進撃の巨人アニメ映画前編の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アニメ映画
劇場版「進撃の巨人」前編〜紅蓮の弓矢〜 予告編

進撃の巨人アニメ映画前編の動画フルを安全に見る方法

『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

進撃の巨人アニメ映画前編の内容

『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』は、2014年11月に、次回作である『劇場版「進撃の巨人」後編 ~自由の翼~』は、翌2015年6月に公開されました。

原作は、諫山創さんのデビュー作である同名漫画で、現在も連載中の作品となっております。

『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』は、原作の第1話から第13話までのストーリーを総集編として制作されました。監督はテレビアニメ作品の監督も務め「進撃の巨人」を知り尽くした荒木哲郎さんが起用されております。

製作陣からの原作愛を物凄く感じますね。作画、編集、音響…どれをとっても高クオリティ!日本アニメの素晴らしさを味わえる一作となっております。

グロ要素があり、ちょっと気持ち悪いアニメです…が、そこが病みつきになるところだったりしちゃうんです(笑)面白かったので後編も楽しみです !

総集編になっており、カットされている部分もありますが、しっかりと理解できるように編集・構成されておりました。初見の方が、進撃の巨人を見始めるにはうってつけの作品だと思いました。

全てにおいて圧倒的です。セリフの駆け足感もなく、しっかり纏まっている作品だと思いました。

制作陣に対してベタ褒めのコメントが多々ありました。しっかりと要点がまとまった作品に仕上がっており、時間が取れない・アニメを長時間見れない初見の方に、本当にオススメの一作となっております。

あらすじ

100年前、人類の前に突如現れた巨人により滅亡の淵に立たされていました。何とか生き残った人類は三つの高い壁を建設し、その中で暮らしておりました。

いつか、壁の外の世界に出たいと人一倍好奇心の強い少年・エレンが10歳になったある日、突如として100年続いた平穏な生活は終わりを迎えます。50メートルを超える高い壁を乗り越えるほどの巨人が現れ・侵入してきたのでした。

その際、エレンの母は瓦礫に押しつぶされてしまい助けることができません。さらに、巨人によって食べられてしまう母の姿を見てしまうのです。一瞬にして、家族や希望、夢を失ったエレンは、巨人を駆逐することを心に決めて、調査兵団を目指して、兵団に入隊します。

見どころ

進撃の巨人にハマる

『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』と、次回作の『劇場版 進撃の巨人 後編〜自由の翼〜』は、原作の第1話から第25話までの総集編として上映された作品になります。

ただ、単純にテレビアニメ版の効果音やセリフを使いまわすことはせずに、新たに効果音を入れなおしたり、セリフの新規撮り直しもされております。

しっかりと作り込まれており、とてもオススメの構成となっておりますので、「進撃の巨人」を見たことがない方、アニメシリーズは長くて見れない。そんな方々に是非見てもらいたい、薦めていきたい作品です。

紅蓮の座標

本作の主題歌である「紅蓮の座標」ですが、アニメ版主題歌であった「紅蓮の弓矢」をアレンジした専用の曲となっております。

物語のラストシーンから、エンディングの流れる主題歌「紅蓮の座標」の入るタイミングが完璧です!そして演出も素晴らしいです!

また、この歌詞には凄い伏線が引かれておりますので、是非ご自身で確認してください。知ると、鳥肌が立ちまくりですよ!

スタッフ

原作:諫山 創「進撃の巨人」
監督:荒木 哲郎
制作:WIT STUDIO

キャスト

主要人物

エレン・イェーガー:梶裕貴
10歳のころ、目の前で母が巨人によって殺された過去から「巨人の駆逐」という強い意志のもとで調査兵団に入団する。

ミカサ・アッカーマン:石川由依
幼少期にエレンに助けてもらった経歴を持つ。エレンに強い絆を感じており、エレンとともに調査兵に入団する。

アルミン・アルレルト:井上麻里奈
エレンとミカサの幼馴染。エレンとはミカサと出会う前からの親友であり、エレンとともに調査兵に入団する。

第104期訓練兵団

ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
アニ・レオンハート:嶋村侑
サシャ・ブラウス:小林ゆう
クリスタ・レンズ:三上枝織
コニー・スプリンガー:下野紘
マルコ・ボット逢坂良太
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ベルトルト・フーバー:橋詰知久
ユミル:藤田咲
エレン、ミカサ、アルミンらと同期の調査兵。

兵団関係者

エルヴィン・スミス:小野大輔
調査兵団第13代団長。人類の前進のために巨人に立ち向かう。

リヴァイ・アッカーマン:神谷浩史
調査兵団の兵士長。人類最強の兵士と噂されているエース。

ハンジ・ゾエ:朴璐美
調査兵団第四分隊長。エルヴィンの参謀として活躍する。

進撃の巨人アニメ映画前編の感想

 

20代男性
20代男性

『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』は2014年の11月に公開されました。この映画は進撃の巨人のアニメの前半の13話分の話が2時間に凝縮されていて、特に大事な場面が凝縮されているのでとても見やすく面白かったです。2時間にまとめられているので、展開が激しく変わるので全く飽きずにずっとわくわくしながら観れました。大事な場面の繋ぎ方が完璧で綺麗に凝縮されていました。進撃の巨人の醍醐味である調査兵団と巨人の戦うシーンがメインに描かれていてわくわくしながら観れました。巨人と戦うシーンでの調査兵団の刀さばきと立体起動装置を使ったアクションは何度も観てもかっこよく、大迫力で鳥肌が立ちます。進撃の巨人をテレビで観るのと、映画館で観るのとでは全く違いました。映画館で観ると、テレビでは気づかなかった細かい部分まで観れて、特に戦闘シーンは大きいスクリーンで観ると大迫力で音楽も壮大で観ていて鳥肌が立ちました。主題歌はアニメと同じく、Linked Horizonさんが担当し、新曲の「紅蓮の座標」という曲でとてもかっこよく、この映画に合っていたので良かったです。進撃の巨人からは仲間の大切さや家族の愛などとても大切なことを学ぶことができます。ぜひおすすめする映画です。

 

30代男性
30代男性

テレビアニメ第1期の前半部分をまとめ上げた話でしたが、主人公エレンが超大型巨人と鎧の巨人の出現によって母親を失い、巨人たちへの復讐を誓うところから、訓練兵団での仲間たちの出会い、そして調査兵団への入団決意と再来した巨人たちとの残酷な闘い、エレンの身に起きた信じられない変化と、この『進撃の巨人』という作品の魅力が一番詰め込まれたストーリーだと思います。人を食らう巨人たちの登場はまさに衝撃的でしたし、後半仲間たちが次々と巨人の餌食になってしまうシーンは、その恐ろしさを倍加させています。また主人公エレンたちが訓練兵団での日々を通して成長してゆく様がしっかりと描かれていることも良かったですね。訓練兵団での仲間たちと友情を培う部分は、その後の仲間たちが食べられるシーンでの残酷性を高める役割も果たしていると思います。まさに強烈な印象を見る側に与えているわけです。その極めつけは主人公エレンまでもが親友アルミンを助けるために一度は巨人に食べられてしまうシーンでしょう。そしてそのエレンが巨人化する予想外の展開は、絶望の中で輝いた希望そのものでした。絶望の中の一縷の希望。それこそが、この映画を端的に言い表すなら、そうなるでしょう。

 

まとめ

『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『進撃の巨人』作品

【アニメ】

【アニメ映画】

【実写映画】

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました