古都(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画「古都」予告編

古都(映画)の動画フルを安全に見る方法

『古都』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『古都』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

古都(映画)の内容

映画『古都』は、2016年12月に公開されました。

原作は、大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人・川端 康成さんの同名長編小説です。原作小説は国内よりも海外での評価が高く、ノーベル文学賞の受賞対象作にもなった作品です。

監督は、ドラマ『おっさんずラブ』をはじめCMやMVなど、マルチに活躍している映画監督・Yuki Saitoさんが務めました。

本作は、先祖代々の呉服店を継ぐ千重子とその家族、そして林業を営む双子の妹・苗子とその家族、伝統を担う二組の母娘の人生が交差していく姿を描いており、千重子と苗子の双子を松雪泰子さんが一人二役で演じ、千重子の娘・舞役を橋本愛さん、苗子の娘・結衣役を成海璃子さんが演じました。ほかにも、蒼れいなさん、蒼あんなさん、葉山奨之さん、栗塚旭さん、迫田孝也さん、伊原剛志さん、奥田瑛二さんなどが出演しております。

会社の上司に薦められたので鑑賞しました。正直、タイプは合わないと思っていた上司でしたが、観て良かった!勧めていただいてありがとうございます!と、感謝しかありません。京都美に尽きる作品で、結衣(成海璃子)を苗子(松雪泰子)が抱きしめて言った、あの名セリフはシンプルに泣きました。

橋本愛さんの日本舞踊を舞う姿が、とても凛としていて美しかったです。また、本作の問題となっている日本文化に関しては、一部の人が守るのではなく、住む場所関係なく、日本人一人ひとりが守っていけるようにしていかないといけないなと思いました。

ひたすら美しい女性たちと、美しい京都弁を観れました。中でも橋本愛さんはひと際、輝いていましたね。最近、度々お目にかかる女優さんなので、これからの活躍にも期待したいです。

カメラワーク、京都やパリの風景の切り取り方、人物の配置が上手くて画が凄く綺麗でした。エンディングの糸がこれしかないってくらいに物語とマッチしていて、最後まで楽しませてもらいました。

あらすじ

京都室町に先祖代々続く佐田呉服店を継いで20年。同じ暮らしを守り続けてきた千重子(松雪泰子)でしたが、職人が一人で廃業の報告にやってくるなど、周囲は変わりつつありました。

千恵子には一人娘・舞(橋本愛)がおり、変わりゆく時代の中で、娘にこの店を継がせてることによって、責任を背負わせていいものか葛藤しておりました。同じように、就職活動中の舞も「店を継ぐべきなのか」自分は本当は何をしたいのかを見つけられずにいました。

一方、京都のはずれの北山杉の里で夫と林業を営んでいる苗子(松雪泰子/二役)という女性がいました。彼女は千恵子と生き別れになった双子の妹だったのです。苗子にも一人娘・結衣(成海璃子)がおり、絵画を勉強するためにパリへと留学していました。しかし、彼女もまた何を描きたいのかを見失ってしまい、悩める毎日を過ごしていました。

それを感じ取った苗子は娘の結衣に会う為にパリ行きを決意します。また、舞もパリで開催される日本文化の催しイベントに参加するためパリへと向かいます。

母から娘へ受け継がれる伝統。今、京都の伝統に生きる二組の母娘の人生が初めて交差します…。

見どころ

日本映画の伝統を継承する俳優

過去に2作品の映画化された本作。1963年に初の実写映画化された際の主演を岩下志麻さん。1980年にリメイクされた2作目の主演を山口百恵さん。そして、本作を彩るキャスト陣も日本映画の伝統を継承する俳優陣が演じてくれております。

主演である千重子・苗子の一人二役を松雪泰子さん。とにかく驚かされたのは、二人を演じ分けているのですが、見た目や化粧が凄く違っているわけではないですが、しっかりと二人それぞれが存在しているように感じられる演技です。また、成海璃子さんと歩くシーンでは、お母さんというよりも、お姉さんに見えてしまうなど、彼女の美貌にも驚かされます。

そんな千重子の娘・舞を演じるのは日本映画会のニュージェネレーション世代で、一際目立つアジアンビューティーな橋本愛さん。苗子の娘・結衣を演じるのはキリッとした太い眉毛が印象的で、先日一般男性との結婚を発表し幸せいっぱいな成海璃子さん。

Saito監督がイメージしていた通りであり、私も鑑賞後にはこの三人しかないと断言できるほど見事なキャスティングでした。

古都の良さが伝わる

「千年の都」と呼ばれてる京都。今も残る古き良き京都が、本作でたくさん登場します。

八坂神社、北山杉、妙心寺、嵐山渡月橋、青蓮院門跡、南禅寺水路閣、菩提の滝など、京都の名所が数々登場するほか、千恵子が住んでいる家を、京都市有形文化財の長江家住宅で撮影するなど、外国人だけでなく日本人にとっても嬉しい風景が、そこには映し出されております。

スタッフ

原作:川端康成「古都」
監督:Yuki Saito
音楽:堤裕介
撮影監督:豊田実
編集:洲﨑千恵子
エンディング曲:新山詩織「糸」

キャスト

佐田千重子:松雪泰子 / 蒼れいな(回想時)
京都室町に先祖代々続く佐田呉服店の女将。娘に跡を継いで欲しいと願っている。

佐田舞:橋本愛
就職活動中の千重子の一人娘。自分自身が本当は何をしたいのか見つけらないでいる。

中田苗子:松雪泰子 / 蒼あんな(回想時)
千重子と生き別れになった双子の妹。京都のはずれで夫と林業を営んでいる。

中田結衣:成海璃子
苗子の一人娘。絵画を勉強するためにパリに留学していたが、本当は何を描きたいのか見失い悩む日々を送っている。

佐田竜助:伊原剛志
佐田に婿養子に入り伝統を守り続け、舞に対しては助言をする父。

佐田太吉郎:奥田瑛二
千重子の父を演じ、舞に慕われる祖父。

中田正:迫田孝也
苗子の旦那で、ともに林業を営んでいる。

水木真太郎:葉山奨之
舞の父の実家である水木家の跡取り。

水木:栗塚旭
竜助の父。

『古都』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

古都(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

舞台が京都だからか、登場人物のしぐさや立ち振る舞いから風景描写に至るまで、作品全体に”上品さ”が漂っていました。呉服屋の娘として生まれ、家業を継ぐか、就職するか迷う舞の心情に共感できました。特に就職面接でのシーンは、将来これといってやりたいこともなく、どうしていいか迷う舞の心を見透かすような面接官の鋭い質問に戸惑う舞の複雑な気持ちが、彼女の表情によく表れていると感じました。一方、舞とは正反対で、家業を継ぐことが当たり前だと思ってきた母・千恵子の生き方には”保守的”という言葉がすぐさま思い浮かびました。娘のことを思ってした行動であり、娘を心配する気持ちはよくわかりますが、親ならもう少し娘のことを信じて自由にしてあげればいいのに、と、千恵子の行動に少しやきもきさせられました。伝統を守りたい母と、外へと飛び出したい娘。どちらにも譲れない力強い”自我”を感じました。そんな二人の間に父・竜助がいてくれて本当によかったとしみじみ思いました。舞と千恵子が一歩進めたのも竜助のおかげで、改めて竜助の存在感の大きさを感じました。また、ラストの方でお互いの母が舞と結衣に託したものが共通していることから、生き別れても双子はやはりどこかで心が通じ合ってるんだなと、神秘的な運命を感じました。

30代男性
30代男性

私は古都を観て、3点の感情を抱きました。先ず1点目は舞台を京都にしたことです。京都といえば、日本ならではの文化があり、古き良き時代を象徴している町の1つだと思います。その、京都で伝統を守る家族のストーリー。日本ならではのストーリーに日本人として、京都がどういった存在なのか。京都をどう守っていくのか。考えさせられる作品でした。2点目は守る伝統を着物に焦点を当てたです。京都は日本ならでは町。着物は古くからの日本の伝統だと思います。京都いえば着物だと私は思います。しかし、現代では着物を着る人は少なく、たいていは年配の方が着物を着ており、そのイメージしかありません。現代、あまり需要のない着物をどのように守っていくのか。守った先に何があるのか。何の為に守るのか。日本の古き良き時代の伝統を日本人がどのように考えているのか。伝統についても考えさせられる作品です。3点目は京都の他にパリを撮影の場所に選び焦点を当てたことです。京都とパリは正反対の町だと思います。あえて、正反対の町に焦点を当てることで、京都の良さと、逆に京都の悪さが浮かび上がっていたと思います。舞台に京都の正反対のパリを選んだ本作品に演出の上手さを感じました。

 

30代男性
30代男性

京都・室町で代々続いてきた呉服問屋を夫・竜助とともに切り盛りする、ヒロイン・佐田千重子の佇まいは凛としていて迷いがありません。時代の流れとともに若者の着物離れや職人の後継者不足が深刻となり、同業者が次から次へと廃業へ追い込まれている厳しい現状も垣間見えました。千重子の娘・舞も家業を継ぐのはいまいち気が進まず、かと言って就職活動にも身が入らないのがほろ苦いですね。そんな千重子にとっては双子の片割れに当たる、中田苗子のいま現在の日常が平行して映し出されています。住まいは京都の市街地から北西部へと離れた北山杉、職業は林業、娘の結衣はアーティストを目指してパリに留学中。顔は同じでもまるっきり正反対の人生を送ってきたふたりの女性を、1人2役こなしている松雪泰子の名演は必見です。離れ離れになった千重子と苗子を辛うじて繋ぎ止めている、1本の帯に描かれている模様にも注目してください。京都の伝統的な四季折々のお祭りや自然の風景に、時おり異国・パリの街並みが挿入されているのも見応えがありますよ。両者の美しいコントラストを存分に味わいつつ、困難に晒されながらも自分の生き方を貫き通す女性たちの強かさに励まされるでしょう。

 

まとめ

『古都』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました