鬼滅の刃テレビ放送見逃し無料動画アニメ1期全話(1話から26話まで)イッキ見

アニメ動画
TVアニメ「鬼滅の刃」第1弾PV 2019年4月放送開始

鬼滅の刃アニメ1期の動画フルを安全に見る方法

『鬼滅の刃』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『鬼滅の刃』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

映画公開記念!アニメ「鬼滅の刃」地上波ゴールデンで初放送

鬼滅の刃とは

週刊少年ジャンプで連載され、2020年12月に最終巻となる23巻の発売が決定しており、1~22巻のコミック累計発行部数が1億部を突破するなど社会現象になった漫画『鬼滅の刃』。最終話を迎えても人気は衰えることを知らず、大手コンビニチェーンをはじめとするコラボ商品が続々と発売され続けております。

そんな大人気漫画を原作にし、2019年4月から9月まで全26話で放送されたテレビアニメーション作品の最終話で、2020年に続編となる映画公開の告知がありました。そこから徐々に情報が解禁されていき、公開日が2020年10月16日と告知されたのは、2020年4月のことでした。

【劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 予告編第1弾】

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 予告編第1弾 2020年10月16日(金)公開

この動画の凄いところは、1600万を超える再生回数だけでなく、低評価5千弱に対して46倍以上の高評価23万超。多くの方が期待していることが一目でわかりますね。

そんな期待されている劇場版公開前の2020年10月10日(土)に、主人公の竈門炭治郎が鬼を退治する“鬼殺隊”に入隊するまでの様を描く『兄妹の絆』編。公開日の翌日2020年10月17日(土)にファンの間で“神回”と呼ばれている話も含む『那田蜘蛛山編』をフジテレビの土曜プレミアムで21時から一挙放送となります。

土曜プレミアム『鬼滅の刃』

 

第一夜 <兄妹の絆>

2020年10月10日(土)21時~23時10分まで、アニメ『鬼滅の刃』の第1話~第5話で構成された物語<兄妹の絆>編が放送されます。

大正時代の日本を舞台に、炭を売る心優しい少年・竈門炭治郎が、鬼によって大切な家族を全員殺されてしまいます。しかし、唯一生き残っていた妹の禰豆子でしたが、彼女も凶暴な鬼に変異してしまいました。大切な唯一の家族である禰豆子を人間へと元に戻す方法を探しに旅に出るところから物語が始まります。

実はこの<兄妹の絆>編は、アニメが放送される前の2019年3月29日より2週間限定で全国11の劇場で特別上映された作品です。

まだ『鬼滅の刃』を見たことがない方は、まずは初めの10分だけ観てみてください。人間模様、鮮やかなCGグラフィック、愛すべき登場人物。絶対にハマってしまうこと間違いなしです!

第二夜 <那田蜘蛛山編>

2020年10月17日(土)21時~23時50分まで、アニメ『鬼滅の刃』の第15話~第21話で構成された物語<那田蜘蛛山編>が放送されます。

無事、鬼殺隊へ入隊した炭治郎が同期で仲間の我妻善逸と嘴平伊之助と共に、那田蜘蛛山での戦いの応援を命じられます。だが、那田蜘蛛山で蜘蛛の能力を使った鬼の一家を前に絶滅寸前。圧倒的な強さを誇る鬼と対峙するも、どんどんと追い詰められていき命の危険に見舞われる。炭治郎たちは無事、このミッションを完遂することができるのか…?

こちらでは兄・炭治郎と妹・禰豆子の兄妹が力を合わせて戦う、二人の絆が見られる『鬼滅の刃』にとっても重要なシーンがあります。また、土曜プレミアム限定で特別編集版として放送されるそうなので見逃し厳禁です!

ですが見逃してしまった方でも、原作者・吾峠呼世晴さんが「作画、演出、音楽すべてがすごすぎて作者もボロ泣きしました」と、コメントを寄せるほどの内容となっているアニメ版をU-NEXTで無料鑑賞しましょう!

U-NEXTならアニメ1期の全話(1話から26話まで)が無料でイッキ見できますよ!

『鬼滅の刃』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の情報

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 本予告 2020年10月16日(金)公開

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編では、胸アツシーンが多すぎるため、少しでもネタバレしてしまうと、アニメ版のみ見て原作を読まないファンから怒られてしまいそうですし、何も知らない方はご自身の目で見て興奮していただきたいので、箇条書きでご紹介します!

・“鬼殺隊”において最高位に立つ剣士の一人。炎柱の『煉獄杏寿郎』の存在!
・キャラクター人気投票において、常に上位に位置する鬼の登場!
・本作の製作陣、声優陣はアニメ作品から続投で制作!

この3つが注目ポイントとなっており、笑いはもちろん涙なしでは見られない傑作になっていることは間違いありません。

また、第1期のアニメ版からの続きとなっておりますが、劇場版だけ見ても話がわかるようにはなっているかと思います。が、アニメ版を全て見てから劇場版を見た方が楽しめるのは言うまでもないので、まずはアニメ版から是非!

今更になって漫画を読んでいます。めっちゃ読みやすくてビックリ。まだ全巻読んでないですが、劇場版めちゃくちゃ楽しみ!公開日が決まっていますが、凄い人が集まりそうで初日に行けるかが不安…それだけ…。

劇場版は絶対に初日に見に行く!その日は、ハンカチとティッシュを多めに持参して、アイメイク控えめでいきます(笑)原作を二回読んで二回とも泣いたし、今でも思い出すだけで泣けるんだもの…

息子の影響でハマってしまい、圧巻の映像に渡しの心が揺さぶられました。今では息子よりも詳しくなってしまいましたが、これからも最後まで突っ走っていってほしいですね。劇場版もアニメ第2期も楽しみ。

鬼滅の中だけにとどまらず、全てのアニメ・漫画作品を含めても煉獄さんが最高にカッコ良くて、一番好きなので凄く楽しみ。アニメで登場しただけでも十分嬉しかったし、声優の日野聡さんがイメージ通りすぎて完璧!それがスクリーンで見られるなんて興奮しない方が無理でしょ!週1回は見に行きたいって思ってます!

そして、劇場版限定の入場者特典の「煉獄零巻」は絶対に何が何でも手に入れます!

「鬼滅の刃」アニメ第2期の可能性

アニメ第1期が終わったタイミングで続編である『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の告知がありました。なので、劇場版の終わりにアニメ第2期の公開告知を期待せずにはいられませんね!

原作は最終話を迎え、時間がかかっても良いので最高の形で映像化していただき、最後までしっかりと炭治郎や禰豆子たちの活躍を見せてもらいたいです!

主題歌はLiSA

アニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマとなった「紅蓮華」はLiSAさん自身最大のヒット曲となり、テレビアニメバージョンとオリジナルバージョンとでは歌詞の一部が異なるなど話題となり、今でも多くの方に聞かれている名曲となっております。
※個人的にはアニメバージョンの歌詞の方が好きです。

そんなLiSAさんが劇場版の主題歌も担当しております。タイトルは「炎(ほむら)」。無限列車編において、重要キャラである煉獄杏寿郎の炎からきています。

劇場版に主題歌が合いすぎて鳥肌が立ちます。「紅蓮華」同様の大ヒットが間違いない「炎」にも注目です!

 

鬼滅の刃アニメ1期の内容

アニメ『鬼滅の刃』は、2019年4月より放送されました。

原作は、週刊少年ジャンプにて2016年から2020年まで掲載された、吾峠呼世晴さんの同名漫画作品となっております。元々大人気作品でしたが、本作の公開前から終了後で750万部もの発行部数を伸ばしております。その後も、人気が衰えることはなく、最終的に約8か月ほどの間で2000万部を超える記録的数字を叩き出しました。

監督は、スタジオダブ出身の外崎 春雄さんが、シリーズ構成は数多くのFate作品も手掛けたきたアニメ制作会社・ufotable(ユーフォーテーブル)が務めております。本作を見始めた人が最初に驚くのは、圧倒的な自然美の表現です。まるで実写のような雪景色が鮮明に描かれています。是非、ご自身の目でご覧ください。

全26話全ての質が非常に高いアニメ作品です。無論、1話目を見てからハマってしまいました。
贔屓目なしで、アニメ史上に語り継がれる名作だと個人的には思ってます。

美麗で繊細で迫力もある作画は、さすがufotableだと思いました。魅せられています。
背景もリアルで、雪景色なんてホンモノかと思ってしまえるほどです。全体を通して、単なるバトル漫画ではなく、兄妹や仲間たちの絆もしっかり描かれていて、最後まで楽しく見れました。

素晴らしいクオリティ!作画や主題歌ももちろん良いと思いましたが、僕はBGMで流れている「少し民謡めいた低めの造語歌」がすごく合っていたと思います。

原作ファンですが、ここまでファンが歓喜できるほどのアニメ作品は出会ったことないです!しっかり最後まで描いて欲しいアニメ作品です。映画が楽しみ!

あらすじ

時は大正。竈門炭治郎は山で家族とともに幸せな暮らしをしておりました。ある日、炭治郎は山を下りて村に出掛けます。村でも人気者の炭治郎は人々にさまざまなお願いをされるも、快く引き受けておりました。帰りが遅くなり急いで帰ろうとするも、ある村人に「鬼が出るから今日は泊っていきなさい」と、強く忠告され、家族が心配ですが渋々了承して早めに眠りにつきます。

翌朝、家に帰ると家族は血だらけで絶命していました。唯一、生き残っていた妹・禰豆子を背負って山を下ります。すると、禰豆子は鬼になってしまっており。突然唸り声をあげて炭治郎に襲いかかってきました。そこへ、偶然通りかかった剣士・冨岡義勇に助けられます。義勇は鬼になってしまった禰豆子を退治しようとするも、お互いがお互いを助け合おうとする『兄妹の絆』を感じ、剣を納めます。

義勇は炭治郎に、禰豆子を人間に戻す方法を探るために、鬼を退治することを導きます。ここから、炭治郎と禰豆子の壮絶な冒険が始まるのでした。

見どころ

オープニングが見事

本作のオープニング曲を担当しているのは、武道館でワンマンライブも行うアニソン界の女王・LiSAさんの『紅蓮華』です。なんでも、一部の歌詞をアニメ用に変えているそうです。

確認すると、サビで「ありがとう 悲しみよ」を「何度でも 立ち上がれ」に変更されておりました。LiSAさんは、絶望の淵にたたされた炭治郎の物語で、悲しみにありがとう。と言わせるのは酷だから。と語っていました。主題歌はアニメを盛り上げる要素の一つです。しっかりと本作のことを熟知していたLiSAさんだからこそ出来た対応ですね!

また、歌詞だけでなく映像部分では、鬼殺隊の幹部級である柱たちがシルエットになっているのですが、物語に登場するごとにシルエットが取れていくのです。こういった細やかな演出も注目してください!

続編は映画へ

アニメ1期は、主人公の炭治郎たちが列車に乗りこみ、その車両の中には鬼殺隊炎柱・煉獄杏寿郎と、列車の天井部に下弦の壱の鬼・魘夢が映し出されて終わりました。

2020年10月16日に劇場公開予定の『鬼滅の刃 無限列車編』へと繋がっているのです。もちろん、劇場版なので単品で観ても楽しめる作りにはなっているかと思いますが、絶対にアニメ1期を視聴してから鑑賞するのをオススメします。

映画『鬼滅の刃 無限列車編』は、原作でも非常に人気の高い物語なので、10月まで期待しながらアニメを何度も見返しましょう!

スタッフ

原作:吾峠 呼世晴「鬼滅の刃」
監督:外崎 春雄
脚本:ufotable(ユーフォーテーブル)
キャラクターデザイン:松島 晃
音楽:梶浦 由記 / 椎名 豪

キャスト

主要人物

竈門炭治郎:花江夏樹 / 佐藤聡美(幼少期)
家族思いの長男。一晩家を不在にした際、鬼の始祖である無惨に禰豆子意外の家族を殺されてしまう。しかし、生き残った禰豆子も鬼化してしまっており、妹を人間に戻すため無惨を探す旅に出る。

竈門禰豆子:鬼頭明里
炭治郎の妹。炭治郎の不在時に無惨に襲撃を受けるも一命を取り留める。しかし、傷口から無惨の血が混入したことにより鬼化してしまうが、普通の鬼には見せない人間らしい一面を見せる。

炭治郎と同期の剣士

我妻善逸:下野紘声優
臆病者で後ろ向きな性格の少年。恐怖やプレッシャーが高まると気絶してしまいますが、それにより半覚醒状態となり本来の強さを発揮できる。

嘴平伊之助:松岡禎丞
猪に育てられた少年で、性格は猪突猛進。いつもは猪の被り物をしているが、脱ぐと女性のように整ったキレイな顔立ちをしている。

栗花落カナヲ:上田麗奈
鬼殺隊の幹部級のことを柱と呼ぶ。その中の一人である蟲柱・胡蝶しのぶに才覚を認められ「継子」となった少女。

不死川玄弥:岡本信彦
風柱・不死川実弥の弟。モヒカンがトレードマークの少年。悲しい過去を持っている一人で、鬼殺隊にとって無二の能力を持っている。

鬼殺隊

産屋敷耀哉:森川智之
鬼殺隊第97代当主。隊員から厚い信頼を得ており、隊員たちのことを子供たちと呼んでいる。

産屋敷輝利哉:悠木碧
産屋敷夫妻の五つ子のうち、唯一の男児で後継ぎ。父同様に病弱。

産屋敷ひなき:花守ゆみり
産屋敷にちか:小澤亜李
産屋敷くいな:役者不明
産屋敷かなた:井澤詩織
産屋敷夫妻の五つ子の白髪の子供たち。全員が女児で、「ひなき」と「にちか」は耀哉の世話をし、「くいな」と「かなた」は輝利哉の補佐をする。

冨岡義勇:櫻井孝宏
水の呼吸を使用する水柱。炭治郎と禰豆子が最初に出会った鬼殺隊で、妹を助ける手段として鬼殺隊の訓練を受けるように勧めた人物。

胡蝶しのぶ:早見沙織
蟲の呼吸を使用する蟲柱。

煉獄杏寿郎:日野聡
炎の呼吸を使用する炎柱。

宇髄天元:小西克幸
音の呼吸を使用する音柱。

甘露寺蜜璃:花澤香菜
恋の呼吸を使用する恋柱。

時透無一郎:河西健吾
霞の呼吸を使用する霞柱。

悲鳴嶼行冥:杉田智和
岩の呼吸を使用する岩柱。

伊黒小芭内:鈴村健一
蛇の呼吸を使用する蛇柱。

不死川実弥:関智一
風の呼吸を使用する風柱。

胡蝶 カナエ:茅野愛衣
鬼に殺されてしまった、しのぶの姉で鬼殺隊の隊士。

村田:宮田幸季
神崎アオイ:江原裕理
後藤:古川慎
鬼殺隊士。

鬼殺隊関係者

鱗滝左近次:大塚芳忠
天狗の面をつけた元水柱。前線から退き、現在は鬼殺隊員候補を育てる育手をしており、炭治郎を鬼殺隊員まで成長させた。

桑島慈悟郎:千葉繁
鱗滝と並ぶ元柱の育手。善逸を育て「じいちゃん」と呼ばれるほど慕われている。

鋼鐵塚蛍:浪川大輔
鬼殺隊の刀鍛冶でひょっとこのお面をしている。

鉄穴森鋼蔵:竹本英史
鬼殺隊の刀鍛冶で鋼鐵塚の数少ない理解者。

寺内きよ:山下七海
中原すみ:真野あゆみ
高田なほ:桑原由気
蝶屋敷で働く少女たち。

鎹鴉:高木渉 / 檜山修之
鬼殺隊本部との連絡に使われるカラス。

天王寺松衛門:山﨑たくみ
炭治郎についている鎹烏。

チュン太郎:石見舞菜香
善逸についている鎹雀(かすがいすずめ)。

親族関係者

竈門炭十郎:三木眞一郎
炭治郎と禰豆子の父。病弱で物語の開始前には死去している。

竈門葵枝:桑島法子
竈門竹雄:大地葉
竈門茂:本渡楓
竈門六太:古賀葵
竈門花子:小原好美
葵枝は炭治郎たちの母。他は弟や妹で無惨に殺されてしまう。

嘴平琴葉:能登麻美子
伊之助の実母。

その他の人物

錆兎:梶裕貴
真菰:加隈亜衣
炭治郎の兄弟子(錆兎)と姉弟子(真菰)。鱗滝に内緒で炭治郎に訓練を施した人物。血縁関係はない。

珠世:坂本真綾
鬼舞辻一派と敵対し、追われる立場にある女性の医者。

愈史郎:山下大輝
珠世の手によって助けられ、珠世に心酔している少年。

鬼舞辻無惨:関俊彦
鬼の始祖たる男。自らの血を分け与えることによって、人間を鬼に変えられる唯一の存在。

魘夢:平川大輔
下弦の壱。人の断末魔など苦しむ姿を好む鬼。

累:内山昂輝
下弦の伍。家族に憧れており、配下に両親と兄姉を演じさせて、那田蜘蛛山に住んでいる。

轆轤:楠大典
病葉:保志総一朗
零余子:植田佳奈
釜鵺:KENN
下弦の鬼たち。

蜘蛛の鬼(父):稲田徹
蜘蛛の鬼(母):小清水亜美
蜘蛛の鬼(兄):森久保祥太郎
蜘蛛の鬼(姉):白石涼子
累の力に恐怖を怯えて、偽りの家族として那田蜘蛛山に住んでいる。

お堂の鬼:緑川光
炭治郎が初めて出会った鬼。

手鬼:子安武人
鱗滝に捕まり、ある場所に封じられている。

沼の鬼:木村良平
三身一体で行動する鬼。

矢琶羽:福山潤
無惨の命令で、朱紗丸とともに炭治郎らを襲う。

朱紗丸:小松未可子
無惨直属の配下で、矢琶羽と行動をする。

響凱:諏訪部順一
元・十二鬼月の下弦の陸。鼓を使って攻撃をする鬼。

『鬼滅の刃』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

鬼滅の刃アニメ1期の感想

20代女性
20代女性

私も,この鬼滅の刃を知人からすごく推されて見ました。炭治郎が,家族の為に山を降りて町に仕事へしに行っている間に,鬼に襲われてしまい,兄弟の1人,禰豆子が鬼になってしまいます。この時点で,なんで炭治郎は,山へ戻らず帰り道におじさんのお家で泊まってしまったか…と思いました。鬼になったとは知らない禰豆子を炭治郎は,息があると町まで連れていくんですが,その途中,鬼を滅殺する組織の鬼滅隊の1人,富岡さんに会います。最初は,禰豆子が殺されてしまうとヒヤヒヤしていました。が,冷たい人に見えて,実は心優しい人で,鬼滅の刃のキャラでは私の推しキャラの1人です。この後も冨岡さんは,出てくるんですが,炭治郎と禰豆子を助けてくれます。しかも,鬼滅隊という組織の中でも,すごく強い人なんです。その後,炭治郎は冨岡さんの指示の元,鍛錬をつけてくれる人に鍛錬をしてもらい,鬼殺隊に入ることができます。任務が始まり,色んな鬼と会っていくんですが,元々は皆人間なので,悲しい気持ちや悔しい気持ちを持った人が多く,倒される時にはその記憶が蘇るシーンがあります。そこが,とても考えさせられてしまいます。鬼だからと全部悪い訳じゃなく,本当はいい人である事。ただ,悔しさ悲しさから間違いをおかしてしまった事。鬼ではなく,私達にも日常から持ち合わせている面なのではないかと思ってしまいました。もちろん,キャラもカッコイイ人,綺麗な人が出てきます。炭治郎が鬼と戦っていく上でのそれぞれの鬼のエピソードが,私個人としては,考えさせられるのでとてもオススメするシーンです。

 

30代女性
30代女性

鬼に家族を奪われた主人公がたくましく生きていく様が見ていて泣けます。妹のねずこを思う兄の気持ちが美しくて、早く人間に戻してあげてと願わずにはいれません。鬼滅の刃のアニメは、映像がとにかく綺麗!CGなの?と思う場面も多々あり、雪の中のシーンなど、冷たい氷に触れられそうにすら見えました。だからこそ、主人公の辛さが伝わってきます。炭治郎の努力家なところもまた素晴らしいです。上手くいかなくてもめげない。失敗を成功に変えていこうとする力が感じられます。それはまるで歴史で大きな偉業を成し遂げてきた偉人のようにすら見えるのです。炭治郎を見ていると、すぐにめげてしまう自分に喝をいれることができます。そして、この物語は子どもたちにもぜひ見せたい!と思います。鬼の部分の怖さはややショッキングすぎるので、ある程度年齢がいかないとまずいかもしれませんが…。ただ、鬼というのも日本には昔からある存在。現実世界に鬼がいたら、また、本当は鬼なのに人間のフリをして暮らしている鬼がいたら…。そう考えると身震いします。物語に惹き込まれ、努力することの大切さを学べる作品。それが、鬼滅の刃だと笑は思います。ドキドキしながらもう一回頭から見返したいです。

20代女性
20代女性

爆発的な人気で至る所で名前を聞くアニメだったので、どんなものかと思い軽い気持ちで見始めました。結果、ものすごいハマり、今では大ファンになってしまいました。まず、見始めて最初に思ったのは映像がものすごく綺麗だなあということです。バトルシーンのような動きが早い場面も鮮明に描かれていて、見入ってしまいました。そして、キャラクター一人ひとり個性があり、特徴的な見た目をしているので見ていて飽きなかったです。アニメによっては登場人物全員同じ顔で髪型のみ違う、なんてこともあるのですが、このアニメはそんなことはなく、しかもキャラクターごとにしっかりと背景(過去)のエピソードがあり話に薄っぺらさを感じなかったです。敵である鬼の過去の話のときは、敵なのに同情してしまい、ただ単に悪い役なだけではないストーリーにとても惹きつけられました。鬼の話もそうですが、 禰豆子が美少女なのに血を見てよだれを垂らしたり、伊之助が普段は猪やのに実は美少女みたいな顔だとか、善逸が普段はビビリなのに実はめっちゃ強いとか、あらゆるところに意外性やギャップが散りばめられており、新しさを感じてとても楽しむことができました。アニメでは話の途中で終了となったので、2期が楽しみすぎて待ちきれません。

 

20代女性
20代女性

アニメの『鬼滅の刃』はとにかく映像がすばらしいです。とても質の高いアニメ作品だと思いました。ストーリーはもちろんおもしろいのですが、アニメだから表現できる実際のバトルシーンなどがすごかったです。刀のバトルシーンはこの作品でとても重要な部分です。刀と刀が当たった時に火花がちったりするのですが、それがしっかり見えて、音も本当に当たっているように聞こえました。とてもうまく表現されていて感動しました。鬼との戦いのシーンも迫力があって、鬼の怖さ、迫力、しっかりと描写されていました。鬼が人間を食べるシーンも、見ていてつらいですが、しっかりと表現されていました。かなり現実感のあるアニメだと鬼が人間を殺しているシーンを見て思いました。しかし、鬼にも悲しいところがあって、本当は優しい人間だった記憶があって、悲しく感じました。もともと人を殺したくはなかったというのが、よくわかります。優しかった女の子が鬼になって、人を襲って、最後は死ぬシーンは記憶に残りました。このアニメで登場する女の子はかわいい子ばかりです。とても優しく、目が大きくて、好きになる人も多いと思います。笑顔もかわいくて、強い子ばかりで、読者が女性でも好きになるようなキャラクターがたくさんいます。そこは少年漫画でありながらも、女性にも人気が出た理由だと思いました。

20代女性
20代女性

ufotableが持つ映像技術の良さが十分に発揮された作品です。迫力のある音楽の使い方もそうですが、第一話の炭治郎が町から家へ戻るシーンなどの静寂の表現の仕方が好きです。また、映像も鬼滅の刃独特の型を使ったエフェクトも違和感なく映像として落とし込まれていて、作品の良さを後押しするひとつと言えます。背景描写も細かくて、鼓を使う鬼の描写は立体感があって戦闘にみごたえがありました。映像としても楽しめる鬼滅の刃ですが、登場人物やストーリーがすごいからこそ世間から一層愛される作品になったと思います。ストーリーですが、鬼になってしまった妹を救うために鬼滅隊に入ることから始まります。最近の主人公は周囲に対して何か能力がずば抜けているからこそすごいともてはやされるキャラクターが多いですが、炭治郎は長男であることと彼の持つ優しさがキャラクターとして形成されて物語を進めていくのでとても愛着が持てます。「長男だから」と自分に言い聞かせて自らを鼓舞するその姿に、長男ってそんなにすごかっただろうか?と素で考えてしまうほどでした。鬼は悪いものであることに変わりませんが、一つのキャラクターとして描かれる鬼たちにはそれぞれの過去があり一概に悪い奴と決めつけられるものでもありません。それを理解したうえで鬼に対してもやさしさで接することができる炭治郎はとても好感のもてる主人公であり、アニメの続きをもっと観たいと思わせてくれます。

30代女性
30代女性

出てくる登場人物がみんな個性的で面白くて見はじめてすぐに好きになりました。また主人公はとても優しくて鬼になってしまった人間を倒すときに鬼にまで同情したり、誰からも好かれるあたたかさと純粋できれいな心の持ち主で好感をもてました。主人公や仲間たちが修行をして強くなってさらに強い敵に立ち向かっていくのも楽しかったです。また主人公の妹のねずこの見た目もかわいいし兄妹の絆もかんじてよかったです。あと個人的に一番好きなキャラは冨岡さんというカシラの一人です。冨岡さんはとても強くてかっこよくて、ちょっとズレててでも優しくてクールで素敵です。私も夫も5歳の息子もハマりました。全体的にギャグも多く絵もおもしろくなるので息子も大笑いしてました。ママ友はギャグが多すぎてちょっと、、といってましたが、私も夫もそのギャグも良かったです。また敵の鬼が鬼になった過程が悲しいけど、いくら辛い状況でも悪いことはしていけない、良心に負けないで犯罪をおこしたりしないと現代社会に訴えかけているようにも感じました。また舞台が昔の日本が描からてるのもなんか落ち着いて良いし、胡蝶しのぶやたまおさんが出てくるシーンも綺麗で好きです。主人公等のこれからの成長も楽しみです。

 

20代女性
20代女性

主人公が人間として素晴らしい価値観を持っています。今までの少年マンガの主人公よりも、人に対する配慮が出来るタイプだと思います。また、人間の醜い部分を「鬼」という敵を通して描かれています。主人公の正しさと優しさに共感するのは勿論ですが、ライバルの鬼にも共感出来てしまうという心が揺さぶられるストーリーです。どのキャラクターにも違った背景がある事が、必ず分かるようになっているので、誰が悪いとは言い切れないのです。そこに考えさせられます。また、物語の進むスピードが速いので、飽きる事なく視聴可能だと思います。見始めてから見終わるまでがあっという間です。そして、漫画よりもキャラクターの判別がしやすいと思います。カラーなので、誰が誰だか分からなくなったりしないのがアニメとしての最重要ポイントです。また、漫画では判別不明だった部分が映像として動く事によって理解出来た場面が私には結構あるので、原作ファンからしてもアニメ版はおすすめ出来ます。視聴者も沢山いますし、こちらを観れば色々な人との会話のネタになるのではないでしょうか。他の少年漫画原作のアニメよりも、短いので見やすいと思います。ぜひ一度目を通して頂きたい作品です。

 

20代男性
20代男性

先ずはオープニングの紅蓮華がかなりかっこいいです。画像のモーションが目まぐるしく動き鬼滅の刃の躍動感を表現しています。炭次郎が水の呼吸を繰り出すところで、サビに入るのですが、これがまたたまらなく好きです。そして、本編ではこちらもまた作画が素晴らしいです。剣に水のオーラが敵の鬼を切り倒します。これを扱うの炭次郎、名はやはり水の呼吸です。大抵の鬼はこれにより殲滅させられます。回を増すごとに強くなる鬼、同時に炭次郎も回を重ねるごとに強くなりました。炭次郎が強くなるたびに、水の呼吸の型が上がっていきます。水の呼吸の型が上がるごとに水のモーションが次々と進化していくのが面白いと感じています。また炭次郎の戦う背景もかっこいいです。妹の禰津子を鬼にされて、家族を無惨に殺されてしまします。そんなわけで禰津子を意地でも守りつつ、人間に戻すと、誓うのでした。その意思の強さから格上相手でも噛みつき倒していくのでした。そのガッツが大変かっこいいと感じています。しかしそんな炭次郎に12鬼月の累が立ちはだかりました。今までとは格が違う強さを感じて、大変絶望しました。炭次郎も一矢報いたものの、万事休すになります。そこで現れた富岡がまたかっこよかった記憶があります。

30代女性
30代女性

鬼の血を浴びることで鬼になり、人を喰らうようになるのんて、最初はその設定が怖いと感じて何故そんなに人気なのか分かりませんでした。しかしあまりの人気ぶりに気になってしまい、初めて見てから楽しさや人気の理由がわかってハマってしまいました。まず絵が可愛いので、どのキャラクターも魅力的で思わずグッズを揃えたくなります。そして炭治郎の前向きさやひたむきさにとても感動させられます。強い主人公はありがちですが、ここまで優しい主人公は初めて見ました。炭治郎を見ていると、優しさと強さは紙一重なのだなと改めて感じられます。大切な妹を守り人間に戻すために、自分を犠牲にして努力する姿は感動的で涙が出そうになりました。ここまで人のためにできる強い人はなかなかいないと思います。人を食べるシーンや血が出るシーンはあまり子供に見せたくないと思いますが、それ以上に努力することの大切さやかっこよさが学べます。そんなところが年代問わず人気の理由の一つかなと思います。鬼一人一人にもそうなった背景があり、それもまた切なかったりで憎めません。どのキャラクターも個性があって愛すべき存在に思えます。大切なことも教えてくれるアニメだと思います。

 

40代女性
40代女性

マンガは読んでるけど、アニメは見なくてもいいかな?なんて思っている人がいたら、もったいないから今すぐ見ることをおすすめします。アニメを見た人すべてが最初に受ける印象は「絵がキレイ」ということだと思います。ちゃんと原作マンガにそったデザインのキャラクターがテレビ画面で大暴れしてくれます。それに加えて、キャラクターにバッチリはまっている「声」も魅力的。炭治郎の心の声がとめどなく続くところは思わずクスっとしていまいますし、善逸の泣き声や叫び声は本当にうるさいです。烏やスズメの声も鬼滅の世界観にしっかりはまっています。特に戦闘シーンは必見!マンガではなんとなくしかわからなかったキャラクターの動きや技の演出、どれをとっても「カッコいい!」とワクワクさせてくれます。炭治郎の水の呼吸、日輪刀の流れるような技のエフェクトが素晴らしいと思います。ただ原作もそうですが、ちょっと怖いシーンも原作通りに描かれているので、スプラッタな表現が苦手な人はそこだけ目をつむりましょう。そして次に注目してほしいのは「色」の表現です。キャラの魅力を満喫するにはキャラごとに持つ「色」も欠かせません。マンガは白黒なので読者が自分で色を補完するしかありませんが、アニメになるとこのキャラクターはこんなに鮮やかな色なんだなとびっくりしますよ。マンガとアニメを両方見ることで、さらに深く鬼滅の刃の世界観を楽しめます。

50代男性
50代男性

大人気の鬼滅の刃についての感想です。舞台は大正時代の日本での話。当時鬼がはびこっていました。主人公の炭治郎とその家族はその鬼に殺され、妹 禰豆子は鬼にされてしました。妹 禰豆子を人へ戻すため、そして家族のカタキを取るため、鬼との戦いを決め、挑むます。炭治郎と禰豆子の愛情、そのことを描いた話です。今の時代を考えて、明治でなく大正という時代を背景にするのは、視聴(読者)層を考えるとおもしろい設定だと思います。なんとなくミステリアスです。炭治郎の家族を皆殺しにした憎き鬼は、わかる分りやすい悪の設定です。敵が鬼であることと、ともに炭治郎が、鬼退治をするわけは、鬼にされてしまった妹 禰豆子を人間に戻すためという明瞭なお話でわかりやすいです。しいていうと、炭治郎と同期の二人、善逸、伊之助が多少野暮ったいです。マンガだと音声はありませんが、音声効果を考えるとアニメでは仕方ないところですか。鬼が人を食うという残酷な描写があり、もし実写であればR指定になるのではと思います。描写がかわいいので、そのことについては帳消しにしているのかなと思います。怖いモノ見たさがこのアニメの人気のどころなのでしょう。このあたりは賛否が分かれるところだと思います。ただ、アニメならではのBGMの効果はさすがだと感じました。そして全体に、アニメの描写が可愛すぎます。最後は涙が止まりませんでした。

 

20代男性
20代男性

社会現象を引き起こしたほどの人気をもつ週刊少年ジャンプの漫画が原作で、ufo tableが制作を担当したことからも非常に高いクオリティとなったアニメ版です。毎回作画が非常に丁寧で、まるで毎回OVAのようなクオリティが担保されています。そして、キャスト陣も非常に豪華であり、大きくアニメファンを惹きつける要因となりました。ここまでの要素を持って、メディアミックスやマーケット展開も非常に巧みで、より多くの人に広がる契機を生み出しました。主題歌のLISAの楽曲も国内外を通してのヒットソングとなり、さらなる人気の向上に貢献したイメージがあります。ストーリー展開としても、原作を丁寧に映し出しており、変な改変もなく、安心して見ていくことが可能となっている出来栄えです。演出もかなり凝っており、原作をそのままアニメを映し出すかのようなクオリティの高さになっていて、手に汗握ります。人気絶頂のなか、原作が終了したことから、アニメ版の注目度はさらに高まっています。劇場版の公開も決定しており、未だに人気が衰えることがありません。今話題になっていて見始める人もいると思うので、ぜひ楽しんで見進めていってほしいです。安心安定の高クオリティアニメとなっています。

20代男性
20代男性

知人の紹介によりアニメを観てどハマりしました。普段からアニメなどにあまり興味がないのですが、1話だけ観てみようと思い、観てみると2話、3話と止まらず。。。他のアニメと違って先の読めない展開にドキドキしてしまいます。主人公の純粋さ、周りのキャラの濃ゆさ、やたらとリアルな人間味に飲み込まれ、観ていて飽きないストーリー性があります。とてもテンポが良くワクワクドキドキが続く展開に思わず声が出る場面も多々あります。また、他の登場人物達の設定もしっかりしており、一人一人のキャラに対して感情移入してしまうような感覚になります。他とは全く違うあらすじで、手に汗握る戦いの場面、爆笑の日常、感情を揺さぶられる読めないストーリー性。初めてと言っていいほど心からどハマりするアニメだ!と思いました。また、なんと言っても敵として出てくる鬼たちの完成度の高さが異常で、それぞれ違うスタイルの戦い方、生い立ちがあり、鬼にそんな過去があったのか。と思わず涙してしまう場面もあります。メインキャラだけでなく、敵として出てくる鬼たちさえもこんなに印象に残せるストーリーや見せ方にとても感動しました。全体の構成や、ワクワクドキドキと視聴者の心を揺さぶる話の流れ、登場人物一人一人に込めた生い立ちや感情。どれをとってもこんなに引き込まれる物はないと思いました。ちょっとした笑いと涙が必ず訪れるこのストーリーに世界中が引き込まれると思います。

 

40代男性
40代男性

あまり漫画を見る方ではありませんが、子供たちがハマっているところを見ていてそんなに面白いのかなと思ってみ出したのがきっかけです。ストーリーがしっかりしていて、先が見たくなる展開、魅力あふれるキャラクターやその一人一人のストーリー設定がとても素晴らしく、これは大人が見ても面白い漫画だなと思いました。それぞれの主人公たちの成長、敵として出てくる鬼たちの悲しい過去、謎が多い世界観、すごくのめり込んでしまいました。子供たちはそれぞれ好きなキャラクターがいるようで、時任無一郎が好きな次男はクリスマスプレゼントに剣をサンタさんにお願いしていました。それ見た長女がたんじろうの剣を欲しがるという連鎖が家族内に起こっています。テレビでしかまだ見てなくて、漫画を買ったことはないのですが、早く続きがテレビでやらないかなと待ち遠しいです。最近ではコンビニエンスストアや回転すしなどでもさまざまなコラボが行われているのを見るとますます流行り出すだろうなと思います。自分が小さい頃に流行ったドラゴンボールや北斗の拳などいまでも人気がある昔の漫画がありますが、鬼滅の刃もそんなロングセラーになる漫画になるだろうなと思います。

 

40代男性
40代男性

タイトル通り鬼を倒しながら旅を続けるわけですが、ただの鬼退治物語と違い、何故これほどに人気があるかの理由があります。単純な悪者が存在しないのです。鬼は瞬間的には悪者ですが、それぞれの鬼のストーリーにフォーカスが当たります。つまり、鬼が鬼にならなければならなかった理由を紹介しているのです。そこには各鬼が通ってきた悲しい、辛いストーリーがあります。そしてそのストーリーを見終わった時に、倒される鬼に対して同情や、助けたいと思うような感情がやってきます。このような見方をするアニメは初だと思います。
次に鬼を倒す鬼殺隊というスペシャルな集団があり、そこには特定の能力が求められ、選ばれた能力の持ち主だけが慣れます。そしてその中でもさらにズバ抜けた強さを持つ者だけが慣れる柱の存在があります。鬼も鬼殺隊もピラミッド式の組織になっており、どこか憧れるような見方ができますし、また見た目や性格、技を含め、個々が全く違うために、お気に入りの存在を選んで、友人と「自分が推す存在」を競い合うような楽しみ方が出来ます。これはアイドルを応援するファンと似たような感覚だと思います。技の描き方も名前が格好良く、それぞれの属性に合わせたものも見応えありという部分です。最後にメインにフォーカスされるキャラクターたちは初め弱いものの、訓練とともに徐々に覚醒していき、初めに少し見下している柱たちが少しずず驚きと共に認め、助け合っていく様子は大人も子供も心を熱くして楽しむことができます。

20代男性
20代男性

鬼滅の刃は戦い系のアニメが好きな人にオススメです。普通の戦いアニメと違い家族愛を感じる事が出来るストーリーになっているので感動もあります。家族の為に鬼と戦っていく主人公の姿から勇気を貰えます。アニメに登場する技はかっこいい技が多くて一度見れば技の真似をしたくなる事間違いなしです。登場人物も個性があり誰かのファンになってしまう事間違いなしだと思います。火や水などそれぞれに特性があって一人一人変わった楽しみ方が出来ます。このアニメでは敵となる鬼にも鬼なりの心や人間だった時の記憶があり、回想シーンなどで同情や共感できる内容もあって面白味がありました。強くなる目的や努力の大切さをこのアニメでは学ぶ事ができてこれまでのアニメにはない良さが沢山あるのだと思います。鬼にされてしまった妹を人間に戻す為に奮闘する主人公の行方がドキドキ満載で面白いです。主人公の仲間達はユーモアのあるキャラクターが多く登場するので時にたくましい場面を、時に笑える場面と様々な表情が見られて見所満載です。仲間と共に成長していく姿が素敵で友達を大切にしたり家族を想ったり生きていく上で大切な事が何なのかを考えさせられるアニメで素晴らしいと思います。

30代女性
30代女性

こんな名作何でもっと早く見なかったんだろう…!1話を見終えた時点でそう思いました。私はこのアニメの主題歌にもなっている紅蓮華を歌っているLiSAさんが元々好きで主題歌になっていることは知ってはいましたがアニメから遠ざかっていたのもあり、ようやく今年のお正月に鬼滅の刃をAmazon Primeの配信で見始めたのがきっかけです。まず第一印象として絵がとてつもなく綺麗。そして1話から主人公の炭治郎の家族愛、優しさが溢れ出ていて、そこに突然の衝撃が来る。1話丸々見入っていました、その後も見続けていくと、初めは「少し怖いアニメ」という印象が強かったのですが、善逸の登場によりなんだかコミカルなシーンも増えたように感じます。そのバランスがまた良いし子どもから人気なのも納得しました。さらに、「アニメから遠ざかっていた」と話した私ですが、2012年頃までは姉の影響で様々な声優さんも覚えて、声ですぐわかるほどになっていました。そんな私がアニメを見ていると「あれ、何か聞いたことあるような…?」と思い、キャストを見てみると豪華にも程がある声優さんがずらりと並び、しかもすぐに死んでしまうような鬼にも起用されていて衝撃を受けました。なので昔からアニメをよく見る方は初めはあえて声優さんを知らない状態で見るとその衝撃も楽しめるかと思います。アニメを最後まで見た私は何回も見直し、結局コミックスも購入するほどはまってしまいました。とても人気が出ていてあえて見ない方もいるのかと思いますが、これは人気が出るわけだ、と絶対納得できるはずなので見てみることを強くおすすめします。

30代男性
30代男性

物語は初めの禰豆子が鬼になる所から蝶屋敷の修行編までで7巻分までの話が1シーズンでした。話の展開、テンポは比較的ゆっくりで丁寧に物語が描かれている印象です。今回のシーズンで盛り上がる所が蜘蛛山編で個人的には蜘蛛の糸に操られた鬼殺隊の残忍なシーンや善逸の覚醒する所がインパクトに残りました。主人公 炭治郎の声優は花江夏樹さんで正義感のある男の子らしい声を熱演されていて炭治郎らしさがでてピッタリです。禰豆子はコミカルなシーンもアニメで再現されていて漫画より可愛さがアップしています。禰豆子ファンの方にはそのシーンに癒されると思います。アニメの特徴として背景のビジュアルが良くて日本の和を基調としたとても美しい描画になっています。さらにその壁紙が公式からダウンロードできるので、これからのオンライ飲み会などにも話題作りとして使えると思います。ちなみに劇場版から今年の10月に無限列車編が公開される予定なのでそれまで楽しみに待っておこうと思います。ただし、コロナの影響もあるので延期の可能性もあるそうです。視聴する方法として個人的にはU-NEXTがおすすめで今まで使った事が無い方は1ヶ月無料で視聴出来るため手軽に見る事が出来ます。

 

10代男性
10代男性

作画、声優ともに素晴らしくて、思わず引き込まれてしまいました。漫画では、表現できない臨場感を、BGMで引き立てていた。また、技が繰り出されるところは時間の逃れが少し遅くなって、細かく技を表現していた部分がかなり良かった。また、戦闘シーンもかなりこだわっていて、刀を降る仕草などが繊細に描かれていました。ストーリー性もかなり良くて、敵側の鬼にも、スポットライトを当ててあげるところが、今までの漫画アニメにもあまりない表現方法なので思わず引き込まれてしまいました。特に、最後の累との戦いでは、義勇さんに首を切られて、累の回想シーンになり、人間の時の記憶が呼び起こされ、鬼も完全なる悪というキャラクターで固めていないというところが、良かった、また、鬼にも階級を与えていることで、次はどんな鬼と戦うのかと高揚した。キャラクター設定もしっかりしており、一人一人のキャラクターの個性が際立っており、自分のお気に入りのキャラクターができるようにしている点も面白いと思った。アニメが進むにつれてキャラクターの過去が明かされていき、何かを背負って鬼と戦っているという過去があるので感情輸入してしまって、なおさら面白いと思いました。

 

20代女性
20代女性

「優しい心」「思いやり」「強い正義感」で感動したい方にはとってもおすすめの作品です。ジャンプ漫画がここまで女性ウケしたのは、主人公・炭次郎も所属することになる鬼殺隊のキャラクターそれぞれにも抱える背景があり、そして他のアニメには珍しく悪役である鬼たちにもとても悲劇的な、また守りたいものあっての闘いがあるため、すごく切ない気持ちになり、応援したくなるのが理由かと思います。出てくるキャラクター1人ずつに個性があるので、アニメを観た人、それぞれが応援したくなるキャラクターが絶対にいると思います。特に鬼滅の刃の中では「家族」が常にテーマとしてあり、各家族にいろんな背景があることを闘いをしていく中で知っていけるのは本当に面白いポイントです。そしてアニメでは主人公の鬼殺隊への入隊まで、そしてその後の闘い模様、成長を描かれており、応援したい気持ちがより高まります。また要所要所でギャグが詰め込まれているので、すっごく切ない悲しいストーリーなのに笑えてしまうのが鬼滅の良いところです。柱たちが登場するシーンはシリアスでドキドキしつつも、笑ってしまうような心の声が漏れていて、ニヤニヤ楽しみながら見れます。漫画見なくても大丈夫、とにかく絶対に観てほしい名作です。

 

まとめ

『鬼滅の刃』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました