走れ絶望に追いつかれない速さで(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『走れ、絶望に追いつかれない速さで』予告編A

走れ絶望に追いつかれない速さで(映画)の動画フルを安全に見る方法

『走れ、絶望に追いつかれない速さで』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『走れ、絶望に追いつかれない速さで』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

走れ絶望に追いつかれない速さで(映画)の内容

映画『走れ、絶望に追いつかれない速さで』は、2016年10月に公開されました。

監督と脚本は、1990年生まれの若き鬼才・中川龍太郎さんによる長編映画作品で、自身の体験に基づいて制作されました。また、中村映里子さん主演の前作『愛の小さな歴史』に続き、東京国際映画祭史上初の2年連続となる入選を史上最年少で達成いたしました。

本作は、青春時代をともに過ごした親友の突然の死。亡くなった親友にとって大切な存在であり続ける女性にその死を知らせるべく、また彼の過去を知るために彼女の元へ向かう姿が描かれております。

親友の死を受け入れられないでいる男性・村上漣役を太賀さん、突然の死を迎えた親友・葛西薫役を小林竜樹さん。そして、薫の元恋人・飯野理沙子役を黒川芽以さんが演じました。

本作は親友でしたが、限らずに身近な人が亡くなった時は物思いにふけることは世の常かと。それを乗り越えていくことが“生きる”ということ。いつか違う親友だったり、愛する人に、昔親友と言える人がいてさ。なんて話が出来れば、この上ない最高の人生だろうなと思った。

大切な人を亡くした方々に見ていただきたいです。私は凄く救われました。制作陣の皆様、本当にありがとうございます。

これまでの中川監督作品は観てきましたが、明らかに傾向が違う作品でした。これが同じ監督なのか?と思わせるほどに違い、彼の成長というのか、引き出しの多さというのかはわかりませんが、驚かされます。

死がテーマなのに、最後まで綺麗な作品。音楽・映像が美しかったです。そして、太賀が良かった。ご飯食べるだけのシーンでも上手く、彼のことがもっと好きになりました。

あらすじ

大学という青春時代を共有した親友同士の薫(小林竜樹)と漣(太賀)。卒業間近の秋、薫が大阪に就職することを打ち明け、同級生がいつもの居酒屋に集まり彼を送り出します。笑い合う中に、薫の元恋人である理沙子(黒川芽以)の姿もありました。

その後、大阪で就職した薫の突然の訃報が届きます。理由も全くわからず、薫の死を受け入れられないでいる漣。しかし、就職や一人暮らしなど慌ただしい日々を過ごしており、気が付けば一周忌を迎えておりました。

一周忌を迎え薫の実家へと訪れた漣に、薫の両親は遺品を託します。その中には、薫が最後に残した黒髪の美しい女性が描かれた絵がありました。彼女は、斉木環奈(寉岡萌希)という、薫の中学時代の同級生でした。

薫にとって大切な存在であり続けた彼女に薫の死を知らせるべく、また過去の薫を知るために彼女の元へ向かう決意をします。

見どころ

アラサー世代にオススメ

本作は現在アラサーと呼ばれている20代に向けたメッセージ性の強い物語となっております。もちろん、他世代の方が観ても、深く響く普遍的な内容になっております。

しかし、本作を手掛けた1990年生まれの中川監督と同じ年を重ねていく同年代の方々に特に注目してほしい映画作品です。

中川監督と同じ世代に生まれた私自身も、本作を鑑賞し、中盤から涙があふれ、心が揺り動かされてました。

また、本作は中川監督の実体験に基づいて制作されており、彼のこれからの映画人生のルーツとなる一作になるはずです。是非、注目してください。

若者たちのこだわり

全編にわたって静かな映画ですが、要所で心情を綴ったBGMであるピアノ音楽が織り込まれております。音楽を担当した酒本信太さんもまた、中川監督と同年代です。

まさに今風の、ノスタルジックでありながら、打ち込みも織り交ぜた音はモダンな側面も垣間見せます。

また自然の光の描写にとてもこだわりを感じ、屋上での朝日、崖での朝日、ラストシーンでの朝日など、ポイントごとに映し出されております。

これからが期待の中川監督率いる、若者たちのこだわりを感じながら鑑賞していただくと、新たな作品になります。

スタッフ

監督・脚本:中川龍太郎
製作総指揮:木ノ内輝
プロデューサー:藤村駿
ラインプロデューサー:佐藤宏
制作:武笠恭太 / 中村萌乃
音楽:酒本信太
制作:Tokyo New Cinema

キャスト

村上漣:太賀
大学時代の親友である薫の過去を知るため、また彼が描いた謎の女性に死を知らせるために旅に出る。

葛西薫:小林竜樹
漣の親友で大阪へ就職した。その後、理由もわからないまま死んでしまう。

飯野理沙子:黒川芽以
薫の元恋人。漣とともに薫の過去を知るために旅に出る。

斉木環奈:寉岡萌希
薫の中学時代の同級生。薫が最後に残した絵の女性。

佐倉朋子:藤原令子

志麻幹:飯田芳

薫の兄:宮本行

先輩:松浦祐也

『走れ、絶望に追いつかれない速さで』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

走れ絶望に追いつかれない速さで(映画)の感想

30代女性
30代女性

直接的な場面がなかったり、カメラワークをわざとガタガタとさせていたり、場面がいきなり変わったりするので、情緒的というか、詩や小説のようでこちら側にいろいろなことを連想させる映画だ。20代前半頃と思われる、蓮と薫の共同生活時代の描写は、荒削りでバカバカしくて、切なくなるけど、なぜか「生命力」や「未来」を感じさせた。だからこそ余計にその後のその親友の死は、元恋人や親友に何年も何年も心に重くのしかかり、しこりとなっていくことが簡単に想像できる。亡くなった親友の本当の本当の思いはどこにあるのか。ひとつの絵を頼りに探し求める旅は空振りに終わり、泣きながらご飯を食べる姿は、本当に切なくて悲しくて美しい。食べることで生きることを、決意させられているかのようだ。けれど、そのとき、また新たな彼の絵を見つけ、その後自分が空を飛ぶことで自分の心の着地点を見つける。朝焼けの中のハンググライダーは生きる力を表しているようだった。この映画を見て、最近続いている若い俳優さんの死を連想させられた。本当のことは本人にしかわからない。そのことを理解しながらも、残された私たちは自分にその人に問いかけながら、生きるのだ。生きることを美しく繊細に描いた素敵な映画だった。

50代男性
50代男性

学生時代の親友であった薫が突然この世を去るという現実を受け入れる事が出来ない主人公の漣の思いがよく伝わる映画です。誰でもそうですが学生時代という社会人時代と違い利害関係がない素直な状態で構築された友情は極めて大事でいつまでも忘れる事ができない貴重な事といえます。映画では漣を演じた仲野太賀が亡き親友を回想し食事をするシーンがありますが涙を流しながら彼の事を思う場面は演技力抜群で人間には何物にも置き換えができない友情という物は学生時代だからこそ作れるのではないかと考えました。漣がやがて薫の事を過去付き合っていた彼女に伝えるために女性を探しに行く旅に出かけますが、その女性と思わぬ店で出会い、その女性の今のかなり驚く生き方はどこかで過去の出来事がなんらかの形でかかわっているはずです。その意味ではこの映画のタイトルでもある、走れ!絶望に追いつかれない速さで、人生を走る事は、誰しも経験ある事ではないでしょうか。今の行動を周囲がみると理解できない事でも過去からの経緯をよく観察するとその行動は理解できる。そして人は絶望するくらい厳しい状況に追い込まれた時慌てて急ぎすぎずそれでいて希望がなく前が見えなくならない程度に自分なりに懸命に生きていけたらそれが自分が一番輝ける方法だという想いを伝えたかった映画ではと考えます。

30代女性
30代女性

普段の様子と変わらず、最後に会ったときも楽しそうな笑顔だったのに、なんの前触れもなく自殺してしまった薫の心情が理解できず、 ただただその真相が知りたい主人公・漣の複雑な胸のうちにとても共感できました。薫の元カノ理沙子と一緒に、薫の軌跡を辿っていく漣の様子は、薫の自殺を信じたくない気持ちと、真相を知りたい気持ちが一緒になって躍起になっているように思え、それだけ薫に対して深い友情を抱いてたんだなと感じます。薫の残した絵に描かれていた斉木かんなにたどり着いたものの、思い描いてた人物像とは違って正直失望しました。真相がわかるどころか何もわからないままで、泣きながら漣が鍋を食べ続けるシーンは、漣の行き場のない感情が直に胸に響いてきて、とても切なかったです。また、今まで漣も泣いた姿をみたことなかったので、漣が感情を出せて本当に良かったと安堵した場面でもありました。旅館での一幕で、漣が少しずつ気持ちを取り戻し、前向きに今を見つめようとする姿には、自分もみていて励まされるような気持ちになりました。真相を知っても遺された者達は、彼の想いを胸に強く生きていかなければと、改めて気づかされます。朝霧の中を滑空する漣の姿は、まるで天に羽ばたく鳥のようで、とても美しい光景です。生きることの大切さを、親友の自殺という悲しみを通して改めて感じることのできる作品です。

30代男性
30代男性

私は走れ、絶望に追いつかれない速さでを観て、2点の感情を抱きました。1点目はタイトルの奥深さです。タイトルだけ見れば、陸上をテーマにした映画であったり、誰かから逃げ切り映画を思い浮かべても不思議ではありません。しかし、本作品は全く違い、走れも人が本当に走ることを表しているわけではありません。タイトルからは想像もつかないストーリーです。だからこそ、タイトルを見て、予告を見ると、ますます本作品を観たくなってしまいます。本作品にはタイトルへの奥深さと、人を引き寄せる力を感じました。2点目はタイトルにもある走れの表現方法です。私は本作品を観て、タイトルの走れは人生を表していると思いました。親友を死んでしまったら、立ち上がるのは時間はかかります。人によっては数年かかる場合もあると思います。落ち込み、立ち上がらない間はその場に立ち止まっている感覚になると思います。しかし、人は何があっても生きていかなければなりません。親友や恋人、家族が亡くなっても。進むことをやめ、立ち止まっても何の解決にはなりません。むしろ、亡くなった人の分も走り続けなければなりませ。本作品のタイトルのように絶対は追いつかれない速さで。生きることを走ることに例えた本作品はワードセンスに私は惚れました。

 

まとめ

『走れ、絶望に追いつかれない速さで』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました