るろうに剣心(アニメ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

アニメ動画

るろうに剣心(アニメ)の動画フルを安全に見る方法

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

るろうに剣心(アニメ)の内容

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』は、 1996年1月から1998年9月まで放送されました。

原作は、週刊少年ジャンプにてシリーズ累計発行部数は7,200万部以上の大ヒットを記録している、和月 伸宏さんの漫画になります。さらに、俳優の佐藤 健さん主演の実写映画も125億円を突破する大ヒット作です。

監督は、テレビ・劇場版のアニメ作品だけでなく、ゲームのムービー監督などでも活躍している古橋 一浩さん。彼は、劇場版を除く全作品の担当をしております。

本作は、原作をベースにしておりますが、ギャグシーンのカットや、アレンジが加えられたエピソードなどもあります。また、放送中のアニメが原作に追いついてしまうので、63話以降はオリジナルのシナリオとして放送されました。

 

アニメで漫画の魅力が消されるどころか増幅している作品。明治維新前後のイメージが分かる秀作だと思います。

10歳になる息子が、急にハマッて見るようになりました。アニメも実写版も大好きでセリフまで暗記するぐらい見てましたが、私も同じくらいの年齢の時にハマってたので、親子だなと思いました。今、一緒に見ても、懐かしくて楽しく見れる作品です。

ストーリー展開がテンポ良くて、2日かかりましたが、一気見しちゃいました。また見直したいなとも思える作品です。アニメならではの演出も良くて、思わず泣けるシーンも多々ありました。

私にとって、るろうに剣心は人生を変えてくれた作品です!アニメを見て面白かったので漫画を全巻買いました。その後、幕末大好きな歴女になりました(笑)キャラクター1人ひとりのセリフが私の心に染み渡る名作です!

当時リアルタイムで放送を見ていた方だったら、二重の極みや縮地などの技だったり、友達とセリフを真似しあったなどの思い出があるかと思います。どの時代で見返しても、素晴らしい作品ですね。

また、原作を読んだことある人や、実写映画のるろうに剣心(1~3部まで)を見ている方は、63話以降の原作にはないオリジナルストーリーだけ見るのも、良いかと思います。

あらすじ

幕末に恐れられていた最強にして伝説の剣客「人斬り抜刀斎」がいました。彼は新時代である明治の幕開けとともに、姿を消しました。

時は経ち、明治11年。かつて「人斬り抜刀斎」と呼ばれていた緋村 剣心は人を斬ることを禁じ「不殺(ころさず)」を誓っていました。そして、流浪人として全国を旅をしておりましたが、東京の下町で出会った神谷 薫の元で居候することになります。

幕末、動乱の時代を生き抜いた宿敵達との戦いを通じて、贖罪の答えと新たな時代での生き方を模索していきます。

見どころ

原作者も納得の作品

作者である和月さんは基本的にアニメには関与していないそうです。当初は演出の悪さなどを単行本の付録部分に不満を記載しておりました。

ですが、逆にアニメに触発された部分もり、原作の京都編エピローグ部分はアニメの1カットが元になっているそうです。また、ストーリーが進むにつれ「かなり良く、安心して見られる」との発言も見られ、31話の剣心と薫の別れのシーンは特に高く評価しています!

音楽

やはりオープニング曲では、JUDY AND MARYの「そばかす」。エンディング曲ではSIAM SHADEの「1/3の純情な感情」が有名ですね。残念なことに2組とも解散してしまっておりますが、今でもカラオケのアニソン定番曲として名を連ねております。

しかし、個人的に一番の名曲は川本 真琴さん自身最大のヒット曲である「1/2」です。本作の有名度を挙げた要因でもある主題歌は必見です。

スタッフ

原作:和月 伸宏「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」
監督:古橋 一浩
音楽:朝倉 紀行

キャスト

緋村 剣心:涼風 真世
かつて最強の人斬りとして名を馳せた『人斬り抜刀斎』。今は心優しい流浪人。

神谷 薫:藤谷 美紀
神谷活心流道場の師範代で、剣心のことを想う、人情味のある女性。

明神 弥彦:富永 み〜な
神谷活心流の門下生。生意気だが、人一倍正義感の強い青年。

相楽 左之助:上田 祐司
元赤報隊隊士にして、元喧嘩屋。豪快で単純な性格の熱血漢。

高荷 恵:土井 美加
強気な性格の女性。ですが、根は優しく困った人を助ける名医。

巻町 操:櫻井 智
幕府の命によって諜報活動をする隠密御庭番衆の先代御頭の孫娘。

斎藤 一(藤田 五郎):鈴置 洋孝
元・新撰組三番隊長。「悪・即・斬」の信念をもとに正義を貫く。

 

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

るろうに剣心(アニメ)の感想

 

30代女性
30代女性

原作漫画を読んでから見た人にとっては、まず主人公緋村剣心の声に違和感を覚える人が多いかもしれませんが、何故かだんだん馴染んできて安心感を覚えるようになるので不思議です。アニメ版のるろうに剣心の見どころで一番おススメなのは、定期的に新しくなるオープニング曲やエンディング曲の曲と映像のシンクロ率です。当時るろうに剣心で曲が使用されると必ず売れるといった流れがありました。それに寄与していたのがまさに映像のクオリティの高さだったと思います。そこがどんどん高められる中、ある時映像の点滅などで体調不良になったというニュースが世間で問題になりました。その結果、映像表現の面で規制がかかるような流れになり、途中からオープニング映像の表現が変更になったタイミングもありました。緑色が目に一番やさしいとのことで、オープニング映像がずっと緑色だったなんて時期もあったほどです。そういった点でもオープニング・エンディングの映像の変化にも注目して頂けると時代の変化が感じられるかもしれません。また、アニメ版るろうに剣心ではアニメオリジナルのストーリーが多くあり、その内容の深さも印象的でした。きちんと時代背景に沿った内容と登場人物だったので歴史にも通じるところがあったと思います。

40代女性
40代女性

るろうに剣心シリーズの本体ともいうべき作品です。維新が成って10年以上経った明治11年の冬から物語は始まります。ちなみに西南戦争が終わったのがこの前年、廃刀令が発効されたのも同時期になります。江戸改め帝都東京で不穏な事件が起きます。幕末の伝説の暗殺者「人斬り抜刀斎」騒動です。事実無根の汚名を被せられた神谷道場師範代、神谷薫は一人で抜刀斎を退治しようと夜の町を見回るうちに、廃刀令のご時世に太刀一振りを帯びた不審な人物を発見し木刀で殴りかかる。あっけなくやられた男は「人違いでござるよ?」小柄で華奢な赤毛の長髪を束ねた優男、実は彼こそが、幕末最強と謳われた伝説の剣客、抜刀斎こと、緋村剣心だった!改めて見ると、剣心がかわいい。いや、あざとかわいい!殺さずの誓いと逆刃刀でいざこざを解決していくのが痛快です。「おろろ?。」と道化ている時やかわいいおにぎり差し入れてくれるのがいかにも、るろうにの、剣心。しかしいったん刀を手にすれば、状況次第で抜刀斎モード。か。かっこいい。元新撰組三番隊組長、斎藤一改め警視庁抜刀隊の藤田五郎、初登場シーンは何故かコメディタッチ(土方副長の実家の薬の薬売りの変装)ドタバタとエピソードが続き、クライマックスの京都編になだれ込みます。蛍の飛び交う中での幻想的な剣心と薫の別れのシーンは泣けてきます!このシリーズでも一番美しい場面です。やはり京都編がストーリー的に纏まっていて、キャラクターも粒ぞろいですね。志々雄真実強いし、間違ったことは案外言っていないし。(礼儀正しいし。剣心より年上なのに「先輩、挨拶ぐらいしたらどうだ」)大粒のキャラクターと言えば外せない「師匠」俺様なのはともかく異様な若さ!剣心ともども飛天御剣流には不老長寿の技まであるのか?などなど見どころ満載です。実写も良い出来でしたがこちらも捨てがたい名作です。

20代男性
20代男性

私が原作の大ファンであり、ぜひアニメも見てみたいと思ったのがきっかけです。いうまでもなく原作は大人気のジャンプにけいさいされていた少年漫画であり、海外にも多くのファンがおり、アニメもたくさんの国で翻訳され、放送されております。まず、アニメ版の魅力としては声優のキャストがまさに登場人物たちとイメージがピッタリであり、これ以上ないくらい合っているということです。声優も有名なキャストで固められており、演技力も素晴らしく迫力に溢れています。原作のセリフに声が入っているとやはりファンとして、とてもうれしいです。この人たち以外ではもう想像がつかないくらいいい演技をしてくれています。これはのちのシリーズでもきちんと引き続き起用されているので、スタッフからの愛を感じます。あと、90年代のアニメにしては作画が安定しており、アクションシーンも原作を超えるかのようなクオリティが維持されています。特に印象に残ったのが剣心と斎藤一の道場での戦いで、原作のシーン通り非常に緊迫感に溢れた戦いを明確に描き出しています。手に汗握るようなテンションがそのまま感じられます。BGMもかっこいいものが多く、特徴的で他番組でも使われるほどです。全体的に非常に作りのいいアニメだと今も思います。

30代女性
30代女性

歴史の幕末頃の時代や新選組に興味がある人はもちろんのこと、それらの知識がない人も楽しめます。何と言っても主人公の剣心がまさに現代の女子達の心を掴んで離さない「ロールキャベツ男子」の見本のようなキャラクターで、普段は奥手、おっちょこちょい、不器用な優男なのに、いざ戦いや身近な人を守る為となると最強の剣士となる姿は見ていてキュンキュンが止まりません。全くと言っていい程正反対のオラオラ系キャラクターの左之助との凸凹コンビが絶妙で、とても痛快です。戦闘シーンは本当に息をするのも忘れてしまうくらいの迫力とスピード感があり、過去に背負う償いと、信念が込められた逆刃刀一本で、最悪最凶とも言える相手に立ち向かっていく姿に圧倒されます。どんなに不利な状況でも、どんなに追い込まれても、大切な人の為、平和な世の為と戦い抜くシーンは感動します。メリハリのあるストーリー展開も好きで、シリアスな場面以外はほのぼのとしていて、薫との距離がなかなか縮まない、お互いの気持ちが伝わり合わない展開にもどかしさが募ります。何を考えているかわからないふわっとした存在の剣心ですが、過去に経験した己の壮絶な苦しみをずっと引きずっているのだとわかった時は本当に涙がとまりませんでした。

 

20代男性
20代男性

幕末を生き抜いた侍という設定だけで、大抵の男性はワクワクしてしまいます。その上で人斬りと呼ばれた男が、刀を逆刃に変え明治を生き抜いていく様はとても見ごたえがあります。その中で出会っていく人物も、侍がいらなくなった時代に取り残されてしまった者や、行き場所を見失い落ちぶれてしまった者が緋村剣心と出会い救われていく姿には心に響きます。中でも四乃森蒼紫との絡みは何度も涙を誘われました。明治になり侍が刀を置いていく中で、御庭番衆としての生き方ができなくなってしまった蒼紫達は、武田観柳と組み悪事を働きます。そこで剣心と出会い本来の心を取り戻そうとするのですが、観柳により般若達は殺されてしまいます。蒼紫にとって生き甲斐でもあり心の拠り所であった彼等は、蒼紫の心を闇に染めてしまいます。その時の蒼紫の表情や姿は、私にとって一生忘れられないシーンでした。他にも雪代巴と剣心の恋愛は心が温まり、そして胸が締め付けられるものがありました。手についた血の匂いを、巴が綺麗に拭き取るかのように、剣心にとって最高の女性だったといえるでしょう。あまり褒めすぎると薫が可哀想ですが、今でもあの二人の生き方には憧れてしまいます。何回見ても飽きることのない作品です。

30代男性
30代男性

剣客を題材に扱う漫画で一番好きな作品だったのでアニメ化された当時はとても嬉しかったのを今でも覚えていますが声優陣がまずまずの有名な人達で構成されているところに一種の安定感を感じられました。内容に関しては初めの頃は単発ものの話が展開されていてちょっと味気ない雰囲気がありましたがオニワバンシュウ編あたりからキャラクターの濃い適役や激しいバトルシーンがメインとなってきていてハラハラするシーンが増えてきたのがとても嬉しかったです。個人的には京都を舞台とした京都大火編がかなり大好きで十本刀なるバラエティーに富んだ適役がわんさか出てきたのはすごく印象に残っています。何人かあまりバトルしないであっさり消えてしまったキャラクターについては残念でしたが剣心のいない中での葵屋の攻防は出来すぎと思えるくらいの展開でしたが無事死人を一人も出さずに完勝する辺りが面白く作ってあるなあと感じられました。最後のアジトでの決着も主人公だけでなく脇役まで登場人物全員にしっかりと見せ場を作って展開する鮮やかさと結末についてもそれぞれの各人のその後をちゃんと描いているのがストーリー性を深く感じる興味深い描写がとても良かったです。

30代女性
30代女性

1996年に放映されていたのですね。オープニングの『そばかす』や『1/2』の歌が頭の中で自動再生されます。明治10年に生きる、幕末を経験した剣客のお話です。少年ジャンプ連載漫画のアニメ化で、原作から入った私は声優さんの声に少し違和感があったことも覚えています。原作とアニメオリジナルのストーリーが、とてもバランス良く構成されていて、どちらもとても面白くみてました。男の子は必殺技を真似していましたね。明治時代なので、市井の人はまだまだ着物姿で、でも少し異国の文化も入ってきている。そういう世界観をカラーで、アニメで見ることが出来たというのは、当時を想像し、理解することの助けになったと思います。優しくて強い、少年漫画の主人公は沢山いますが、緋村剣心もそのひとりだと思います。素直になれない年頃のヒロイン薫も憧れの女性でした。少年弥彦は同年代の男の子が感情移入しやすいキャラクターですね。相楽左之助は剣心の良き友です。薫より大人の女性、恵も凛としていて格好良かった。実在の人物として斎藤一が出てきますが、この人もまた格好良く描かれています。原作者がいかに幕末好きかも伝わってきますね。サザエさん方式で、剣心たちが過ごす東京の暮らしを、もう少し見たいと思いました。

 

20代女性
20代女性

舞台は明治の日本で実際の歴史と少しリンクする部分ものあるので歴史が好きな人(特に幕末の時代などが好きな人)はハマると思います。漫画が原作ですが、アニメは漫画よりかは戦いの場面が生々しくないので女性でも抵抗なく見れると思います。そしてアニメの方が漫画より動きが入るのでリアリティーが増すので迫力があります。戦い物が好きな人にもお勧めです。流浪にの主人公が幕末の戦いを経てもう一度自分の刀で自分の目に映る人々を救うことを目的に旅をするのですが、ヒロインをはじめ徐々に心を開くことのできる仲間に出会っていくのは王道の冒険もので個人的には好きです。原作の漫画もアニメも同じ三部作になっていますが最後の三章は漫画とアニメでは内容が違います。アニメの方がオリジナルです。ここもアニメの見どころだと思います。そしてわたしが一番おすすめするのはやはり二章の京都編です。この京都編こそこのアニメのだいご味だと私は思います。主人公が幕末の時代にともに新時代のために刀を振るいあった一人の男との戦いが繰り広げられます。正直今までに出会った敵よりもはるかに強いので戦いのシーンの迫力が違います。そして主人公含め登場人物各々の心情などが複雑に絡まりあっていたりするので、キャラ一人一人に注目して見てみるのも面白いです。話数は多いですが見始めると一気に見てしまうほどこのアニメの世界観に引き込まれると思います。

30代女性
30代女性

このアニメは、タイトルに「明治剣客浪漫譚」とあるように、明治時代を生きる一人の剣客を主人公にした話です。剣心という名前の主人公なのですが、とても強くて幕末には最強の人斬りと呼ばれた恐ろしい剣士です。けれど、明治時代に入ってからは人斬りを止め、二度と人を殺さないという誓いを立てて生きています。その誓いを守っていくのは簡単なようでとても難しく、「人を殺さない人斬り」というストーリーがとても斬新で面白いストーリーです。人の命の重さや生死について考えさせられる作品でもあり、大人が見ても興味深く楽しめるアニメだと思います。また、明治時代に実在した人物もキャラクターとして登場するので、歴史に興味がある人にはオススメのアニメです。歴史に興味が無い人であっても、かなりわかりやすく明治時代について描かれているので、歴史に興味が出てくるアニメです。「最強の人斬り」という設定はファンタジーめいた部分はあるのですが、うまく明治時代と溶け込んでいて不自然さも無いので、とても面白いです。それぞれのキャラクターも魅力的で、歴史上の人物をモチーフにしたキャラも多いです。そういった部分を探しながら観るのもとても楽しいのでオススメです。

40代男性
40代男性

この作品は、明治11年の西南戦争後の、東京の街での元剣客のその後の半生を描いた作品です。この作品の面白い点は、明治に入り侍の時代が終わった中での刀での剣客バトルシーンがリアルで迫力があるところだと思います。こういった作品は全てが作り物というのが多いのですが、『るろうに剣心』に限ってはちゃんとした歴史の背景のもと描かれているのがまた面白いとこです。私の場合、『るろうに剣心』がきっかけで幕末の歴史に興味を持ちました。特に新撰組と赤報隊です。新撰組は普通に有名ですが、赤報隊に限っては『るろうに剣心』で初めて知りました。幕末の薩長同盟の江戸への進撃の際、汚名を着せられて抹殺された隊があったのには心が痛みました。次に、戦闘シーンですが、剣術での必殺技も凄く当時真似をしました。天かける龍の閃きや九頭りゅうせん、二重の極みなど、どれも素晴らしい技で魅了されました。その刀の対決が、刀の時代が終わった頃が時代の舞台なので、その辺りのギャップも面白い点かと思います。剣客以外にも、隠密といった忍者みたいな敵も出てきたり、近代兵器であるガトリング砲を使う敵など様々なのですが、主人公は昔ながらの刀で敵を討ち果たす姿は格好いいです。

 

まとめ

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『るろうに剣心』作品

【実写映画】

【アニメ】

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました