リング(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ホラー・パニック
Ring: Rasen (1998) ORIGINAL TRAILER [HD 1080p]

リング(映画)の動画フルを安全に見る方法

『リング』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『リング』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

リング(映画)の内容

映画『リング』は、1998年1月に公開されました。

ホラー界に金字塔を打ち立てた小説家・鈴木光司さんの同名小説を原作に、『本当にあった怖い話』シリーズなどを手掛けた中田秀夫さんを監督に迎え制作されました。配給収入10億円を記録する大ヒット作品となり、映画続編をはじめ韓国やアメリカでもリメイクされるなど、日本だけにとどまらず、世界が注目したシリーズの1作目になります。

本作は、見た者が1週間後に死んでしまう「呪いのビデオ」の恐怖が描かれており、松嶋菜々子さん、真田広之さん、中谷美紀さん、竹内結子さん、佐藤仁美さん、沼田曜一さんなどが出演しております。

本作から様々なシリーズ作品が出て、日本だけでなくアメリカや韓国からも作品が完成しておりますが、やはり初代である本作が史上最高傑作ですね。幼少期に本気で怯えていた思い出が蘇ってきます。

『理不尽で不透明、正体もわからない相手によりもたらされる死の恐怖』という日本ホラーの基本であり頂点を誕生させた作品だと思います。

公開当時は恐かった印象ですが、良くも悪くも貞子がメジャー化しすぎて、今観ると怖さよりも伝説の名シーンとして関心して見られる感じです。現在では、ホラーが苦手な方の良い入門編作品になっていると思います。

忍び寄ってくる距離感が怖い。これがジャパニーズホラーだと思ってます。これから見られる方は、行間の恐怖を楽しんでもらいたいですね。
それにしても、竹内結子さんは映画初出演でありながら、自然で素晴らしい演技をされており、本当に素晴らしい女優さんだったと思います。心からご冥福をお祈りします。

あらすじ

親戚の女子高生が“呪いのビデオ”を観てしまったため命を落としてしまった…。この情報をもとに、呪いのビデオを探し始めることにしたシングルマザーでリポーターの浅川玲子(松嶋菜々子)。

見ると一週間後に死ぬと巷で噂されており、調査を進めるうちに伊豆の貸別荘に行きついた玲子でしたが、彼女自身も呪いのビデオを観てしまいます。そこで助けを求めたのが元夫・高山竜司(真田広之)です。

竜司の協力のもとで呪いを解く手がかりを調べていたのですが、そんな中で二人の息子・陽一(大高力也)も運命のように“呪いのビデオ”を観てしまいます。

何が何でも二人の子どもである陽一を助けるために、必死に調べていくと、そこには“とある女性”の存在が浮かび上がってきました…。

見どころ

豪華すぎる登場人物

原作である鈴木光司さんの同名小説を読み、文字や行間から伝わってくる怖さにおののいたことを、今でも鮮明に覚えております。それほどまでに“呪いのビデオ”と“貞子”の設定は秀逸です。

日々進化していく映像技術。現代と比べてしまうとチープに感じてしまう部分は否めません。ですが、何よりも【様式美】が素晴らしい。貞子という存在、呪いのビデオという都市伝説、恐怖心を増幅させる井戸のギミック、突如鳴り響く効果音や貞子の目のアップ。

お約束でありながらも、ドキッとさせられる演出が要所で出現し、一度観て結果がわかっていても、やはり怖くて驚かされます。ホラーとしての必要な要素がミッチリと詰め込まれているだけでなく、全編を通して漂う“湿っぽさ”やサスペンス的な要素も含まれているのもポイントです。まさにジャパニーズホラーの火付け役であり、金字塔とも呼べる内容の一作です。

忘れられない主題歌

本作では、貞子の華麗な動きも捨てがたいですが、一度聴いたら忘れられない主題歌『feels like “HEAVEN”』の破壊力は抜群です。

流れ出すと口ずさんでしまうほどキャッチーで、貞子の代名詞ともいえる楽曲となっております。実は、フルで聴くと意外と明るい楽曲となっており、“来る”のは天使であることも面白い点です。

スタッフ

原作:鈴木光司「リング」
監督:中田秀夫
脚本:高橋洋
音楽:川井憲次
主題歌:HIIH 「feels like “HEAVEN”」

キャスト

主人公の身辺

浅川 玲子:松嶋菜々子
一人息子の陽一と暮らすシングルマザー。陽一が「呪いのビデオ」を見てしまい、息子と自分の呪いを解くために呪いのビデオの真実へと迫っていく。

高山 竜司:真田広之
大学で非常勤講師をしており、玲子の元旦那。協力者として終盤まで行動を共にする。

高野 舞:中谷美紀
竜司の勤める大学の教え子であり恋人。

大石 智子:竹内結子
玲子の姪で、陽一のいとこ。「呪いのビデオ」の最初の犠牲者。

倉橋 雅美:佐藤仁美
智子の友人で智子の最期を目撃してしまう。

大石 良美:しみず霧子
智子の母で、玲子の姉。智子の遺体を目撃した時の様子を玲子に話す。

玲子の叔母:大島蓉子
棺の中を見せようとしない不信感を抱く智子の葬儀の参列者。

浅川 陽一:大高力也
玲子と竜司の間に生まれた小学生の子供。

浅川 浩一:村松克己
玲子の父で、陽一の母方の祖父。

吉野 賢三:松重豊
玲子が務めるテレビ局に勤める人物。

岡崎:柳ユーレイ
玲子の同僚のアシスタントディレクター。

小宮:李鐘浩
玲子の同僚のカメラマン。

早津:田辺博之
伊豆大島で玲子と竜司を出迎え、山村家が運営する旅館を手配した男性。

辻瑤子:池田真紀

能美武彦:高山隆志

山村家

山村 貞子:白井ちひろ(少女期) / 伊野尾理枝(成人期) / 宮崎紀彦(目のアップ)
「呪いのビデオ」を生み出した元凶。故人。強力な超能力を持つ女性で殺害され井戸に遺棄され怨霊と化した。

山村 志津子:雅子
貞子の母親。故人。三原山の火口に身を投げて自殺。

伊熊 平八郎:伴大介
妻子を持ちながら志津子と不倫し貞子の父親。生前の貞子を井戸に突き落として殺害した。

山村 敬:沼田曜一 / 武田敏彦(青年時代)
志津子のいとこで漁師。

山村 和枝:梶三和子
山村家が営んでいる旅館の女将。貞子との面識はない。

『リング』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

リング(映画)の感想

40代女性
40代女性

見ると一週間後に死ぬという呪いのビデオテープの存在は、フィクションとはいえ、かなり恐怖心を抱かされることになりました。というのも、迷信やオカルトチックなもの自体に疑惑的な印象があった私でも、映像化されるリアルな現象の数々を目の当たりにしていくうちに、たちまちストーリーに引き込まれてしまい、最後まで目を離せなくなってしまったというのが本音だからです。怨霊である貞子の存在感や、彼女がテレビから飛び出すシーンには、本当に度肝を抜かれる思いがしました。貞子が世界を席巻するほど一世風靡したこともうなずけます。もう日本のホラーはこの映画以降、貞子抜きにして語ることができないというくらいに、アイコン化されたように思います。なお、映画化されたことにより、原作者である鈴木光司さんの作品よりも、より怖さが強調してあることから、ホラーフリークにも自信を持っておすすめできる作品だと言えます。
とはいえ、貞子というキャラクターがこの作品以降愛されるようになったことも注目に値する事実です。それくらいに貞子というキャラのインパクトがあったということは、疑いようがありません。クライマックスで井戸から這い出し、テレビ画面を抜け現実化して襲ってくる貞子には、手に汗握るだけでなく、トラウマになるくらいの迫力がありました。

40代女性
40代女性

貞子という名前を日本中に知らしめたジャパニーズホラーの傑作です。とにかく序盤から終わりまで終始不穏な空気が流れていて、「何か起こりそうだけど起きない」という怖さが漂っています。ストーリーはこの上なくシンプルで、「呪いのビデオを見た人間は、7日以内に死亡する」というもの。この呪いを回避する方法はあるのか、そもそもこの映像は何を意味しているのかを主人公たちは追いかけます。正直言えばビデオの映像自体はグロテスクでもないし、スプラッターでもありません。死体が映し出されるわけでも、ショッキングシーンがあるわけでもない。なのにすごく禍々しいのです。そして意味がわからないという不安さがつきまとい、それが見ている側にも感染します。不吉、嫌な予感、陰気な雰囲気が密集しているようなビデオで、ストーリーもそういった形で進むのです。素晴らしいのは途中でこれが飽きることがないことです。観客としてもこの不幸の根源をまき散らす貞子という存在が気になって仕方なくなってしまい、最後までしっかりと見てしまいます。中だるみすることもなく、むしろ呪いが拡大していくのをただ見守るだけですから歯がゆいくらいの気持ちで「リング」を見てしまうのです。ホラーが好きな人も、そうでない人も一度はこの映画に触れてほしいと思います。

40代男性
40代男性

この映画からジャパニーズホラーという概念が生まれたと思っています。原作から主人公が男性から女性に改変されたりしていますが、本当に良く出来た映画だと思います。実は原作で描かれていた主人公が住むマンションの所在地が私の家と目と鼻の先で、しかも我が家の裏庭には埋めた井戸があったので本当に驚きました。今でも裏庭に行くのを躊躇する程です。それ程のインパクトがこの映画にはありました。それにしても冒頭に亡くなる女子高生役だった竹内結子さんが本当に向こうに行ってしまうとは…驚きと共に真っ先にこの劇場版リングのことを思い出しました。この映画の希有なところは、テレビの中の井戸からゆっくりと這い出てくる貞子のインパクトに目を奪われがちですが、ロールプレイングさながらの謎解きの旅を追体験できるストーリーの妙にあると思います。貞子の呪いを解いてハッピーエンドに向かう流れを観客に想像させ緊張を解かせたところでズドンと来るどんでん返しは、もう絶望以外無いです。この後リングはリング2、リング0、はたまた貞子が『呪怨』の伽耶子と戦ったり、3D映画になったりとそれこそ大繁殖していきますが、私は『リング』の次に観るなら正当な続編『らせん』をオススメします。

30代男性
30代男性

いわずと知れたジャパニーズホラーの大傑作です。あるビデオを見たものは1週間後に死亡するというスリリングな設定で有名です。登場人物たちは、タイムリミットがある中でビデオを見てしまっても助かるための方法を探し出すというストーリーも緊張感があり、手に汗握りながら楽しめる作品となっています。ホラー要素のみならず、ミステリー要素もあり、見るものを飽きさせません。ジャパニーズホラー特有のすっきりとしない、じとっと後を引くような恐怖感がたまらなくくせになります。初めて見た時の衝撃が忘れられません。これから始めてみるという方はぜひネタバレを見ず、先入観なくみることをお勧めします。古い映画だけあって、映像が現在より荒いところがありますが、それがまた恐怖心をすごく引き立ててくれます。夜一人で見ると恐怖感が倍増してより楽しめると思います。ストーリーもかなり練りこまれているので、何度も繰り返しみても面白いと思います。続編もたくさん出ていますので、すべての作品を網羅することもかなりおすすめです。登場人物の演技力も高く、物語に引き込まれていきます。私がみたホラー映画の中で間違いなくナンバーワン作品で、自信を持ってお勧めできます。

20代男性
20代男性

もはや今のジャパニーズホラーの原点とも言ってもいい作品ですよね。この後のホラー作品には明らかに貞子を意識したような幽霊が出てくる作品がリリースされています。このように様々なホラー作品に参考されるだけあって、演出、脚本など当時としてはかなり斬新だったんだろうなと思うところが多くありました。特に呪いの原点を突き止めるために、色々調べ物をしながら、現地へ向かって展開は好奇心がそそられて、見ていてワクワクしました。それでいてホラーシーンはまさにジャパニーズホラー界の伝説といった出来で、あの不気味な映像からビックリ系とは一線を画す、這いよってくるかのような、心が不安定になりそうな恐怖感を感じました。最近のホラーではなかなかお目にかかれない恐怖感で、これによってジャパニーズホラーが確立されたのだなぁ…と思うようなものでした。また、俳優さんの演技のレベルが非常に高く、鬼気迫る形相からあたかも自分もその場に居合わせているかのような心地がしました。現在でも活躍されている方が多いですから、演技のレベルが高いのには納得ですね。とにもかくにも、終始引き込まれっぱなしで、見終わった後はなんとも言えない恐怖感と充実感で満たされました。

40代女性
40代女性

「呪怨」と並ぶジャパニーズホラーの金字塔の作品。呪いのビデオ、というものが存在し見たら一週間後に死ぬと言われている、それ。主人公の浅川は取材をする過程でそれを見てしまいます。見ちゃだめだよー!!って思うんですが、まあ見てくれないとお話進まないですからね(笑)。結果、当然呪いがかかってしまったことに気づく浅川。元夫・高山役の真田広之さんの演技が光っています。彼は特殊な能力があるという設定で、それが故のある種の諦念のようなものを抱えていて、味のある役になっています。物語は浅川の息子もビデオを見てしまったことから緊張感が高まります。なんとかしたいと願う浅川の母性も強いです。呪いを解くために行動を起こすふたり。謎を解いていく過程が非常に面白いです。原作は小説なのですが「呪いのビデオ」の不気味な映像表現をうまく構築していると思いました。明らかに異常と思える映像に仕上がっています。物語のハイライトはなんといっても呪いの正体「貞子」がテレビから這い出てくるシーンですね。「リング」は割と古い作品なのですが、這い出てくる様は今観ても違和感なく怖いです。そして「目」のシーン。あれは実はスタッフだとか。まつげを全部抜くことを要求された女優さんが降板を言い出したため、スタッフが演じたそうです。そんな「目」のシーンも大変見どころ。あれは怖い……。最近では「貞子vs伽椰子」などスピンオフも出ている作品。20年以上たった今でも色褪せない恐怖です。

20代女性
20代女性

松嶋菜々子、中谷美紀、竹内結子、佐藤仁美、松重豊など数多くの大物俳優が出演している超豪華な映画でした。竹内結子の美しさには女性の自分でもかなり惹きつけられました。彼女にはその美しさと演技力の高さに見入ってしまう魅力があります。作品全体的に暗く重めな雰囲気が保たれていて終始怖さを感じるものでした。テレビの画面越しから這い出てくるあの貞子のインパクトには、あのなんとも言えない恐ろしさとクオリティに引き付けられるものがありました。少し謎解き要素が含まれていて、ミステリー感があるというのも魅力の一つだなと思って、ホラーでも作品としてかなり楽しんで見れました。「リング」を超える日本のホラー映画はないのではないかと思うほどその作品の出来に圧倒させられました。この作品はほんとうに細かな部分までの演出にもこだわられていて、クオリティが高いなと感じたので個人的にかなりお気に入りな映画です。これから亡くなられた竹内結子のためにも、何度も見返したいなと思います。なにか怖めな映画が見たいというような人や、竹内結子の出演作に少しでも興味のある人は絶対一度は見るべきオススメ作品です。キャスト、演出、音楽、ストーリーなど全てにおいて満足すること間違いなしです。

30代女性
30代女性

この作品は初めてテレビで見た頃はまだテレビ自体も薄型ではなく、本当に自宅のテレビから貞子が出てくるのでは、と恐怖を植え付けられた作品でした。しかしホラー映画としては傑作であり、かなり引き込まれました。冒頭でビデオを見ることにより呪われ、その後悲惨な死を遂げるなど当時流行っていた噂などもあり、とても興味深かったことを覚えています。主人公に松嶋菜々子さんと素敵な女優さんが演じていたのもよく覚えています。かなり音楽なども凝っていて効果的で、かなり背筋が凍りました。一番印象的なのは、息子が呪いのビデオを見てしまい、その後助けるために右往左往するシーンです。この続編のような形で同時に螺旋という作品も合わせて見てみて、かなり後悔したのを覚えています。当時はかなりグロくて驚きました。その映画にも出てくる主人公・浅川の元夫も超能力者というなかなか非凡な方が回りにいるのも面白いところでした。この映画では貞子の下を向いた時の恐怖の瞳を見ることができますが、このシーンを助監督が勤めていたと後に聞き、作り込まれ過ぎてリアルでとても面白かったです。登場人物にはな方に美紀さんが出演していたり、竹内結子さんの高校生時代なども拝見することができ、なんだか懐かしい気分で見ることができる映画でした。ジャパニーズホラーの火付け役と言えるこの映画はかなり良作でした。

20代女性
20代女性

この作品はとにかくハラハラドキドキした気持ちになるところが良かったです。もしかしたら自分がという思いになるところが、見ていて怖さを感じました。非現実的な世界観だけど、レトロな雰囲気などはどこかリアルなところが絶妙です。髪の長い女は何度見ても、インパクトが強いです。一度見ると忘れられない衝撃があります。井戸から這い上がってくるところは、すごく恐怖で鳥肌が立ちました。見た目から恐ろしい人だと伝わってくるのも面白いです。テレビから出てくるところは、想像を越えてくるものがあります。思わず来ないでと叫びたくなるようなところが、この作品の魅力でもあると思います。日本ならではの怖さがたくさんつまっている作品です。貞子が這いつくばってくる姿は、とても不気味で恐ろしいです。玲子も怪しさを感じながらも、ビデオを見てしまうところが共感できます。本当なのか嘘なのかわからないけど、興味本位で見てしまうのは本能だなと感じます。日々恐怖を感じながら生活をするのは、見ていてヒヤヒヤしました。玲子が本当に怯えているところや、現実逃避したくなるところも印象的です。怖いとわかっているけど、ついまた見たくなってしまう作品です。

20代男性
20代男性

この作品の面白いなと思うような点としては、貞子という存在がとても歴史があって、それが怖いというところです。悲しい運命を辿った女性であり、その怨念があってビデオから出てきているのでその歴史をきちんと作品の中でもしっかりと解明してくれているのでそれをもとにして見てみると面白さが増します。また、貞子の見た目も本当に怖くて、髪が長い白い服を着た女性という存在も怖いです。また、ビデオを他の人に見せないと死んでしまうというようなシステムも恐怖を煽ってます。他の人に見せないと死んでしまうのでそのために懸命に努力している姿は恐怖からとりあえず遠ざかろうとするような人間の心理が見え隠れしている気がして怖いです。また、ストーリー自体もわかりやすいのがあるもののメッセージ性がきちんとありつつもその中にも恐怖がきちんとあるのでバランスが取れている作品だなと思います。ストーリー自体は貞子という女性の呪いのビデオを見てしまった女性のストーリーで早く見せないと死んでしまうと言う危機感があります。また、人を思いなかなか主人公は他の人に見せないようにするような姿もすごくカッコ良くていい人だなと思うし強い人だなと思いました。

 

まとめ

『リング』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました