メイズランナー(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

SF
この迷路を生きて出られるか……!映画『メイズ・ランナー』予告編

メイズランナー(映画)の動画フルを安全に見る方法

『メイズ・ランナー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『メイズ・ランナー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

メイズランナー(映画)の内容

映画『メイズ・ランナー』は、2014年9月にアメリカ、2015年5月に日本で公開されました。

ジェームズ・ダシュナーによるベストセラーヤングアダルト小説を原作に、本作が長編デビューとなるウェス・ボールが続編の『砂漠の迷宮』『最期の迷宮』3部作すべての監督を務めております。

本作は記憶を無くしてしまった若者たちが命をかけて巨大迷路=メイズを攻略していく様を描いており、主人公のトーマス役をディラン・オブライエンが演じました。ほかにも映画『ナルニア国物語』のウィル・ポールター、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のカヤ・スコデラリオ、ドラマ『ゲームオブスローンズ』のトーマス・ブロディ=サングスターなど、期待の若手俳優たちが出演しております。

人気作だということで満を辞して鑑賞。この後の展開が気になりすぎる…。どこからどこまでが真実なのかわからず、次回作が気になって仕方ありません!

物語が進むにつれて、登場人物たちに愛着が湧いてきました。特にミンホが魅力的です。本作は衝撃だったりワクワクを楽しむ作品なので、あらすじなども読まずに観るべき。

よくわからない場所に放り込まれれるサバイバル系が個人的には大好きでツボでした。映像の説得力もあり、大満足の一作です。

シリーズ全て観た感想として、それぞれの良さがありますが圧倒的に本作が1番面白く、魅力がいっぱいでした。

あらすじ

高い壁に囲まれた空間に送り込まれてきたトーマス(ディラン・オブライエン)は、初め自分の名前も思い出せない記憶喪失の状態でした。周囲の少年たちも同じ経験をしており、ここがどこかでさえ誰もわからない状況です。

唯一わかっているのは、高い壁の向こうには巨大迷路「メイズ」があり、その迷宮は夜になると迷路の構造を変えてしまうため、同じ道順は二度と出現しないことです。そして、この世界には月に1度だけ少年と最低限の食料や家畜などの物資が送り込まれてきます。

この迷路に隠された秘密とは?として、この世界に送り込まれてきたトーマスを含めた“ランナー”たちの運命はどうなるのか?

見どころ

シンデレラボーイ

長編デビュー作となる監督・ウェス・ボールは、3D短編映画の『RUIN』を作り上げ、ハリウッドのスタジオに売り込んだ結果、今作の監督に抜擢されるきっかけとなりました。

シリーズ3作品全ての監督を務め、10分弱の『RUIN』1本でハリウッドの壁をこじ開けました。まさにシンデレラボーイであるウェス・ボール監督の今後の活躍にも期待です!

躍動感と切迫感

四方に囲まれた隔離空間。その壁の向こうに広がる巨大迷路の中には彷徨う怪物の姿。そして毎月送り込まれてくる新たなプレイヤー。記憶喪失。そして謎が謎を呼ぶ…。2時間弱ある上映時間ですが、飽きや中だるみなど一切なく、テンポ良く駆け抜けております。

中でも爽快なのは、タイトルにある通り迷路の中をひたすら走り回る姿です。迷路の謎を解いていきながら失踪するティーンエイジャーたちの躍動感と切迫感。これに尽きる作品となっております。

そして、次回作が気になるクライマックスにも注目です!

スタッフ

原作:ジェームズ・ダシュナー「メイズ・ランナー」
監督:ウェス・ボール
脚本:T・S・ノーリン / グラント・ピアース・マイヤーズ / ノア・オッペンハイム
音楽:ジョン・パエザーノ
編集:ドン・ジマーマン

キャスト

トーマス:ディラン・オブライエン(畠中祐)
記憶をなくした正義感と好奇心が強い青年。

ギャリー:ウィル・ポールター(浪川大輔)
秩序を乱すトーマスを敵視し、脱出計画にも反対する。

テレサ:カヤ・スコデラリオ(能登麻美子)
トーマスの次に送り込まれた唯一の女性。

ニュート:トーマス・ブローディ・サングスター(山下大輝)
冷静沈着なサブリーダー。

ミンホ:キー・ホン・リー(井上剛)
俊足の持ち主で正義感が強く頼れる存在。

チャック:ブレイク・クーパー(英語版)(村瀬歩)

アルビー:アムル・アミーン(英語版)(松田健一郎)

エヴァ・ペイジ:パトリシア・クラークソン(榊原良子)
治療薬の開発をしている最高位ドクター。

『メイズ・ランナー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

メイズランナー(映画)の感想

30代女性
30代女性

いきなり高い壁に囲まれた高原に連れてこられた少年少女達が、助け合いながら出口を求める内容です。よくあるデスゲームかと思いきや、少年少女達の人間模様を描いたSFアクション映画です。独特な世界観で、特殊な単語が多く出てきますが、説明口調ではなくごく自然な会話の中で説明してくれるのですんなり頭に入ってきます。主人公共々なにも思い出せない状況で、知らない場所へ連れてこられた場面から始まるので、見ているこちらも何もわからない状態。劇中の人物達も何も分からない状態。冒頭から映画の世界に引き込まれます。その状態で謎を解明するために高い壁の向こう側「メイズ」へ踏み込み、未知の怪物に遭遇しつつも脱出を試みる主人公達に感情移入していきます。「スタンドバイミー」のような友情劇もありつつ、ハラハラする場面もあり、かなり面白い作品です。メイン級の少年たちの感情や成長過程を丁寧にかつ、簡潔に描写してくれているので推しキャラが現れるかと思います。ちなみに私の推しキャラは「ミンホ」です(笑)。それぞれのキャラクターに引き込まれ、謎にも引き込まれ、スピード感がある作品なのであっという間に見終わった感があります。シリーズ物なので「メイズ・ランナー」だけでは謎は解明されませんが、次回作も見たくなる流れで終わるのでまんまと次回作も観にいきました。コミュニティ唯一の少女も可愛いのが見どころです。

30代男性
30代男性

「メイズ・ランナー」に関しては、ストーリーが割とシンプルなのがいいと思いました。だから、誰が見ても楽しみやすい内容になっていると思います。日常で遭遇することがないような巨大な壁が存在し、それが実は迷路になっているという状況でそこからの脱出を目指すわけですが、非常に理解しやすい内容になっています。ただ、映画の中では謎とされている部分も存在し、そこを気にしながら見ることになります。例えば、そもそもこんな場所に登場人物がいる理由、何で連れてこられたのか?などは分かっておらず、見ている側にとっても謎として認識されます。だから、誰かの陰謀なのか?どんな理由が隠されているのか?などの部分を頭の片隅に置きながら見ることになり、そこも1つの面白さだと思います。また、迷路を攻略できれば脱出できるかもしれない、しかし失敗すれば命の保証はないという環境で登場人物は実際に巨大迷路を駆け抜けていくことになりますけど、そういう覚悟を決めたうえで実際に挑んでいく彼らの勇敢さという部分もみどころに感じます。こういうストーリーの映画はあまり存在しないと思うので、真新しさを感じることができ、新鮮な気分で見ることができたのではないか?と思いました。

30代男性
30代男性

映画の中で謎を解いていき真実につなげていく「ナゾトキ」系の映画では割とワクワクする設定だと思います。映画のテイストとしてはファンタジー系の話と謎解き、そしてバケモノ系の映画になっています。少しグロいシーンがあるので、グロの耐性がない方はキツイかもしれませんが、ワクワクドキドキしたい方にはオススメできる映画になっています。主人公は少年であり、登場するキャラクターは基本的には少年少女が中心です。謎の空間にいきなり放り込まれて、出口を目指していろいろと模索するというストーリーが面白く、そのなかでアクションや、サスペンス要素が加わっています。少年少女が中心とあり、出演している俳優陣も若手のまだまだ名前が通っていないルーキーアクターが出演しているのも特徴です。若々しい演技であり、演技力の低さが見える部分もありますが初々しい演技がリアルな感じを演出しています。基本的にCGを活用した映画になっており、CGの凄さを感じれる映画となっています。日本でいう進撃の巨人にも似たような雰囲気を感じ、もっと主人公たちに力がなく、どんでん返しで敵と戦っている印象が強いです。それゆえに、ハラハラドキドキがすごく映画を通して緊張感が高い映画になっています。

40代男性
40代男性

この作品を観た時に思い浮かんだのがTBSのスポーツエンターテイメント番組「サスケ」で、サスケを大規模にしたら、メイズ・ランナーの世界が出来そうな感じがしました。どこの世界での出来事か分からないようにストーリー構成されているので、登場人物たちど同じように視聴者側もメイズ・ランナーの情報が何も無い状態から観る事が出来るようにしているのは上手だなと思います。巨大迷路からの脱出という極めて単純な目的で、同じ光景が続きそうな感じですが、そのような事も無く、アクション映画としての押さえはしっかりと行われていました。近年のアクション映画は、シリーズ化を考えているせいか、無理に世界観を拡張しようとする傾向が強いですが、メイズ・ランナーは、巨大迷路からの脱出というシンプルな目的で、話を掘り下げていくスタイルが映画の良さを作り上げています。何者かが目的を持って、若者たちを巨大迷路に放り込んだようだが、実験であると気づいた彼らが迷路を脱出しようとする様は疾走感がありました。一方で、巨大迷路の世界を維持したいという者も登場します。一見、一つの目的の為に若者たちは行動しているように見えますが、派閥のようなものが出来てしまうのも現実世界に通ずると思いました。

20代女性
20代女性

友人に強くオススメされたので見てみるとことにしました。命がけで現実ではあり得ないほどの大きな迷路の謎を解いていって脱出するというストーリー設定に、まず面白そうだなと非常に惹きつけられました。タイトルの「メンズ・ランナー」は絶妙に作品のストーリーと雰囲気に合っているなと思いました。脱出するために出くわす様々な謎を、場合によって色んな方法で協力して解決していくのを見ていると、ワクワクハラハラドキドキさせられました。アクションシーンは期待以上に迫力があって、そこもまた役者陣の演技力の注目ポイントでもあるかなと思いました。ストーリーに入り込んでしまったらもう抜け出せなくなるくらいに釘付けになっていました。作品途中で飽きるということも全くなく、個人的にとてもハマった映画なのでまたこれから何度も見返したいなと思っています。この映画を見て自分も巨大迷路にチャレンジしたいなという好奇心でいっぱいになりました。フィクションものが好きな人や、ハラハラドキドキしたい人には、洋画好きなどに関わらず一度は見てほしいと思います。キャスティング・演技力・演出・音楽など全てにおいて大満足すること間違いなしな作品です。

30代男性
30代男性

結論から言って、気になるなら『メイズ・ランナー』は鑑賞の価値ありです。なるべくネタバレしないように感想を述べていきます。原作は読んでいません。三部作ですが、一作目の本作はよくできた作品であり、例え本作だけで完結していても余韻を残す良い作品になっていたのでは?と感じます。原作の人気にも頷けます。私はSF・ミステリー映画が好みですが、本作は両要素のいいとこ取りで特に展開のテンポがお気に入りです。唐突に謎から始まりますが、徐々に世界観が判明してくるところはミステリー要素もあり、SF作品のような謎ワードも興味をそそられるポイントです。タイトルのとおり、迷路を主軸に理不尽な状況・閉鎖的な空間でストーリーは展開していきますが、主人公の登場により絶望と思えるところに光明が見えていきます。この閉鎖的な空間というのがドキドキする要因かなと思います。主人公をはじめ、登場人物は個性的であり魅力的です。人数が多いかなとも思いましたが。視聴者は作中の登場人物と同じ気持ちで謎への恐怖、どうすれば抜け出せるのかを考えることになります。クライマックスは私の予想を超えており、いい意味で裏切られました。期待せずに観賞しましたが、全体的に文句なしの作品です。すぐに2と3も観賞しました。

30代女性
30代女性

『メイズ・ランナー』は、アメリカの小説家ジェームズ・ダシュナーが2009年に発表した小説をもとに作成された2014年公開のアメリカ映画です。元々原作が3部作なので、映画も3まであります。主人公のディラン・オブライエンさんがトーマス役を演じています。とにかく足が早く俊敏で、頭の回転が早く、リスクを犯してでも仲間を守るというスタンスの持ち主です。ギャリー役のウィル・パールターさんはナルニア国物語第三章アスラン王と魔法の島にユースチス・スクラブ役で出演していた俳優さんです。ギャリーはトーマスとは正反対でとにかく変化が辛いです。一人の命より全員の命、さらにはルールが一番大事と思っている青年です。ギャリーはメイズに送られて来て3年になります。ニュート役のトーマス・ブロディ=サングスターさんはラブ・アクチュアリーでサムを演じていた子役出身の俳優さんです。ニュートはどちらかというと大人しくてみんなの調整役をする副リーダーの位置付けです。月に一度物資と一緒に新人が送られて来て、巨大迷路の前の広場で共同生活を送っています。全員男ばかりで、記憶がないまま生活しており、数日すると名前だけを思い出します。そんな中、「彼女で最後だ」というメモと共にカヤ・スコデラリオさん演じるテレサという女の子が仲間に加わります。みんな興味津々ですが、何故かトーマスの名前を知っていたのでした。どうしてここへ子供たちが送り込まれるのか、迷路の中にいるものはなんなのか、誰がなんのためにこんなことをしているのか。ハラハラドキドキ、サスペンススリラー作品です。

20代男性
20代男性

三部作ということもあり、メイズランナー1は謎で始まり新しい謎で終わるような作品で非常に楽しめました。自分の名前以外思い出せない中で知らない土地で目覚め、その場所は巨大な壁に囲まれていて、さらには自分含め若者の男しかいない。そんな空間から物語は始まるので、最初は違う惑星やらなにやらSF系の作品かと思っていたのですが、物語が進んでいくに連れてその謎が解決したかと思えばまた新しい謎が生まれる。そんな感覚の連続でずっと緊張感が走ったまま楽しめました。変にご都合主義の感じではなく、二時間で何冊分もの小説を読んだかのように面白く、キャラクター一人一人も個性をしっかり描いていて、感情移入せずに見ることはできませんでした。壁の中で目覚め、その壁は時間になると開き、夜になると閉まる。そして壁の中は迷路のようになっていて時間内に戻ってこれないともう帰っては来れない。そんな謎だらけの状況で力強く生活している青年たちを応援したくもなるし、そこから脱しようともがいている青年たちを見て、自分に重ね合わせ、自分もいろいろもがきながら頑張らなければと思わせてくれました。どんな状況にある人も共感できる部分があると思うので、ぜひ物語の魅力に触れてみてください。

30代男性
30代男性

私はメイズ・ランナーを観て、2点の感情を抱きました。1点目は本作品のストーリーは今までになかったストーリーだと思いました。迷路をテーマにした映画は今までになこなかなかったと思います。本作品は何故、迷路をテーマにしたのか。映画を観ながら考えさせられました。生き残る為には、迷路を脱出し迷路の本当の意図を解く。どこか、人生と重ならところがあると思います。人生も迷路の連続だと思います。迷い彷徨いながら、人生も歩んでいると私は思います。そして、人生にも必ず人の助けが必要です。決して自分1人だけで生きていくことはできません。本作品でも迷路を脱出する為には人の協力が必要不可欠です。しかし、人生でも本作品のように皆んなが皆んな助けてくれて、一緒の気持ちになって行動してくれるとは限ります。必ず自分の事しか考えず、時には裏切りといったかたちで行動する人もいます。私は本作品を見ながら、ストーリーが人生と似ているなと感じました。2点目はキーパーソンに女性が登場した事です。なぜ、女性をキーパーソンに持ってきたのか。これも1点目で述べたようにやはり人生と似ているなと思いました。世の中、男性だけでは生命がたたれてしまうので。本作品は全体を通して人生を考えさせられた映画でした。

 

まとめ

『メイズ・ランナー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました