進撃の巨人アニメ2期の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

アニメ動画
TVアニメ「進撃の巨人」Season 2 PV 第1弾

進撃の巨人アニメ2期の動画フルを安全に見る方法

『進撃の巨人 Season 2』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『進撃の巨人 Season 2』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

進撃の巨人アニメ2期の内容

アニメ『進撃の巨人 シーズン 2』は、2017年4月から6月の間に放送されました。前作であるシーズン1は2013年4月から9月に放送されており、本作を見る前にシーズン1を見ることをオススメいたします。

原作は、諫山創さんのデビュー作の同名漫画です。現在も、講談社の別冊少年マガジンにて連載中となっております。

本作は、シーズン1の監督を務めた荒木 哲郎さんが総監督に、助監督を務めた肥塚 正史さんが監督になり制作されております。声優陣も続投しておりますので、聞きなれた声たちが再度躍動し、ファンを喜ばせております。

シーズン1に続いて、楽しませてもらいました。前作同様、原作に忠実・丁寧にアニメ化されており、一人ひとりのキャラたちが動く映像と音声で楽しめることに感謝!

絶対にない。有り得ないと思っていたからこそ先の読めない面白さがあります。早く次が見たくなる作品に出合ったのは久しぶりです。

『ギルティクラウン』でもタッグを組んでた【荒木 哲郎】×【肥塚 正史】はシーズン1に続いて、間違いはなかったです。とても素晴らしく面白い作品でした。

こんなに手に汗握る展開は初めてかもしれません。伏線や謎が多く散りばめられていて、見終わったあとも、考察を楽しめる箇所がいっぱいあり、視聴後もしっかりと楽しめる作品になっております。

あらすじ

前作のクライマックスにて、女型の巨人・アニとの戦いの後、エレンたちは休む暇もなく壁内に出現した巨人から住民を守るために駆り出されます。しかし、壁には巨人が侵入した穴や形跡はなく、どのようにして巨人が出現したのか謎のままです。

そんな中、エレンはライナーとベルトルトの正体が巨人だということを知ります。エレンが激昂し巨人化して戦いを挑む者の、あえなく敗北してしまい、ライナーとベルトルトに誘拐されてしまいました…。

見どころ

魅力あふれる登場人物たち

「進撃の巨人」が不動の名作になった最大の理由の一つとして挙げられるのが、魅力あふれる登場人物たちですね。

“エレン”は目の前で母が巨人に捕食されて、強烈な敵意を持っております。そこから、折れることのない強い精神力と、ブレることのない信念が強くなり、惜しまぬ努力をもって能力を発揮している主人公にとっての魅力を存分に備えております。

安定的な人気を誇るのがミカサ”。訓練兵を首席で卒業するなど、兵士としてエースです。彼女は『強さ』が象徴となっており、巨人をバタバタと倒してくのは人類最強のエースであるリヴァイ兵長と彼女だけです。また、声優である石川由依さんの声が可愛いのも、人気を誇る理由の一つでしょう。

この二人の幼馴染であるアルミン”は物語序盤では非常に弱く『ココだ』という場面で活躍ができずに嘆いていました。しかし、物語が進むにつれ、持ち前の頭の回転の良さを活用し、軍師として活躍していきます。時に勇気を振り絞って行動する姿が彼の魅力です。

そして、忘れてはいけない。常に圧倒的な人気を誇る人類最強の兵士・リヴァイ”兵長。ニヒルで強いところが女性層に支持されておりますね。とても強いですが、時々見せる優しい一面のギャップがとても魅力ですね。

漫画やアニメだけに限らず、ドラマも映画など全ての人気を左右する大きな要素である登場人物たちがしっかりと惹き立たされている作品となっております。自分の推しキャラを見つけ、注視してみるのも良いでしょうね。

スタッフ

原作:諫山 創「進撃の巨人」
総監督:荒木 哲郎
監督:肥塚 正史
シリーズ構成:小林靖子

キャスト

エレン・イェーガー:梶裕貴
本作の主人公。強靭な勇気と行動力を持ち、周囲の人間たちを惹きつける。

ミカサ・アッカーマン:石川由依
本作のヒロイン。並の兵士100人と等価と評されるほどの高い戦闘能力を持っている。

アルミン・アルレルト:井上麻里奈
エレンとミカサの幼馴染。金髪のボブカットをした少年。

ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
現実主義者で、理想主義者のエレンと対立することが多い。

アニ・レオンハート:嶋村侑
常に冷静沈着な少女。

サシャ・ブラウス:小林ゆう
マイペースで野性的な性格の少女。

クリスタ・レンズ:三上枝織
可憐な容姿と謙虚で献身的な性格の少女。

コニー・スプリンガー:下野紘
自称「天才」のお調子者な少年。

ライナー・ブラウン:細谷佳正
気さくで面倒見が良いリーダー的存在。

ベルトルト・フーバー:橋詰知久
何事も万能にこなす少年。良くライナーと行動を共にしている。

ユミル:藤田咲
粗野な性格の少女。謎の多い人物。

リヴァイ・アッカーマン:神谷浩史
人類最強の兵士であり、調査兵団の兵士長。

エルヴィン・スミス:小野大輔
調査兵団第13代団長で配下たちか深く信頼されている。

ハンジ・ゾエ:朴璐美
茶髪ポニーテールの中性的な外見の持ち主。

『進撃の巨人 Season 2』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

進撃の巨人アニメ2期の感想

 

40代女性
40代女性

一言で言うと、seasons2はそれぞれの登場人物の気持ちが複雑に動き出す始まりだと思います。1までは、今まで100年間、巨大な壁で守られて住んでいた街を突然の巨人が現れ、人々を食らっていく。恐怖と悲しみと、そして復習に燃える心への移り変わりだった。2では、今まで仲間であり、尊敬の念もあったライナー達が実は巨人だったということが分かる。ライナーもまた、自分が何者か混同する場面もある。しかし一貫してブレていないのが、ミカサ。小さい頃エレンに助けられて以来、エレンを守るという最大の芯を持っている。誰が味方だろうが
、敵だろうが、エレンを傷つけようとする者に対して必死に攻撃する。たまに周りに止められるが、絶対に後悔はしていない。本当に強い女性だと思う。でも時折見せる気の弱さや迷いがまた切なくて注目してしまう。アッカーマンは背が高いのが特徴なんだけれど(ネタバレか?)大きい女性は気がやさしいのだ。
ライナーらに連れ去られたエレンを奪還出来るのか、ハラハラドキドキの展開だ。草原でかつて母を襲って食べた女の巨人に遭遇する。エレンの怒り心頭!背水の陣で食らわせたパンチで周囲の状況が変わる瞬間は、まるで電気をくらったかのよう。色んな謎がとけていくseasonでもあります。乞うご期待を。

 

30代女性
30代女性

大ヒットした進撃の巨人のアニメシリーズの第2期。前回の1期では主人公、エレンの母親が巨人に食べられたことで巨人を駆逐すると強く誓ったエレンが調査兵団に入るというストーリーでした。調査兵団の一員として巨人と戦っていたはずのエレンは、巨人に食べられたことで本人も知らなかった能力が発動します。巨人を憎んでいたはずのエレンが巨人となるという予想もつかない怒涛の展開で終わった1期ですが、そこにさらに新たな女型の巨人が現れ、エレンたち調査兵団は壁内に敵がいることが分かります。エレンは自身の巨人化能力を使い女型の巨人を倒しますが、2期ではさらに強大で不気味な「獣の巨人」が出現します。そして女型の巨人とは別に他にもスパイが紛れ込んでいるような描写があり、一体誰が敵で誰が味方なのか分からず、謎が謎を呼ぶ展開が続きます。その一方で巨人について少しずつ明らかになっていく展開と敵の正体へと迫るストーリーは、回を重ねるごとにその内容の深さにのめり込んでいきます。そして主人公のエレンだけでなく、他の登場人物の抱える秘密なども明らかになり、見逃せない展開が続く2期は夢中になって見てしまいます。巨人の不気味さを表したアニメーションも素晴らしいですが、調査兵団が巨人と戦うシーンの作画は絶望的な場面でありながらかっこよさもあり、とても見どころです。

50代女性
50代女性

2期は調査兵団のエレンの同期ヒストリアが重要人物であることがわかってきます。1期よりさらにストーリが奥深く広がっていって、おもしろさがさらにまします。エレンが巨人化することのによる混乱も、エレンを捕獲しようとする動きも表立ってきて、エレンを守ろうとする調査兵団の闘いが激化していきます。1期ラストに登場した人類最強の男リヴァイとミカサの最強コンビの戦闘シーンは見ものです。リヴァイのかっこよさは声優の神谷浩史さんと共に最高で、進撃の巨人の中ではその生い立ちといい、かなりの重要キャラです。エレン奪還作戦の中でエレンが持っているとてつもない力に敵も味方も気づくのがこの2期のラストですが、エレンは完全無欠なヒーローではまったくないので、ぐずぐずしている姿に何度もやきもきするのがある意味、進撃の巨人のいいところかもしれません。また他人には怖い存在のミカサもエレンには天使のように優しく、激闘の中での2人のやりとりはおもしろいと思います。どのキャラもいわゆるいい子じゃなく、暗い部分や性格のゆがみを多大に抱えているところが、進撃の巨人最大の魅力で、作者はあえてそうしているのでは?と思わずにはいられません。敵にも敵のさまざまな事情があり、彼らにもスポットが当たっていて、ラスト生き延びた敵のシーンには感動します。

10代男性
10代男性

僕は進撃の巨人のシーズンが沢山ある中で一番好きなシーズンというのがこの『進撃の巨人 Season2』です!理由は色々ありますが、魅力の1つは『進撃の巨人Season1』からのお話の進みが大きくて面白いからです。様々な種類の巨人が現れたり、など『進撃の巨人Season1』では想像のつかない展開ばかりでより一層楽しめると思う。進撃の巨人の面白さというのが、ただお話が面白いとかだけではないと思います。見てる人が巨人と戦っているような気持ちになってしまうほど入り込んでしまいます。最終話(37話)ではハンネスさんが死んでしまったのですが、ミカサの死期を悟ってエレンに想いを伝えるシーンでは涙が枯れるぐらい泣くほど感動しました。感動のシーンはもちろん胸が熱くなるほどの戦闘シーンなど色んなシーンで色んな感情にさせられるので良い意味で疲れます(笑)普段からアニメを見る訳ではないのですが、進撃は誰でもハマってしまいます!そんなことよりミカサが可愛いすぎて、、ヤバイですね!まとめると『進撃の巨人 Season2』はどのシリーズの中でも1番面白いです。アニメの中でも一番です!これから見る方ハンカチ片手に見てみてください。

20代男性
20代男性

女型の巨人であるアニをとらえた後の話です。ここら辺からエレンたちが調査兵団の主力となりはじめてきた印象です。気かっけは謎の巨人の出現でした。体に体毛をまとい猿のような見た目の巨人です。その巨人にミケがやられてしまいます。ミケというと調査兵団ナンバー2くらいの実力を持っていた気がしました。普通の巨人なら難なく倒せるミケも猿の巨人相手には歯が立ちませんでした。この時の絶望感が半端ではなかった気がしましたね。またその時にいたぎょろめの巨人が結構不気味だった記憶があります。そしてエレン同期メンバーの残りのメンバーの3人が巨人であることが判明しかなり恐怖を感じました。ライナーとベルトルトは鎧の巨人と超大型巨人のようでした。超大型巨人というとラスボスだった印象があったので、あれがベルトルトだったということに驚きが隠せませんでしたね。ライナーの陣営を寝返りそうになるほどの、壁内への入れ込み具合が悲しすぎました。そんなだけにやると決めたときの壁際での二人の変身は痺れまくりでしたねアニメの演出もよかったです。そしてもう一人はユミルでした。こちらはライナーたちとは別の勢力のようで、クリスタとの絆が厚かったです。

 

20代男性
20代男性

『進撃の巨人 Season2』は2017年の4月から6月までの全12話が放送されました。『進撃の巨人 1期』は巨人の世界観や登場人物の紹介などこの作品の序章がメインでした。Season2は、主人公のエレンやミカサやアルミンや調査兵団の仲間の過去などが明かされて、そして巨人の謎が徐々に明らかになったり、1期で大量にばらまかれた伏線を徐々に回収していくのでとても面白いです。巨人との戦うシーンは1期以上に迫力が増し、観ていてわくわくします。全12話と少し短いですが、とても内容が濃く展開が激しく変わるのでとても面白いです。進撃の巨人は、巨人や壁の謎や伏線がとても多く、考察していくのがこのアニメの醍醐味だと思います。Season2は特にこのアニメの醍醐味が詰まっているので見どころが満載です。仲間の裏切りや巨人の正体など予想していなかった展開が多いのでとても驚かされました。Season2から出てくる獣の巨人がエレンたちを翻弄していきます。この獣の巨人が巨人の中でもとても強く、調査兵団の誰と戦うことになるのか気になるところです。Season2のOPも1期に引き続き、Linked Horizonさんが担当し、心臓を捧げよという曲でこのアニメにとても合って良かったです。ぜひおすすめするアニメです。

 

50代女性
50代女性

もしかしたらこの作品の中で一番夢中で追いかけたシーズンかもしれない。衝撃の壁の秘密が更なる謎を呼び、不気味な獣の巨人の登場、ウトガルド城、巨大樹の森、等々、思い返しただけで今すぐに見返したくなる。104期メンバーの動向も同時進行で描かれ、各々がとても記憶に残るエピソードで描かれるところも魅力。サシャの話も好きだけれど、コニーのラガコ村の話がなんとも言えぬ辛さを伴い印象深いし、後々の話にも繋がってくる。全話を通してもかなり上位に思い出に残る場面。そしてSeason 2の大きな柱の一つウトガルド城での戦い。高さがあり、アニメならではの戦いの迫力が素晴らしい見どころと思う。話の展開としても衝撃の連続、その中に気づかないような小さな謎や複線が仕込まれているところも大好き。ユミルとクリスタ、この二人のエピソードも大切。そして後半の、というか、この作品の中でもかなり大きな衝撃のあの場面がやってきて、巨大樹の森へ。ここからは迫力抜群の戦闘シーンが満載。技の名前がわからないけれど格闘技好きな方にもおすすめと思われる。巨大樹の森の戦いも立体起動装置の縦の動きが生かされて、ものすごくかっこいい!荒木監督の縦の動きへのこだわりを感じるところである。そしてそこへ澤野さんの曲が被さると鳥肌。そして名セリフ。やはりSeason 2は話も大きく動くし、各キャラの掘り下げも深く、大好きなシーズンです!!

40代女性
40代女性

進撃の巨人を始めてテレビで見たときは衝撃的でしたね。人間よりも強い者が出てくるとは!人類の大半が巨人によって食い尽くされた世界って…怖い。進撃の巨人かなりダークなファンタジーアニメですね。なんといっても主人公のエレンが巨人化した時は驚きましたね。そしてエレンの同期達にも巨人になる能力をもった者たちが数名いました。その中の一人女型巨人だったアニ・レオンハートは調査兵団によって捕獲されて地下室に入れられたときは、アニの正体を見事に見抜いたアルミンでかした!って思いましたね!シーズン2ではあと3人エレンの同期が巨人化します。毎回ハラハラドキドキシーン満載です。あと自分もずっと不思議に思ってた巨人の正体が明らかになりスッキリします。人間が何らかの薬を投与されて知性のない巨人になるらしいのですが…?何らかの薬を投与した誰かの存在がいるわけですよね?シーズン2の終盤あたりに出てきた獣の巨人はなんと初めて喋れる能力を持つ巨人で、何であなた言語能力持ってるのって…謎深まりました。エレンが巨人化した時にライナーたちがエレンが巨人化を操れる能力を持っていると言っていましたが「座標の力」とはいったい何なのか?なぜエレンがその力を持つのか?シーズン2いくつかの謎が解け、また新たなる謎が深まりました。

20代女性
20代女性

ついに物語が動き出した、とい感じがしました。第一シーズンで謎に包まれていた様々な事柄が明らかになり、同時に新しい謎が生まれていく、ようやく『進撃の巨人』が始まった、という気がします。最初のシーズンでは、「巨人を倒していく主人公たちのバトルストーリー」として観ていたのですが、第二シーズンに入ってから、一気にミステリーの色が濃くなりました。人の言葉をしゃべる巨人、メインキャラの一人に「おかえり」と言った謎の巨人、などなど、巨人自体の謎にスポットが当てられはじめ、今まで正体不明の敵だった巨人に、人間じみた不気味さが漂い始めました。これまで、「正体不明の敵」だったからこそ、ある程度気持ちよく観れていた部分が、敵の存在がわかるに連れて、より絶望感が増してゆき、いい意味で後味が悪くなっていくのも見所です。ただのバトル漫画に治らない、絶望が絶望を、謎が謎を呼び、読者も主人公たちも真相究明へと駆り立てられる、より魅力的なストーリーでした。ドラマチックな展開や描写、キレのあるアクションや繊細な心情描写も健在です。Season1から続いている物語なので、まだ観ていない方は最初のシーズンを観てからご覧になるのをお勧めします。

 

30代男性
30代男性

進撃の巨人のアニメシリーズ第1期はアニの正体であった女型の巨人を、エレンが激闘の末に捕らえることで幕を閉じましたが、同時に崩れた壁の中から現れた巨人という大きな謎を残しました。第2期では壁の中の巨人の秘密をじっくり追求する間もないうちに、大量の巨人の侵攻に直面し、調査兵団のメンバーたちは新たな死闘に駆り出されることになってしまいましたね。第2期を通していろんな出来事がありましたが、大きな節目となったのは鎧の巨人と超大型巨人の正体がライナーとベルトルトであることが明らかになったことでしょう。物語の最大の謎と思われていた事実は、あっさりと明かされる展開は拍子抜けするほどでした。しかし、その余韻に浸る間もなく、さらわれてしまったエレンの奪還劇などの死闘の連続は、圧巻の極みでした。まさに片時も目を離せないシーンの連続で、ストーリーについて深く考察する暇を与えられなかったほどです。また第2期ではクリスタとユミルに大きなスポットライトが当てられましたね。クリスタの出自の秘密が物語の大きな要素を占めていますし、ユミルのクリスタに対する想いの切なさには泣けました。激闘に次ぐ激闘のSeason2は、とても時間が過ぎるのが早いストーリー展開でした。

 

まとめ

『進撃の巨人 Season 2』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『進撃の巨人』作品
【アニメ】

【アニメ映画】

【実写映画】

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました