進撃の巨人アニメ映画後編の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アニメ映画
劇場版「進撃の巨人」後編〜自由の翼〜 特報

進撃の巨人アニメ映画後編の動画フルを安全に見る方法

『劇場版「進撃の巨人」後編 ~自由の翼~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『劇場版「進撃の巨人」後編 ~自由の翼~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

進撃の巨人アニメ映画後編の内容

『劇場版「進撃の巨人」後編 ~自由の翼~』は、2015年6月に、前作の『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』は、2014年11月に公開されました。本作は前後編の後半になるので、前半を見てからの視聴をオススメいたします。

原作は、現在も別冊少年マガジンで連載中の、諫山創さんによる同名漫画でありデビュー作です。2019年12月の時点で全世界1億部を突破しており、講談社の漫画では『金田一少年の事件簿』シリーズに続いて2作目となるほどの大ヒット作品です。

『劇場版「進撃の巨人」後編 ~自由の翼~』は、原作の第14話から第25話までのストーリーを総集編として制作されました。監督はテレビアニメ作品の監督も務め「進撃の巨人」を知り尽くした荒木哲郎さんが起用されております。

非常に観やすかったです。前後編ともに要点を抑えつつも、感動と迫力もあり、しっかりと尺内に収めるということが凄いですね。傑作だと思います。

本作限定の格闘訓練のシーンとラストのお話しは、新鮮味があって良かったでした!

映像もキレイですし、音もイイ。テレビ版よりも良いところもあれば、テレビ版の方が良いところもある。どっちも捨てがたいが、どちらも素晴らしい作品である事には間違いないです。

アニに対して言い放ったセリフと、抜刀するミカサの殺気に満ちた眼が良かったです。

あらすじ

人類を捕食する巨人がはびこる世界。そんな中、唯一巨人となって対抗できる人間のエレンは、審議所に連れて行かれます。エレンを研究して殺すと主張する者がいれば、エレンの力を借りて壁の外側の世界を目指そうと主張する者。

検討された結果、調査兵団で人類最強の兵士と噂されているリヴァイの指揮下に置かれることとなります。その後、明確な目的がないとエレンは巨人化できないことを知りました。

ある日、壁外調査をしていると女型の巨人が現れるものの、逃がしてしまいます。しかし、アルミンだけは女型の巨人が同期にアニだと見抜くのでした…。

見どころ

こだわりの編集

約10時間かかって放送されたテレビシリーズのシーズン1を4時間に纏められました。細かい心理描写や蛇足となる部分を全体的に削っており、非常に中だるみしにくい作品になっております。

重要な部分はしっかり残しながら再構築・再構成がなされております。また、調査兵団の出発シーンは音楽も含めてテレビアニメとは違うので、一度視聴した人にとっても新たな発見ができる作品です。

原作以上のクオリティ

「進撃の巨人」を見たことがない人から、最初に原作漫画を読んだ方が良いのか?という質問が過去にありました。結論は“最初に読む必要はない”です。

アニメに関しては、原作者の諫山 創さんが「漫画で直したかったところをアニメで補完している」とコメントしておりました。原作コミックより情報量が多く、ある意味では原作以上のクオリティとなっているのです。

もちろん、原作にしか表現されていない部分もあります。なので、オススメの順番は『劇場版アニメ前後編』~『テレビアニメシリーズ』~『原作コミック』の順になります!

スタッフ

原作:諫山 創「進撃の巨人」
監督:荒木 哲郎
制作:WIT STUDIO

キャスト

主要人物

エレン・イェーガー:梶裕貴
10歳のころ、目の前で母が巨人によって殺された過去から「巨人の駆逐」という強い意志のもとで調査兵団に入団する。

ミカサ・アッカーマン:石川由依
幼少期にエレンに助けてもらった経歴を持つ。エレンに強い絆を感じており、エレンとともに調査兵に入団する。

アルミン・アルレルト:井上麻里奈
エレンとミカサの幼馴染。エレンとはミカサと出会う前からの親友であり、エレンとともに調査兵に入団する。

第104期訓練兵団

ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
アニ・レオンハート:嶋村侑
サシャ・ブラウス:小林ゆう
クリスタ・レンズ:三上枝織
コニー・スプリンガー:下野紘
マルコ・ボット逢坂良太
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ベルトルト・フーバー:橋詰知久
ユミル:藤田咲
エレン、ミカサ、アルミンらと同期の調査兵。

兵団関係者

エルヴィン・スミス:小野大輔
調査兵団第13代団長。人類の前進のために巨人に立ち向かう。

リヴァイ・アッカーマン:神谷浩史
調査兵団の兵士長。人類最強の兵士と噂されているエース。

ハンジ・ゾエ:朴璐美
調査兵団第四分隊長。エルヴィンの参謀として活躍する。

進撃の巨人アニメ映画後編の感想

 

20代男性
20代男性

『劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~』は2015年の6月に公開しました。進撃の巨人のアニメの14話から25話の全11話を2時間にまとめていて、前編の紅蓮の弓矢と同じように大事な場面を綺麗にまとまられていてとても見やすかったです。進撃の巨人の14話からはストーリーの展開が激しく変わり、主人公のエレンが調査兵団に入団するところから始まります。14話から戦闘シーンが増えてくるので、2時間の中で戦闘シーンがとても多いので観ていてとても鳥肌が立ちました。さらに14話から第57回壁外調査も始まり、巨人に会わずに目的の場所に行くためにエルヴィン団長が生みだした作戦の長距離索敵陣営がとても考えられていて面白かったです。しかし、壁外調査中に女型の巨人が現われ、長距離索敵陣営が崩されて兵士が女型の巨人と戦いますがどんどん殺されています。その中でも、壁外調査終盤にリヴァイ兵長が女型の巨人と戦います。多くの兵士が女型の巨人に敵わない中、リヴァイ兵長は女型の巨人と対等に戦います。さらに、女型の巨人を倒す手前で追い詰めました。リヴァイ兵長と女型の巨人の戦闘シーンは大迫力で、鳥肌が立ちました。リヴァイ兵長の回転しながら女型の巨人を攻撃していくのがとてもかっこよかったです。この映画は戦闘シーンが見どころです。ぜひおすすめする映画です。

 

 

30代男性
30代男性

『進撃の巨人』のアニメシリーズ第1期の後半部分を総集編にした映画作品です。「前編~紅蓮の弓矢?」で描かれた主人公エレンの巨人化とトロスト区の奪還作戦の様子が描かれましたが、本作品ではその後エレンたちが調査兵団に入団し、そして壁外調査で女型巨人と死闘を交えるお話でした。前半は巨人化してしまったエレンの処遇が焦点となり、結局調査兵団が引き取ることになりましたが、初陣とも言うべき壁外調査では女型巨人の急襲により、いきなり多大な被害を出すことになってしまいます。エレンを狙う女型巨人の正体が焦点となり、それは壁外調査を終えた後、壁のより内側の王宮に近いストヘス区で起きた闘いで明かされることになります。タイトルにある「自由の翼」という言葉は、調査兵団のメンバーが身につけている紋章なのですが、巨人の脅威によって壁の内側に閉じ込められた人々が、再び壁の外の世界へ出ていく自由を手に入れるための希望が託されています。実際、調査兵団の壁外における巨人との闘いがこの映画のストーリーの主軸となっているので、本当に良いタイトルを付けたなと思いました。また女型巨人との闘いを経て、崩れた壁の中から現れた驚愕の事実は原作やアニメを未読な人にはとてもショッキングな結末でしょうね。

 

まとめ

『劇場版「進撃の巨人」後編 ~自由の翼~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『進撃の巨人』作品
【アニメ】

【アニメ映画】

【実写映画】

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました