澤佑二など、バラエティに富んだ豪華俳優陣が名を連ねています。

気負わず、自然な感じでのドラマで、夫婦とか、家族とかを、考えたくなる、あったかい映画でした。
いろんなゲストが、チョイ出で楽しかったです。横浜というところの良さも凝縮されています。

「家族」をいろんな側面から切り取って描いており、そのメッセージ性は心に響いた。
奥田瑛二はかっこ悪い役をやってもかっこいい。

ひさびさに『いい映画だった~』そう思った作品でした。
何気ない毎日で交わされる夫婦の会話にも様々な意味がある。『あの時こうしていれば・・・』奥田瑛二さん演じる田辺良典の感情が痛い。痛すぎる。胸が痛くなりました・・。

心あたたまる、また観たくなる1本、ぜひ観てみてください!

凄く好きな話だった。北乃きいの明るく天真爛漫な性格が良い。

こういう作品があってくれるから、邦画を大好きで居続けさせて貰えてる。

あらすじ

両親を中学生で亡くし施設で育った松浦七海25歳(北乃きい)は、アマチュアバンドのマネージャーをしつつ、貯金ゼロ、家賃も滞納し、食うものも困る貧乏生活をしていました。

一方、サッカー場のグリーンキーパーを定年まで約40年間地道に勤め上げた田辺良典(奥田瑛二)65歳は、定年退職の日、家に帰ると愛する妻が突然病気で亡くなるという悲劇に見舞われてしまいました。妻と仕事を同時に失い、横浜の古い一軒家にたったひとり取り残され途方に暮れていた田辺は、この先どう生きていったらいいか自分を見失っていました。

そんな二人が、とあるきっかけで知り合い、七海が田辺の家に転がり込んで共同生活を始めることになります。さらに、七海は部屋が余っている事を良いことに、田辺に相談もなく、5歳の息子を持つシングルマザーの葵(佐伯めぐみ)、不動産会社に勤め人生初の挫折で落ち込んでいる麻子(菜葉菜)、大阪生まれの無職の女の子・実咲(泉沙世子)を連れてきて、おじさん一人+女性4人+子供一人の奇妙な『シェアハウス』生活が始まりました。果たして、それぞれがたどり着いた幸せとは・・・。

見どころ

横浜の街並み

本作には、Jリーグ横浜F・マリノスの中澤佑二が出演していますが、チーム自体も全面協力するなど、地域に密着しながら撮影されたそうです。横浜の景観を背景に映し出された美しい街並みは、横浜らしさを感じることが出来て、見どころの一つです。

主題歌

劇中で流れる主題歌は、泉沙世子さんの4thシングル「カス」。シンガーソングライターとして活躍する泉さんですが、この映画に本人も出演していて、本作が女優デビューとなりました。

ハートウォーミングな世界観を持つストーリーに、泉さんのしっとりとしたやわらかな歌声がよく合っています。

スタッフ

監督:喜多一郎
脚本:金杉弘子/喜多一郎
音楽:高山英丈
主題歌:「カス」泉沙世子
挿入歌:「Morning Light」Loostripper(ユンタク)

キャスト

松浦七海:北乃きい
幼い頃に両親を亡くし、貧乏生活をしている25歳。

田辺良典:奥田瑛二
定年退職をした日に愛妻を亡くした65歳。元横浜Fマリノスのグランドキーパー。

立原葵:佐伯めぐみ
29歳。5歳の子を持つシングルマザー。

上野麻子:菜葉菜
25歳。不動産会社勤務。

安西実咲:泉沙世子
無職の25歳。

田辺薫:市毛良枝
田辺の亡くなった妻。

立原涼平:星流
葵の息子。

ライブハウス店長:テミヤン
田辺の昔からの友人。

小林課長:斎藤洋介
麻子の上司。

田辺裕也:久保田悠来
田辺夫妻の長男。

岡林直人:忍成修吾
麻子と同じ不動産会社勤務。麻子に好意を持っている。

藤村征一郎:ミッキー・カーチス
田辺の公演友達。

中澤佑二:本人
横浜F・マリノス選手。

『ヨコハマ物語』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ヨコハマ物語(映画)の感想

 

20代女性
20代女性

私は、映画『ヨコハマ物語』を観て、「横浜の魅力」と「少しずつ変化していく二人の姿」が特に印象に残りました。まず、横浜の魅力についてです。この映画では、アマチュアバンドのマネージャーを務める女性と、定年退職をした男性との出会いをきっかけに繰り広げられる物語が描かれます。物語の舞台は横浜で、美しい自然や横浜中華街など横浜の魅力的な場所が随所で登場します。有名な観光地はもちろん、何気ない街の景色など様々な横浜の景色を見て、これまで知っていた横浜の良さと今回新たに知った横浜の良さの両方に触れることができ、横浜に行きたいという気持ちになって観ていました。次に、少しずつ変化していく二人の姿についてです。マネージャーの女性と定年退職後の男性は、それぞれの性格や価値観の違いから、最初はお互いに反発し合っていました。しかし、お互いの気持ちや悩みを抱えているという共通点を見いだし、次第に信頼関係を築いていきます。また、二人を取り巻く周囲の人々も懸命に生きる二人にそっと手を差し伸べます。悩みを抱える二人が、お互いや周囲の人々の助けを得ながら少しずつ自分と向き合い、悩みを克服しようとする様子に勇気をもらいながら観ていました。

30代女性
30代女性

中学生の時に両親がこの世を去り、施設で育った25歳の女性、松浦七海(北乃きい)はアマチュアバンドのマネジャーをしている。貯金もなく家賃も滞納し、食べることにも困る日々。一方、横浜Fマリノスグランドキーパーを定年退職した田辺良典(奥田英二)は、その日に妻の薫を病気で亡くす。一軒家に一人ぼっちになった田辺は、この先、どのように生きていけば良いのかと意気消沈していた。偶然にもその二人が出会い、七海が田辺家に転がり込んでくることになり、奇妙な共同生活が始まる。更に部屋が空いているのを良いことに、七海は田辺に何の相談もせず、困っている人達を次々と連れて来る。いつの間にか、田辺家はシングルマザーの葵(佐伯めぐみ)らも入居し、思いも掛けないシェアハウスになる。静かに暮らしていた田辺家が、七海の憎めない図々しさと明るい性格で、賑やかな家へと変貌していく。少しずつ、みんなの心が通っていく過程が心地よくて、ほのぼのとした気持ちになる。傍に誰か居ることの有難さ。周りにいる人達への感謝の気持ちを忘れてはいけないことを改めて認識させられた。美しい横浜の背景を目にすると、横浜の何処かに実際、住んでいる人達の話のように錯覚してしまう。観易い展開なので、気軽に楽しめる作品だ。

 

20代男性
20代男性

様々な問題を抱えた人々が、身を寄せ合って、少しずつ笑顔を取り戻していくといったような、心温まるストーリーです。色々な人物が登場しますが、個人的に最も感情移入できたのは、定年を迎えた矢先に妻を失った田辺です。これについては、田辺を演じた奥田瑛二の味わい深い演技による影響も大きいだろうと思います。自分も含めて、この映画を観る人たちは皆、多かれ少なかれ、何か心の線をピンと張るために必要なものを持っていて、そのために頑張り続けることが出来ているのではないかと思います。そしてそんな1本の糸がふっと切れることがあった時、自分は一体どうなってしまうのだろうと、ふと不安になったりするものです。自分にとっての夢でもあったボーカルに裏切られた七海も、妻に先立たれた田辺も、シングルマザーも営業も、皆、一度は心が折れかけた人たちだったのでしょう。いつか自分もそうなるかもしれないといった、心折れた人の姿を目の当たりにし、しかしそんな彼らが身を寄せ合い、再び人の温かみに触れることで、心を取り戻していく。地味で、ありふれた展開だからこそ、なお一層心を打つのかもしれません。悲しみの中の小さな希望に、気づかせてくれるような温かい映画でした。

 

40代女性
40代女性

偶然出会った定年退職したばかりの田辺良典(奥田瑛二)と住む家も食べるお金もない松浦七海(北乃きい)。それから不思議な縁がつながっていき共同生活をしながら人生に向き合っていく人たちを描いた、温かい作品です。舞台は題名にもある通り横浜。港の見える丘公園や中華街、横浜港、元町、住宅街。人を魅きつけ、包容してくれる横浜のたたずまいが伝わってきます。観終わった後はきっと横浜に行きたくなると思います!ここに登場する人たちの言葉には、心があります。「人を使えるとか使えないとか人を物扱いする者はどうせましなことにはならん」「ここに来ると不思議と一人じゃない気がするんだよ」「死んだ後の命日より生きてるうちの結婚記念日」「帰る家があるっていいな。家ってすごいよ。家ってあるだけで赤の他人が喧嘩したり励ましあったり家族以上の関係になれるんだから。」「なんか不思議だなあ。生まれも育ちもバラバラの私たちが同じぬか床のきゅうり食べてるなんて。」例えば今忙しくしている人や虚しさを感じている人などは、自らの柔らかさを取り戻すのにピッタリな映画です。血がつながっていても、つながっていなくても、人はつながれる。誰かのために動く優しい連鎖がどんどんつながっていく。ホントにおすすめです。そして、冷凍うどんが食べたくなりました。ぬか漬け作りたくなりました。安西美咲(泉沙世子)が歌う声には魂がこもっていて、響きます。子役の星流くんもかわいいです。何といっても主演の北乃きいさんの演技力が抜群!大事件がある物語ではないけれど、観終わった後には、静かに心の深いところに優しい光が満ちてくるのではないかと思います。少し疲れたな、と思ったら是非この優しさに包まれてください!

 

30代女性
30代女性

作品冒頭、主人公・田辺が定年を迎え、職場みんなに祝福され達成感のような清々しい気持ちで帰宅したのに、その後の信じがたい衝撃で一気に意気消沈してしまう田辺の様子がまるでジェットコースターのように展開が早くてすんなり事態がのみこめました。その後出会う、ずうずうしいくらい強引で自由奔放な女の子・七海の提案に圧倒されながらも要求を受け入れていく田辺に、人の良さというものがにじみ出ているのをひしひし感じました。そんな田辺の人の良さに触れて、七海だけでなく年齢も性別も関係なく様々な問題を抱えた人々が、ひとつ屋根の下に住むようになり、なんだか奇妙な形の共同生活が始まるのだけど、田辺の懐の広さと、七海の持ち前の明るさで、幸せ溢れる形に成り立っていくのが素晴らしいと思いました。時折亡き妻の面影を思いだすこともありますが、田辺の優しさに触れ、みんなが本当の家族のように仲良くなっていくのが、心温まる光景として描写されていて、とても微笑ましかったです。「帰る家があるっていい」というセリフは、心底相手を信頼してるからこそ出る言葉だと感じました。「お帰り」、「ただいま」、そんな言葉が交わせる場所があるのは素敵なこと、そしてありがたいことなんだと改めて認識させてくれるような、幸せな気持ちでいっぱいになれる作品です。

30代男性
30代男性

予告編を見てみたら「中澤出てるやん!?」と思って、勢いで見ちゃった作品。ええ、サッカー元日本代表の中澤です。ま、本編とはそんなに関係なかったですが・・・。本編に関しては、入口は正直「えっ?そんな展開あり?」という感じもあるにはあるんですが、物語が進んでいくにつれて、「これはこれでありなのか。まあ、ヨコハマだしな」という謎の説得力を持ち始めるのが不思議ですね。褒めてますよ、もちろん。冒頭の戸惑いをクリアしていくと、テンポよく物事が進んでいくので飽きることなく見られると思います。脚本がうまいからなのか、うまく気持ちを盛り上げてくれるというか・・・。家という空間の中で、人と人との絆がじわじわ結びついていく感覚がとても心地よかったです。さまざまな人が登場するんですが、その一人一人に魅力があり、投影しやすいんじゃないかなと。物語が終わる頃には、「もう一回見てもいいな」と泣きながら思っている自分がいました。横浜を訪れたことがある人なら、「あっ、ここは・・・」と思う場所がいくつも散りばめられていて、そういう意味でも楽しめます。嫌なことがあった時に見れば、きっと心を穏やかに落ち着かせてくれる心のサプリメントのような映画です。

 

まとめ

『ヨコハマ物語』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました