男子高校生の日常(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ

 

映画『男子高校生の日常』予告編

男子高校生の日常の動画フルを安全に見る方法

『男子高校生の日常』

日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『男子高校生の日常』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

男子高校生の日常の内容

映画『男子高校生の日常』は、2013年10月に公開されました。

男子高校生たちの何気ない日常の笑いを描いた人気ギャグ漫画を原作に、菅田将暉吉沢亮野村周平をメインキャストとして実写映画化した作品です。

原作漫画「男子高校生の日常」は、単行本の売上が230万部を突破し、アニメも地上波放送された人気作品です。監督を務める松居大悟さんは、松田翔太さん・佐々木希さん出演の映画「アフロ田中」や、蒼井優さんの主演映画「アズミ・ハルコは行方不明」などでも知られています。また、映画監督としてだけではなく脚本家、俳優、小説家などマルチに活躍されています。

 

くだらないけど笑っちゃう。キャラクターが個性的で最高。

アニメも観てたけど、実写のほうが好きかも!松居大悟さんの作品はギャグ要素が多くて楽しい。

アニメのように本当に何もない日常ではなくて、映画では文化祭という非日常が舞台なので少し引っかかる部分はあるけど、これはこれで楽しめた。原作漫画やアニメとはまた少し違った面白さがあった

原作を見ていなくても十分面白かった。菅田将暉さんはどんな役でも演じきっていて素晴らしい俳優さんだなあと思った。あと、佐藤二郎さんは相変わらず面白い(笑)

原作がとても人気の作品ということで、全体的に原作と比較した感想が多い印象です。漫画やアニメ版を見ていなくても十分楽しめるストーリーになっています。個性的なキャストにも注目です!

あらすじ

タダクニ(菅田将暉)の部屋で、ヒデノリ(吉沢亮)ヨシタケ(野村周平)の三人で何気ない会話をしているシーンから物語は始まります。

ある日、男子校である彼らの校内に複数人の女子の姿が。今年の文化祭は女子校・男子校合同で行われることが決定し、顔合わせのためにやってきたのでした。いつもは男同士うるさくはしゃいでいるのに、女子を目の前にすると石のように固まってしまい誰一人としてまともに喋れなくなる男子たち。

その日、タダクニはりんごちゃん(岡本杏理)という女の子と階段でぶつかってしまい、その拍子に手と手が偶然触れあいます。「ごめんなさい」と目を見て言われたタダクニは、その瞬間から彼女のことが気になって仕方ありません。

後日、文化祭準備の説明会にタダクニは一人で参加します。説明会が終わり、男子生徒女子生徒がぞろぞろと教室を後にする中、りんごちゃんがタダクニの席付近までわざわざ近づいてきて、軽く会釈をして教室を後にします。彼女はタダクニのことが好きなのではないかと周りにも言われ、アタックしてみると決めたタダクニでしたが…。

見どころ

シュールでリアルな日常

大きな事件こそ起きませんが、日常の中で繰り広げられる男子高校生ならではのアホさ加減に思わず笑ってしまいます。菅田将暉さん、野村周平さん、吉沢亮さんというイケメン俳優ぞろいの豪華キャストですが、不思議と3人とも冴えないごく普通の男子高校生に見えてきてしまいます。男同士のくだらない会話にツッコミどころ満載です。

周りのキャラクターが濃い

原作に基づいた脇役たちのキャラクターにも注目です。東京03の角田さんは、実年齢とは程遠い男子高校生役を演じていますが、だんだんと違和感なく感じてきてしまうのが面白いです。仲野太賀さん、栗原類さんなど、様々なキャラクターが登場しますが、特に佐藤二郎さん演じる松村先生が最高です。

音楽

本作品の主題歌は、人気アイドルグループ・チームしゃちほこの「マジ感謝」という楽曲が使われています。劇中では、文化祭のゲストとして登場するシーンが描かれていて、実際にパフォーマンスを披露しています。

スタッフ

原作:山内泰延「男子高校生の日常」
監督:松居大悟
脚本:小峯裕之、松居大悟

キャスト

・男子生徒

菅田将暉(タダクニ)
主人公。ヨシタケ、ヒデノリといつもつるんでいて、3人の中ではつっこみ役。

野村周平(ヨシタケ)
3人の中で1番明るい性格。コンビニでレジをしているお姉さんが少し気になる。

吉沢亮(ヒデノリ)
眼鏡をかけていて真面目そうに見えるがおかしな発言が多い。謎の文学少女と仲良くなりたい。

仲野太賀(唐沢)
生徒会役員で、常に帽子をかぶっている。

角田晃広/東京03(副会長)
生徒会副会長。老け顔。明るい性格で、文化祭の準備を仕切っている。

栗原類(細野)
不思議ちゃん的な発言をする長髪の少年。

 

・女子生徒

岡本杏理(りんごちゃん)
男子との合同文化祭では実行委員として働いている。女子の中では比較的愛想のよい女の子。

山本美月(ヤナギン)
女子グループの中で1番の美人だが、口が悪くて1番男子に厳しい。リーダー的存在で、敵に回すと怖いタイプ。

白鳥久美子/たんぽぽ(文学少女)
砂浜でヒデノリと会話をするシーンが何度か出てくる。いつも本を読んでいる地味な女子。

 

・その他

佐藤二朗(村松先生)
おかしなしゃべり方をする先生

高槻彩良(タダクニの妹)
タダクニとは仲が悪く、ヨシタケやヒデノリにも厳しい態度をとる。

 

 

 

『男子高校生の日常』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

男子高校生の日常の感想

20代女性
20代女性

アニメの方にはまってから映画を見ました。アニメの方は面白い話がたくさんあったので、どのシーンが実写化されるのかとても気になっていました。タダクニが妹のスカートを履くところがちゃんと出てきたところはちゃんと出てくるのでご安心ください。文学少女とヒデノリのやり取りもちゃんと出てきます。天然キャラのミツオ君も生徒会長も出てきます。キャラクターのビジュアルはとても普通の高校生といった感じで、アニメのように派手な印象はありません。アニメのキャラと実写だとビジュアルのイメージに対するギャップが大きくてがっかりすることが多々ありますが、ヨシタケを野村周平が演じたのは見事なキャスティングだったと思います。金髪だったら正直完ぺきでした。ヒデノリもかなりはまり役でした。タダクニの不器用さ加減がだいぶシュールで時々気の毒にさえ見えてきますが、そういう部分もタダクニらしいのかなと思いました。男子校出身の男子のモテに関する切実だけれどくだらない苦労が表現されていて、頑張っている作品だなと思います。男子校だからリンゴちゃんとかどう登場するのかなと思ったら、意外にありそうなきっかけで登場するのでちょっと拍子抜けました。

50代男性
50代男性

2013年に公開された日本の映画です。山内泰延のコミックである「アフロ田中」を松居大悟監督が実写化したものです。男子高校生の冴えない3人組とそのクラスメイトたちのグダグダな学園生活を描いています。簡単なあらすじは、ダダクニにいる男子高校生と、りんごたちがいる女子高生が合同で文化祭をすることになります。その時に、男子は盛り上がるのですが、女子は意外と冷静でした。その事態に気付いていない男子高校生たちは、派手に暴走しますが、空回りしてしまいます。いくら、行動しても何も変化が起きないのです。この映画では、身近にいそうな高校生たちが出演してくれていて、親近感を持ちながら試聴できました。とくに、女子高生のシビアな行動は、いかにもありがちで興味深くみられました。この映画の男子高校生を見ていると、とても楽しそうでみているこちらも、青春時代を思い出し、楽しくみられたところがよかったです。また、期末テストや中間テストなどの様子も描かれていて、高校生活の様子が描かれていて、とても懐かしい気持ちになりました。高校生たちの女性に対する妄想シーンについても、微笑ましかったです。もっと続きが見たくなる映画に仕上がっていました。

20代女性
20代女性

私は、映画『男子高校生の日常』を見て、「男子高校生たちのやり取り」と「若手実力派俳優たちの豪華共演」が特に魅力的だと思いました。まず、男子高校生たちのやり取りについてです。この作品では、ダラダラと高校生活を送っている男子高校生たち三人が主人公となっています。彼らのやり取りは、くだらなく一見すると無駄に思えtり、独自の世界観に驚かされたりするものが多くあります。そんな男子高校生たちの何気ないやり取りが次第に心地よく面白く感じられるようになり、まったりと癒されながら観ていました。次に、若手実力派俳優たちの豪華共演です。この作品では、主人公の男子高校生三人を、菅田将暉さん、野村周平さん、吉沢亮さんという、現在数多くのドラマや映画に主演・出演し、人気を博している若手俳優三人が演じています。さらに、脇役にも山本美月さんや太賀さんなど、こちらも現在ドラマや映画で活躍中の若手俳優の方々が揃っています。このような若手俳優たちが豪華共演を果たしていることで、作品に華やかさが加わっていると感じました。さらに、それぞれがきちんと役を体現していて、俳優たち自身の魅力を活かしながらも、それぞれの役柄にも夢中になれるように演じられていたことが印象に残りました。

50代女性
50代女性

菅田将暉さんが、タダクニヲさすがの演技力でとてもいい味を出して演じていて、 素晴らしかったと思いました。女性に免疫がなさすぎてせっかく近づけたのに全然しゃべれなくて黙っているキャラが、こういう男女っているよなぁと思いました。吉沢亮さんが、イケメンでとてもカッコ良かったと思いました。野村周平さんが、ヨシタケをとても自然体で演じていて良かったと思いました。さりげない、ちょっとしたシーンが面白くて男子校ならではのあるあるネタに思いっきり笑ってしまいました。山本美月さんのギャル役が、とても良かったと思いました。東京03の角田さんが、違和感なくすごく上手く演じていて、良かったです。栗原類さんが、いい味を出して演じていて良かったと思いました。妄想の世界で生きている男子たち、超現実的な女子高生。そのギャップがすごくてとても面白かったです。男子校が近くの女子校と、合同で文化祭をやることになってドタバタするのですが、ものすごく大変な事件が起こるわけではなく、ほんとに普通の日常が繰り広げられていって、タイトルそのものだと思いました。最後に他に誰もいない静か過ぎる校舎で、3人が無駄話をするシーンは、胸にグッとくるものがありました。

20代男性
20代男性

ギャグ系のアニメが好きでその中でも「男子高校生の日常」が一番好きです。「男子高校生の日常」の実写化が決まった時は嬉しかったです。今まで観たアニメの実写映画の中で上位に入るくらいこの作品は好きです。キャストがとても豪華で驚きました。タダクニ役の菅田将暉さん、ヨシタケ役の野村周平さん、ヒデノリ役の吉沢亮さんなどとても豪華です。特に菅田将暉さんは昔から好きで、今まで観たことのない菅田将暉さんを観ることができたので嬉しかったです。アニメとは登場人物のギャップがあり、実写化の方が登場人物がかっこよかったです。高校生時代のことを思い出させてくれる内容で、友達とふざけあったり、先生に怒られたりしたことなど懐かしいことを思い出して楽しかったです。また高校生時代に戻りたいなと思わせてくれる作品です。アニメと同じく、独特のゆるいテンポ感で日常が過ぎ去っていく感じが実写でも再現されていたので面白かったです。男子高校生のしょうもなく、くだらない会話が面白くずっと笑っていました。最初から最後まで緩くテンポが良いのでとても観やすかったです。キャスト、主題歌、内容すべてが素晴らしかったです。ぜひおすすめする映画です。

40代女性
40代女性

男子高校生のおばかで可愛い日常を描いた作品、文化祭ではじけるわけでもなく本当に何にもないいつもの日々が続いていきます。でもまあ面白いかなと思います。女性の立場なので本当の実態は分かりませんが、そうだろうなあと予測で来てしまって微笑ましく思えるのです。スカートの構造とか研究しているところがいい、雑誌とかの情報だけをうのみにして盛り上がっているんでしょうね。女子が来たというだけでみょーにテンションが上がってしまう、男子校ならではのあるあるです。共学だったらそこまで女子を神化はしません。トイレをおしゃれにデコレーションしたり、自分が大好きな虫を宝物だと言って女の子にあげては悲鳴をあげられる小学校低学年のうちの男の子とレベルが変わらず男って成長しないんだなあと思えました。むしろ、もうとっくに成人してしまっている旦那にも通じるものがあります。対する女子側は山本美月ちゃん、しっかりしたザ・女子という感じで男子のお馬鹿さがしっかりと理解できています。それを可愛いなあと手のひらで転がすことなく無視したり反発してしまうところはまだまだ幼い、大人になった今だと分かります。豪華キャストで目の保養にもなります。

20代女性
20代女性

ただただシュールな映画作品でした。現在では憑依型の演技派俳優として知られる菅田将暉さんと、イケメン俳優として人気な吉沢亮さんと、個性派俳優で有名な野村周平さんが、リアルな男子高校生を演じ、馬鹿なことをしたりしなかったりするという作品になっています。隣の女子高の女子高生の視線に勘違いして勝手に照れたり、河原で知らない女の子と友達になったり、そんなことあり得ないでしょ!とは言い切れない、絶妙なリアルさが観ていて面白かったポイントです。特に、現在では国宝級イケメン俳優として人気のある吉沢亮さんが、少しオタクっぽいモサい男子高校生を演じているのが、新鮮で、あ、この人はイケメンだけど、コミカルな演技もできるんだあと吉沢亮さんの演じられる役の幅広さに感心しました。出演者はもちろん適役で、良かったですし、脚本や演出も、余計な手を加えたりせず、出演者のリアルな演技を際立たせようとするシンプルなものに徹していて、作品全体としてのまとまり、完成度が非常に高かったように感じました。主人公3人の掛け合いが非常にリアルで、自分の同級生たちもこんな感じの子たちいたなあ、と青春時代が少し懐かしく感じるような作品でした。

30代男性
30代男性

男子校での学園生活に慣れ切ってすっかり女子とのコミュニケーション能力が薄れている、冴えない高校生たちの言動に笑わされました。教室の中でも学校帰りにもいつも一緒につるんでいるトリオの延々と続くと意味のない会話にも不思議な居心地の良さを感じてしまいます。女子高校生のりんごに一目惚れをしてしまうタダクニ、コンビニのアルバイト店員のことが気になって仕方ないヨシタケ、口下手ながらも文学談義だけは達者なヒデノリ。それぞれ菅田将暉、野村周平、吉沢亮と、今では到底実現しそうにもない豪華な3人の俳優による共演を見ることができて貴重ですよね。頭の中で勝手気ままに理想の恋人像を膨らませていきますが、実際にお付き合いが始まりそうな予感はまるでありません。合同文化祭が決まってにわかに浮き足だっていく男子たちと、どこか冷めた様子の女子メンバーとのコントラストがほろ苦いです。唯一脈がありそうなのはタダクニで、ポケットの中には偶然にも拾ったままで渡せず仕舞いになっている女物のシュシュを切り札のごとく忍ばせています。文化祭当日に待ち受けているサプライズと、不器用過ぎる男子高校生の想いが成就するのか見届けてあげて下さい。

 

20代女性
20代女性

青春の恋愛要素が一切ない女子のコワーいところやこんな人いるっている人たちがたくさん登場したり、男子のくだらない会話がふんだんに盛り込まれた映画で、現実にこんな感じだったよねって小さく共感する場面が詰まった映画だと思います。東京03の芸人さんのように、高校生なのに異常に老けて見える男子や、女子がいる場面でいきなり田舎の男のかっこいい風を演じてみてコテンパンにディスられる様は笑うというより、こんな瞬間ってあったよねって感じるオンパレードです。今高校生ですって人には、こんなダサい青春を送らないための反面教師みたいな作品にしてもらえたらと、ダサい高校生活送ってきた地味目な人間には少し懐かしい作品になると思います。みんなかっこよくてかわいいはずなのに馬鹿な高校生はどこもきかざることもなく化粧っ気もなく、シンプルなところがものすごくリアルな高校生って感じがします。化粧がダサい感じも、けばい勘違いメイクもあの年齢ならよくやるよねという共感モードがたくさんありました。女子側にもタンポポの白鳥さんなどを起用して、意外とほかの高校生役となじんでいたのが不思議でした。でもよく考えたらクラスに一人あんな感じの人ってかなりいるよね。

 

30代女性
30代女性

菅田将暉さん、吉沢亮さん、野村周平さんと今を時めく若手イケメン俳優が出ているということで気になって観ましたが、この映画に奥深さを期待してはダメです。この映画はタイトルの通り男子高校生の日常をただ淡々と覗き見するような気持ちで見てください。力を抜いて見ればプッと笑える楽しい映画だと思います。冴えない男子高校生のこれまた冴えない会話や動きがリアルで笑えます。ただ唯一リアルでないのは主役の3人がイケメンすぎる事です。菅田将暉さんは今よりも冴えない感じが出ていてこういう子いるなぁという感じでしたが、吉沢亮さんはメガネをかけていてもその奥の美しい顔立ちが目立っていました。あれだけ美しい顔立ちなら女子は気づくはずです。ただこれが本当に冴えない俳優さんだと本当に高校生の冴えない日常を見ているだけなので映画としてはやはりイケメン3人を使って正解だと思いました。個人的にはりんご役の岡本杏里さんが良かったです。原作のアニメとは全然違うという意見も多いようですが、原作を見ていないものとして力を抜いてみればなかなか楽しめました。女子はちょっと怖すぎたけど、大人になった今見れば男子高校生ってアホで可愛いなぁと思える映画です。

 

まとめ

『男子高校生の日常』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

野村周平のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • BRIDGE はじまりは1995.1.17 神戸 プロローグドラマ 『ひと目、あなたに。』
  • 純平、考え直せ
  • WALKING MAN
  • 僕の初恋をキミに捧ぐ
  • BRIDGE はじまりは1995.1.17 神戸 ディレクターズカット版
  • 台風のノルダ
  • ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち

山本美月のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

佐藤二朗のU-NEXT配信作品
【映画】

【ドラマ】

  • JIN-仁- 完結編
  • 勇者ヨシヒコと魔王の城
  • 浦安鉄筋家族
  • ブラックリベンジ
  • 神の舌を持つ男
  • 幼獣マメシバ
  • マメシバ一郎 フーテンの芝二郎
  • 未来講師めぐる
  • ドラマ版柴公園
  • 目玉焼きの黄身 いつつぶす?
  • 再生巨流
  • マメシバ一郎
  • 「人類学者・岬久美子の殺人鑑定」 #2(2011年8月6日放送)
  • 巷説百物語 飛縁魔
  • 死刑基準
  • 幼獣マメシバ 望郷篇
  • THE3名様 人生のピンチを救うパフェおやじの7つの名言
  • 執事 西園寺の名推理
  • だんらん
  • 執事 西園寺の名推理2

【アニメ】

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました