赤々煉恋(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ファンタジー
映画『赤々煉恋』予告編

赤々煉恋の動画フルを安全に見る方法

『赤々煉恋』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『赤々煉恋』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

赤々煉恋の内容

映画『赤々煉恋(せきせきれんれん)』は、2013年12月に公開されました。朱川湊人さんによる短編集『赤々煉恋』に収録されている『アタシの、いちばん、ほしいもの』が原作となっています。

あるきっかけで自殺をしてしまった少女が街を彷徨う中で、人間を死へ誘導する死神や、自分の存在が見える少女と出会う物語です。自分はなぜ自殺に至らなければならなかったのか、自分の家族や友人はどのような気持ちでいるのか…彼女なりに様々なことを考え葛藤していきます。

日本アカデミー賞の受賞経験もある若手女優、土屋太鳳さんが主演を務めます。

 

主演を務める土屋太鳳さんのクリアな演技が素晴らしかった。

土屋太鳳さん、清水富美加さん、吉沢亮さん、吉田羊さんらが今のようにブレイクする前の作品ですが、やはり確かな演技力が感じられます。

自殺を題材にしていて、見ている側それぞれが考えさせられる映画です。

メッセージ性の強い作品。

なんてことないように見える悩みでも、気持ちの安定していない中高生が自殺に至ってしまうことも少なくないよなと感じさせられました。暗い内容ではありますが、ラストシーンは樹里の気持ちも整理され、彼女も少しは救われたのかなと思います。

あらすじ

ごく普通の女子高生・樹里(土屋太鳳)はある日マンションの屋上から飛び降り自殺をしてしまい、浮遊霊として街を彷徨うようになります。生前、彼女にはミドリ(清水富美加)という友人がいました。学校の制服検査が行われた際に困っていたミドリを樹里が助けてあげたことがきっかけで二人は仲良くなります。樹里の幼馴染である潤也(吉沢亮)も含めた3人で行動を共にすることが多くなり、ミドリは次第に潤也に恋心を抱くようになりました。

そんなある日、ミドリは自分の気持ちを綴ったラブレターを潤也に渡してほしいと樹里にお願いします。断れない樹里はそのお願いを受け入れますが、樹里自身も潤也のことが前から好きだったため預かった手紙を彼に渡せずにいました。結局手紙を渡すことはできず、ミドリに対して、潤也からの返答はノーであったという嘘をついてしまいます。そのことに樹里は強い後ろめたさを感じ、結果として自殺に至ってしまいました。

学校や家をはじめ、多くの人が集まる街中などを毎日一人ぼっちで彷徨う樹里は、自分はなぜ自殺しなければならなかったのか、それは正しかったのかなど様々なことを考えます。

樹里は、生前は見ることのなかった不気味な物体が見えるようになります。それは弱っている人に憑りつき自殺の道へと誘導する「虫男」というものでした。

そんなある日、公園で遊んでいるひとりの少女に出会います。誰一人として存在に気付かなかった樹里のことが、彼女には見えるようです。りんごのような髪型をしていることから、彼女のことをりんごちゃんと呼ぶようになります。うれしくなってりんごちゃんと楽しく遊んでいた樹里ですが、少ししてりんごちゃんの母親・祥子(有森也実)がこちらへ戻ってきます。すると、祥子の背中にはあの虫男が憑りついてしまっていました。

虫音に誘導されて自殺の道へと近づいていく祥子とりんごちゃん。樹里は彼女の自殺を食い止められるのか…

見どころ

ブレイク前の土屋太鳳

本作品は2013年に公開されたので、主演の土屋太鳳さんは当時18歳ということになります。その後、映画『orange』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』などに出演し日本アカデミー賞を受賞する女優さんへとなりますが、本作は今のように大ブレイクする前の作品となります。

ラブストーリーなどで明朗な役柄を演じる印象が強いですが、この作品では自殺し街を彷徨いながら自身の行いの根源を探していく難しい役どころを演じています。

吉沢亮、清水富美加、土屋太鳳の青春シーン

自殺という暗いテーマの作品ではありますが、主人公・樹里(土屋太鳳)が生前過ごした爽やかな学生生活の様子も前半部分に描かれています。樹里の親友役は清水富美加さん、樹里の幼馴染役は吉沢亮さんが演じています。

スタッフ

原作:朱川湊人「アタシの、いちばん、ほしいもの」
監督:小中和哉
脚本:山野井彩心、小中和哉

キャスト

土屋太鳳(樹里)
高校生という若さで自殺をしてしまう。浮遊霊として街を彷徨いながら自問自答を繰り返す。

清水富美加(ミドリ)
樹里の友人。樹里とは同じ高校で常に行動を共にしていたが、彼女の突然の死に戸惑う。

吉沢亮(潤也)
樹里の幼馴染。樹里が生前恋心を抱いていた相手。

吉田羊(大人のミドリ)
子供も生まれ、母になっている。

大杉連〔声〕(虫男)
弱っている人間に憑りつき、自殺をさせるように誘導する死神のような存在。普通の人には見えない存在。

有森也実(祥子)
樹里のことが見える少女・りんごちゃんの母親。お金のことで悩みを抱えている。

 

『赤々煉恋』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

赤々煉恋の感想

30代女性
30代女性

自分が自殺してしまった事に対して何も感じずにただ浮遊霊となって彷徨ってしまっている樹里のお話ですが、最初の展開ではとても明るくて楽しそうな毎日を送っていた樹里何故自殺をしたのかが全く分かりませんでした。そして浮遊霊となった樹里が死ぬ人の前に現れる虫男が見える事で、死んで行く人々と向き合っていく様子は見てて辛くなりました。そして後半、誰も樹里の浮遊霊に気付かなかったのに、唯一樹里の事が見えていた女の子のりんごちゃんの死を必死に防ごうとする樹里。そして結局何もできなくてりんごちゃんを救えなかった時の様子は涙が止まりませんでした。そこでやっと自分のしてしまった事の重大さに気付いて成仏できる樹里ですが、この映画を見て、自殺する事の罪深さ、残された家族や友達の苦しみがよく伝わる映画だと思いました。自殺してしまった時点で樹里の時間は止まっていましたが、残された友達、家族の時は進んでいました。その間苦しみ続けた友達、家族に最後はちゃんと樹里の気持ちが伝わったように表現されていて、みんな最後は微笑んでいたので、何で自殺しちゃったの!?と思わずにはいれない切ないストーリーですが、ずっと樹里はみんなの心の中で生きているという事、そして人の命の大切さを改めて感じる事ができる映画だと思いました。

 

40代女性
40代女性

土屋太鳳ちゃんの昔の作品、結構な年齢まで女子高生役を演じ続けている彼女ですがやっぱり年相応な頃の方が安心して観ることが出来ます。垢ぬけていなくて自然体で、月日は人を変えてしまうんだなと思わせられました。「自殺はだめだよ」というのがテーマなのでしょう。様々な場面でそれは伝わってきます。でも虫男に一度取りつかれてしまったらもう難しいのかもしれません。そうなる前に兆候を見逃さないでいてあげるべきなのです。結局虫男とはどういう生き物なのか、謎なままで終わったのは残念で次回は彼の手から逃れて立ち直った明るいハッピーエンドの続編も見てみたいものです。特に、その正体に気づいていながらも母親と一緒に死ぬことを選んだりんごちゃんが可哀そうすぎる、でも一人生き残っても幼い子供には修羅の道が待っているのです。最後に大好きなママにしっかりと抱きしめられて死ぬことが出来たのであればよかったのかもしれません。主人公がすでに死んでしまっている時点でハッピーエンドに終わることは無し、ですが相手は気が付いてくれなかったにしろちゃんと自分の後悔を口に出して親友に謝ることが出来たのですし母親も何となく気配を感じたよう、決してバッドエンドとも言えないでしょう。

40代女性
40代女性

せきせきれんれん、と読むのですが元々は少女少年のホラー小説作品が元です。映画では、小説ほどのホラー要素はなく、見るてに衝撃は与えていませんのでソフトではありました。オムニバスはいたってファンタジー要素があるという作品で、出演女優さんはみなさん美人揃いでした。ただ趣旨が若干わかりにくいようにも観れる作品でした。テーマは自殺、自殺願望のある若者へのメッセージ、自殺は良くないとか、してはならない、というところです。物語は女子高生の浮遊霊が人間の世界でさまよい成仏できずにいる。そこにとても可愛い人間の子と出会ってしまうのです。その子供の親には死神のような悪い霊が取り付いているのでした。つちやたおさん、という方が主演されており、無言の演技にその強い存在力を感じてしまうのです。この映画作品は日本映画として考えるとちょっとメッセージ性が弱いように感じてしまうのですが、ファンタジーとホラー作品の両方の要素が盛り込まれていると思えば納得してみることができます。世にも奇妙な。。に似た作品であると考えると納得でした。製作スタッフ側の趣味嗜好も影響していると思うのですが、あっさりしたホラー映画というと感じでした。

 

50代男性
50代男性

2013年に公開された日本の映画です。土屋太鳳さんが主演を演じたことで話題になりました。冒頭から、主人公が飛び降り自殺をしてしまうという衝撃的なスタートでドキドキしながら視聴できました。簡単なあらすじは、自殺をして肉体を持たない浮遊霊となってしまった女子高生の樹里が、街を放浪し母親や友人に話しかけてみるのですが、誰も彼女の存在を認識できないのです。そんな中、樹里の前に不気味な生物が現れます。それは、「虫男」でした。虫男は心が疲れ切っている人間に付きまとい、自殺を促す怪物です。そんなある日、樹里の姿が見える女の子と出会うというストーリーです。この映画は、自殺がいけないことであると若い人たちに訴えている作品だと思います。土屋太鳳さんが演じたように、自殺をしてしまうとその後にはろくな人生が待っていないことを教えてくれているような気がします。また、自殺をすると残された友人たちにも深い悲しみを与えることを教えてくれています。樹里にも自殺をしなければ、良い未来があったかもしれないと、公開するところが切ないです。しかし、最後には成仏してくれたところがせめてもの救いでした。また、ラストシーンで樹里が自殺をしたのと同じ場所で、親子が投身自殺をするのを樹里が助けるところは感動しました。

30代女性
30代女性

土屋太鳳さん主演の映画、初めて鑑賞します!ざっくりとしたあらすじは、主人公の高校生樹里がある日自殺をして幽霊となってしまいます。樹里は幽霊としていつもの日常に彷徨い続けてしまう事に…。ストーリーは全体的に樹里が亡くなった後の日常の物語を幽霊視点でみている物語なのですが、私は残された母親や友達の気持ちになって観ていました。気になったところは亡くなる理由が事故やイジメでは無いこと…。樹里が生きているまでの学校生活の背景には、高校生のよくありそうな日常や感情がたくさん描かれており、その中で樹里がこの世を去った出来事はほんとに些細な事だったのかもしれません。でもその一つの出来事に対して深く悩み苦しむ様子は樹里がとても繊細な人であったのだと思います。多種多様の性格があることを再認識させてくれます。ただ樹里の自己解決方法はそれ以外にもあったのではないかと…鑑賞中は何度ももどかしい気持ちになりました!特に母親の苦しむ様子がなんとも言えず、悲しかったです。いろんな視点から観られる作品なので家族や友達同士で鑑賞するのもおススメかなと思います。ちなみに作品中に出てくる虫男は声優が大杉漣さんですが、キャラクターデザインの顔もよせて描かれているそうです。エンドロールの最後にもちゃんと出てくるので気になった方は是非最後まで見てみて下さい~(^^)

40代女性
40代女性

わたしは、こちらの映画は、正直に言いますと、少し怖かったです。あまり、ホラーというか、人の死の映画は苦手だからです。しかし、勇気を出して、最後まで見ましたが、いろいろな意味でまた、心の変化を感じた映画でも、ありましたので、感想を述べさせて、いただきます。いろいろあって、自殺をして、肉体を持たないけれど、女子高生として霊は存在していて、母親に話しかけてみたり、やはり誰も気付いてくれなくて、わたしは見ていて、とても不思議と不安と様々な感情が、入り混じりながら、じっくり見ていました。そのような中、樹里に虫のような男、虫男に出会いますが、またこれも不気味な設定だなぁと、個人的にちょっと首を傾げてしまいそうでしたが、その男は、心が弱っている人につきまとう、悪い存在であり、自殺を促す魔力を、持っていたりと。何だか、普通では考えられないような、出来事が、次から次に増えて行き、わたしは苦手なシーンが、沢山あり過ぎて、途中から、あまりよく見れなかった事も、ありました。しかし、やはり目に見えないけれど、霊はいつもあるのだろうと、いろいろと感じました。こちらの映画は、好きな人と嫌いな人に、わかれると思いますが、わたしは正直苦手でした。

 

まとめ

『赤々煉恋』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

清水富美加のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

【アニメ】(声の出演)

【イメージ】

  • 清水富美加『Popping Time』
  • 清水富美加『Popping Smile』

吉田羊のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • コウノドリ(2015)
  • コウノドリ(2017)
  • メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断
  • コールドケース -真実の扉-
  • まだ結婚できない男
  • コールドケース2 -真実の扉-
  • 町医者ジャンボ!!
  • アンフェアSP ダブル・ミーニング~連鎖
  • BRIDGE はじまりは1995.1.17 神戸 ディレクターズカット版
  • 風の峠~銀漢の賦~

有森也実のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 激動の1750日
  • 226
  • しあわせになろうね
  • ハラスのいた日々
  • 男はつらいよ 幸福の青い鳥
  • 赤々煉恋
  • キネマの天地
  • 小森生活向上クラブ

【ドラマ】

  • 連続テレビ小説 ゲゲゲの女房
本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました