ナミヤ雑貨店の奇蹟(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ファンタジー
映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』予告編

ナミヤ雑貨店の奇蹟(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(映画)の内容

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は、2017年9月に公開されました。

原作は、緻密なトリックや張り巡らされた伏線が人気の小説家・東野圭吾さんによる世界累計1,000万部を超えるファンタジー色の強い同名小説作品となります。

東野圭吾さんの作品の中でも「最も泣ける」と評判が高かった原作作品ですが、現代と過去をリンクさせていくため、映像化するには難易度が高いと言われておりましたが、これに挑んだのがベテラン職人映画監督・廣木隆一です。

また本作は、ベテランから若手まで多くのキャスティングがされており、Hey! Say! JUMPのメンバー・山田涼介さんをはじめ、村上虹郎さん、寛一郎さん、成海璃子さん、門脇麦さん、林遣都さん、鈴木梨央さん、山下リオさん、手塚とおるさん、PANTAさん、萩原聖人さん、小林薫さん、吉行和子さん、尾野真千子さん、西田敏行さんと豪華面々が揃いました。

原作を忠実に表現してくれており、最初からトップギアで感情移入できました。泣きどころも程よくあり、中年オヤジの自分も涙流しながら観させてみらいました。エンドロールまで込みで最高の作品です。

たくさんの方に見て欲しい作品です。とりあえず3回観てますが、やはりいいです。何度も何度も観たいと思える作品です。

山下達郎さんが好きで主題歌の「REBORN」から本作を知りました。事前に何の知識もなく見ましたが、とても良かったです。ただ、登場人物をしっかりと頭の中で整理しないと分からなくなるかもですね。ちなみに「REBORN」は本作のために書き下ろされた曲なので、歌詞を何度か読んでから映画見ると良いかもですね。

最近観た作品の中では一番面白かったです。若い時に色々経験して今があるんだと思いました。亡くなった祖母に会いたくなりましたね。

あらすじ

児童養護施設「丸光園」出身の敦也(山田涼介)、翔太(村上虹郎)、幸平(寛一郎)の三人の青年が走り抜けます。それは爽やかな失踪ではなく、ある裕福な女性起業家からカバンを奪った必死の逃走でした。逃走用の車が故障してしまい、一晩だけ身を隠せる空き屋の『ナミヤ雑貨店』に忍び込みました。

小さなロウソクを灯し一息ついたとき、店のシャッターの郵便口から1通の手紙が放り込まれてきました。差出人は「魚屋ミュージシャン」音楽関係の仕事へ進むため、大学を辞めたが芽も出ないので実家の魚屋を継ぐべきか悩んでいる。という内容で、日付は1980年でした。

そこで、彼らは「魚屋ミュージシャン」に返信の手紙を書くと、直ぐにその返信がシャッターに差し込まれました。不思議なことに、現在の2012年と1980年がナミヤ雑貨店シャッターの郵便口で繋がっていることを知ります。

そして、何人かの手紙の返信を重ねていくうちに、全ての相談者や登場人物たちが何らかの形で、この三人の出身施設「丸光園」と関係があることを知ります。

そんな中、彼らはネットで「ナミヤ雑貨店1夜限りの復活」と書かれた奇妙なページを見つけるのでしたー。

見どころ

贅沢な若手俳優をキャスティング

本作は、西田敏行さんをはじめとする、名前の通った俳優だけでも15名以上と大量の豪華キャストが勢ぞろいしたゴージャスな映画作品となっております。

そんな中で注目すべきは若手俳優の起用です。主人公の敦也役には、ジャニーズのHey! Say! JUMPのメンバーでマルチに活躍中の山田涼介さん。同年の公開作品に実写映画『鋼の錬金術師』があり、キネマ旬報ベスト・テン 新人男優賞に2作合わせてで受賞しました。

そんな敦也と一緒に行動する翔太役は俳優・村上淳さんと歌手・UAさんの長男・村上虹郎さん。同じく共に行動する幸平役にはベテラン俳優・佐藤浩市さんの息子・寛一郎さんが務めました。二人とも二世タレントではありますが、しっかりとそれぞれが持つ個性を主張した演技を披露してくれております。

他にも、物語のキーマンとなる役に林遣都さんや門脇麦さん、成海璃子さんなどが起用されており、彼らの演技にも注目です。

ラストシーンはエンドロール

本作のラストはなんと言っても、エンドロールです。

本作の主人公たちの『その後』が描かれております。これは原作にはない映画オリジナルの描写であり、原作ファンも絶賛の目頭が熱くなるサプライズ展開に注目です。

スタッフ

原作:東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
監督:廣木隆一
脚本:斉藤ひろし
音楽:Rayons
音楽プロデューサー:安井輝
主題歌:山下達郎「REBORN」

キャスト

矢口敦也:山田涼介(Hey! Say! JUMP)
児童養護施設「丸光園」の園児。翔太と幸平と行動を共にしており、三人のリーダー的存在。

小林翔太:村上虹郎
「丸光園」の園児で、冷静で客観的に物事を見れる性格。

麻生幸平:寛一郎
「丸光園」の園児で、素朴で穏やか性格であり気が弱い一面もある。

浪矢雄治:西田敏行
ナミヤ雑貨店の店主。悩み相談に答える事を生きがいにしている。

浪矢貴之:萩原聖人
雄治の息子。店の運営を心配し、雄治に同居を提案する。

浪矢芙美子:山田キヌヲ

皆月暁子:成海璃子
浪矢雄治の元恋人。児童養護施設「丸光園」の創設者。

皆月良和:PANTA(頭脳警察)
暁子の弟。姉の暁子の死後「丸光園」園長となる。

松岡克郎:林遣都
最初の相談依頼者。歌手を目指しているが芽が出ず、夢を追うか実家の魚屋を継ぐかで迷って相談する。

松岡健夫:小林薫
松岡魚屋の店主。克郎の父。

松岡加奈子:根岸季衣
克郎の母。

松岡栄美子:浅見姫香
克郎の妹。

水原セリ:門脇麦 / 鈴木梨央(少女時代)
「丸光園」の元園児。国民的歌手。

川辺みどり:菜葉菜
二番目の相談依頼者。お腹の子を産むか産まないかで迷って相談する。

田村晴美:尾野真千子
三番目の相談依頼者。「丸光園」出身で、お金を貯めて育ての親の大叔母夫婦に恩返しをしたいと相談する。

田村秀代:吉行和子
晴美の育ての親。

刈谷守:手塚とおる
現在の「丸光園」園長。

役名不明:川瀬陽太 / 蜷川みほ / 唐木ちえみ / 好井まさお / 猫田直 / 菅原大吉

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(映画)の感想

 

40代女性
40代女性

大好きな東野圭吾が原作なので、映画を見る前に先に小説を読んでいたためストーリーは知っていました。文章で読むのと、映像で見るのとはどのような違いがあるのか、イメージ通りかどうかが楽しみでした。雑貨店の店主役の西田敏行は、映画の雰囲気を奥深くさせる存在感で、まさにハマり役でした。思っていた通りの、悩みを相談したくなる店主そのものでした。また、ジャニーズのHey! Say! JUMP、山田涼介は、顔立ちが綺麗過ぎて役に合うのか少し心配でしたが、心に闇を持ってる若者ってこんな感じだろうなと思わせる自然な演技で良かったです。過去と現在、人と人とが、不思議な関係で繋がっていて、それが明らかになっていくワクワク感が面白かったです。そして、謎が徐々に明らかになっていき、全てが繋がる過程が好きです。小説を読んでいない人はもちろん、すでにストーリーを知っている人でも充分楽しめる作品だと思います。ナミヤ雑貨店で起こる不思議な出来事を頭の中で整理しながら見ました。時間があちこち交差するので、ぼーっとしていると繋がりがわからなくなりそうなストーリーですが、この映画ではとてもわかりやすく、うまく映像化されていたと思います。

20代女性
20代女性

この作品を見て、心温まるストーリーだと感じた。過去・未来と繋がるシャッターからの手紙を通して、敦也、翔太、幸平の3人の考え方の変化や心の動きに一喜一憂して見入ってしまった。人は他の人と関わることで、他人の人生や心の変化に触れ、自分の考えや人生も変化していくものなのだということを学べる作品だと思った。人との関わりを避けて過ごす人が増えているこの世の中でたくさんの人に見てほしい物語だと思った。また、この作品内で、本当にちょっとした悩みだけど、お返事を書くというような、少しでもいいから人の為になりたいという気持ちが、相手の力になったり、人生を大きく変えることに繋がるということを学び、自分の人生でも困っている人に手を差し伸べられるような人でありたいと感じた。人の為になっているのかわからない、ありがたいと思ってもらえるもかわからない、見返りのない状況で、一方的に人の為に尽くすことができるということは、簡単なことではないと思う。非常に難しく大変なことであると思う。一度、手を差し伸べてもらった人はそのありがたみを知るからこそ、手を差し伸べる側の人になれるのだと感じた。自分の周りにその様な人が増えてくれる生き方をしたい。少しずつでも手を差し伸べることができる人を尊敬するし、そういう人になりたいと思う様な映画だった。

30代女性
30代女性

ミステリーで名高い東野圭吾の小説を映画化した作品です。この作品もミステリーなのかと思いきや、人間味のある優しいファンタジーのようでした。主演のHey!Say!JP!の山田涼介さんの演技が素晴らしいです。アイドルから俳優への道筋が見えた作品なのではないかと思います。また、尾野真千子さんの演技も素晴らしいです。若い頃の演技と年齢を重ねてからの演技の演じ分けは見事です。この作品は全体的に優しい暖かさに包まれた映画です。見終わった後、自然と涙が流れ、心が洗われたような気持になりました。「人をもう少し信じてみよう」「世の中はそんなに悪くはない」と感じる作品です。アクションがあるわけでもなく、セットがものすごく豪華なわけでもなく、派手さはありませんが、見終わって数日たっても、じんわりと心に残ります。心が少し疲れている人、頑張りすぎている人に見てほしい映画です。きっと、心が安らぎ、ほっとできるはずです。「最近、泣いてないな」という人にもおすすめです。涙活になるはずです。そして、何よりも山下達郎さんの「REBORN」がとても良いです。山下さんの優しい声とゆったりとしたメロディが映画の雰囲気にとても合っています。

50代女性
50代女性

まず、東野圭吾さんの原作が、最高に素晴らしいです。映画やドラマは、あまりにも現実離れしていて、すべてがうまくいきすぎると興ざめしますが、逆に現実通りにうまくいかないことばかりだと、観てみて面白くないし気持ちがめいります。その両方をうまく取り入れて、最終的に視聴者を感動させることができる、素晴らしい内容であり、映画化ではその原作の良さが十二分に生かされています。主演の山田涼介さん、さすがだと思いました。ままならない現実に、やけになって粋がって、冷めたふりをしている、でも内面には熱い思いを抱えている青年の心情を、ちょっとした表情の変化や口調で、本当にうまく演じています。そしてなんといっても秀逸なのは、西田敏行さん。彼の存在なしでは、この映画を語ることができません。彼が画面に現れるだけで、何とも言えないほのぼのとした空気が広がり、視聴者は画面にくぎ付けになります。その存在感と与えられた役割をきっちりとこなす役者魂は、やっぱり素晴らしいと感じました。最後の最後まで、ままならない展開にヤキモキさせられますが、最終的には感動が胸いっぱいに広がり、優しい気持ちでお腹を一杯にして帰路に就くことができる、そんな映画です。ぜひ、たくさんの人にこの感動を味わってほしいですね。

 

30代女性
30代女性

劇中で流れる山下達郎さんが提供した曲はさすがでした。とても温かく綺麗な音楽で素敵でした。魚屋ミュージシャンの曲を聞いた幼いセリが歌うシーンはとても上手で感動的なのですが、大人になったセリがイメージと違い少し残念でした。あれだけ長く歌唱シーンを入れるなら本物の歌手を使ったほうがよかったと思います。しかしセリの幼少期を演じた鈴木梨央ちゃんは素晴らしい演技でした。数分間の出演にもかかわらずとても印象に残りストーリーに深みを与えていました。養護施設を舞台に過去と現代の人々が繋がるファンタジーでありながら、人々の人間ドラマが温かく描かれていて物語が自然に入ってきました。映画を見る前から西田敏行さんみたいな店主が悩み相談に答えてくれるお店があったら行ってみたいなと思っていましたが、ナミヤ雑貨店の店主役に西田敏行さんはぴったりとハマっていました。病室からお店に戻った時、ポストに次々と投函されるのを見つめる表情にグッときて涙してしまいました。昔の恋人である成海璃子さんとの年齢差を感じさせない2人の掛け合いは当時の2人が話しているような雰囲気でとても素敵でした。家族で一緒に見たい、人の繋がりを感じられる心温まる映画です。

 

40代女性
40代女性

1900年代後半、悩み相談といえば雑誌やラジオにハガキを送って、答えてもらえればラッキーというような時代だったと思います。そのような時代、ナミヤ雑貨店は小学生の可愛い悩みから大人の事情の深刻な悩みまで1つ1つ真剣に考えて、手書きで答えてくれる昭和の雑貨店。店主役の西田敏行さんの穏やかな語り口、昔ながらの商店街の風景がほっこりとさせてくれます。空き家になってしまったナミヤ雑貨店に逃げ込んできた若者3人と時空を超えて悩み相談のやりとりをする音楽家の男性、金持ちの愛人になるべきか迷う女性。雑貨店の店主とかつての恋人との関係。それぞれの事情を抱え、それぞれの物語がありますが、それらの物語1つ1つがうまくつながっていく流れが素晴らしく、ストーリーに引き込まれました。今は何か悩みがあればインターネットで不特定多数の人の意見やアドバイスを得ることができる時代。雑貨店の寂れたシャッターの隙間から手書きの封書がポトンと落ちる様子や、返答を軒先の牛乳箱の中に入れておくなど機械的ではないやりとりが人の温かみを感じさせます。誰もが悩みを抱えた時、誰かに聞いてもらいたいと思う。真剣に答えてくれる人がいることによって人生に少しでも救いが見える。誰もがナミヤ雑貨店を必要としているし、自分自身が誰かの雑貨店になれたらと考えさせられます。最後の悩み相談への店主からの返答は、若者だけでなく誰にでも通じる素晴らしい言葉です。この映画は綺麗に整理されたファンタジーです。しばらくしたらまた鑑賞しようと思います。

30代女性
30代女性

時空を超えるファンタジーでもありますが、大人でファンタジー嫌いでも、最後は感動で泣ける大作です。セットも昭和な雰囲気を醸し出し、とても見ていて懐かしく、ストーリー以外でも楽しめます。オールウェイズ三丁目の奇跡のようでした。今ではネットやスマホの進化により、なかなか手紙などを書くことが少なくなってきましたが、人と人を時空を超えてつなぎあわせる良さがこの映画にはありました。子どもでもわかりやすいストーリーで、お子さんと一緒にみても楽しめる内容です。原作を読んで映画をみましたが、映画を見る前にできれば原作をみることをおすすめします。そのほうが想像しやすく楽しめるかと思いました。また原作にないシーンがあったりしたのも、おすすめする要因です。見終わったら、なんだか心の奥底でほっと温かくなる気持ちになれます。なによりも西田敏行の演技がとてもよかったです。俳優さんとして、大御所ではありますがその存在感がこの映画にも出ていました。最初はミュージシャンを目指していたとか、よくありがちではありますが、そういうところはある程度省いてみていただけるといいです。映画だと2時間しかないので、内容の掘り下げがなかなか難しく物足りなさもありましたが、仕方ないかなと思いました。

50代女性
50代女性

「ナミヤ雑貨店」に逃げ込んだ訳アリの青年3人を中心に、時間を超越した不思議な出来事が静かに進んでいく所が面白かったです。昔店主が居た頃は、地域の子供たち等の悩み相談をしていましたが、今は空き家になっているのに、今の3人の前に投函される手紙は、青年たちにとっては過去の事の様なのに”今まさに起こっている”感じなのは、不思議で仕方ありませんでした。そしてなりゆきで”ナミヤ雑貨店からの返事”を書いてしまい、悩み相談に応じて行くのも、何か幻想的な雰囲気と深い縁の様なものも感じさせられました。その手紙の内容も様々で、一人一人の人生模様があり、彼らの返事でその質問者の人生も変化していくのも、とても興味を駆り立てられました。しかし、それがどうして今の3人に繋がっていくのか、この雑貨店に来たのも何か運命だったのか、観ていても暫くは謎でした。でも話が進んでいく内に、生きている年代も違うであろう相談者達とナミヤ雑貨店、そしてこの3人の青年たちには、ある共通点がある事が段々と分かってきて、点ばかりだった出来事たちが線となって、最後には納得のいくストーリーが待っていて、相談者それぞれがキラキラした素晴らしい人生となっているのも感動しました。

30代女性
30代女性

物語の始まりは、強盗を働いた3人の青年が、一件の古民家に逃げ込み、そこで、郵便受けに届く手紙を読んだことから、不思議な体験をして行きます。雑貨店の店主、浪矢雄治が始めた、匿名の人達の悩みに答える手紙交換は、その後、主人が年を取るまで続けます。現在は主人不在のナミヤ雑貨店にも、なぜか時空を超えて手紙が届き続けていて、その手紙の内容に、3人が思わず返事を出した事によって、何人もの人達の人生が変わっていくんです。興味本位で返事を出したら、その返事に対する返事が、すぐに返って来ることに、3人は驚き、そして、自分たちの手紙の作用で、人々の人生が大きく変わっている事にも気づきますが、その人達の歩む人生が面白いです。物語が進んでいくにつれて、手紙の差出人達の間に、とても深い繋がりが明らかになっていきます。どこで、どんな風に、誰の行動が、その人に影響を与えたのか。後半になるにつれて、意外な繋がりに驚きの連続で、どんどん物語に引き込まれます。そして、傍観者のはずだった3人にも、驚きの繋がりがあることが分かる所が、一番の見どころです。この映画のように、全ての人が、誰かしらに影響を与えながら生きているんだと、考えさせられる部分もある感動作です。涙腺の弱い人は、ハンカチを用意しての鑑賞を、おすすめします。

 

20代女性
20代女性

原作の小説が大好きだったので、実写化に少し不安がありましたが、世界観を壊すことなく再現してくれたのでとてもよかったです。山田涼介さんはイメージと違った配役でしたが、演技力でしっかりカバーしてくれたように思います。ストーリーは東野圭吾さん原作のお話なので、面白いことは間違いありません。東野さんの作品の中でも、この作品はハラハラドキドキするようなものではなく、心が温かくなるようなお話でした。色んな繋がりが一つになったときはすっきりしたし、ほっと安心することもできました。1番好きなシーンはミュージシャン志望の男性が家事に巻き込まれてしまうシーンです。林遣都さんがその男性役で、メインの3人に負けない独特の存在感をはなっていました。自分の命、そして夢を投げ打ってまで助けに行くシーンは悲しいと同時に切なくなってしまいました。しかし、その男性に助けられた女の子がしっかりと意志を受け継ぐ展開に感動し、歌のシーンは涙が出てきました。その歌声もとても素敵で心にジンと響きました。門脇麦さんがその女の子を演じていたのですが、透き通った声と歌うときの表情が本当に素敵でした。こんなストーリーを考えられる東野さんのすごさを改めて感じる作品でした。

 

まとめ

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました